お腹についた脂肪が落ちにくいその理由

お腹についた脂肪が落ちにくいその理由

お腹まわりの余分な脂肪は、綺麗でありたい女性の敵ですね。お腹に余分な脂肪がついていると、十歳は年をとってみえてしまいます。着られる服も限られますし、ズボンを新しく購入しようとしても丈はピッタリなのにウエストがキツイ…!みたいな悲しいことになってしまいます。スタイルが良いとそれだけで若く綺麗に見えますし、似合う服がぐっと増えます。男性もお腹まわりにタプタプと脂肪がついていたら、女性にがっかりされてしまいますよ。

それだけは、お腹の脂肪だけは、いくらダイエットを頑張っても、なかなか減らすことができません。いつまでたってもプヨプヨのまま。いったいどうしてお腹の脂肪は落ちにくいのでしょうか? 理由をお伝えいたします。



 


お腹についた脂肪が
落ちにくいその理由

 


内臓を守るため


お腹まわりに脂肪がつきやすい理由は、内臓を守るためだと言われています。人間の身体を考えてみると、お腹にだけ骨がありません。大切な内臓を守るために、真っ先にお腹まわりに、脂肪がつくのです。女性の場合は卵巣や子宮がありますからこれらの大切な臓器を守るため、男性よりも、お腹に脂肪はつきやすくなります。

身体に、過剰に脂肪がつきすぎないように、普段から、栄養バランスのとれた食事を心がけ、カロリーオーバーしすぎないように気をつけましょう。間食はしすぎない油の多いものは食べ過ぎない糖分を取りすぎない、炭水化物を取りすぎないなど、基本の食事を気をつけましょう。

また腹筋を鍛えることも大切です。骨のように硬いしっかりとした腹筋を目指しましょう。脂肪のかわりに、硬い腹筋が内臓を守ってくれます。

 


年齢とともに、基礎代謝が下がっている


そしてまた、年齢とともに基礎代謝が下がっています。基礎代謝が下がるということは、エネルギーを消費しづらいからだになっているということです。消費できなかったエネルギーが、まずは、お腹まわりにたまっていくということになります。

 


女性ホルモンの減少も関係する


女性は、閉経後、女性ホルモンの減少とともに脂肪がつきやすくなります。ホルモンの働きが弱まると、筋肉が増えにくくなりますし脂肪を分解しにくくなるので、脂肪がたまりやすくなるのです。

 


お腹は動きが少ない場所


手足に比べて、お腹やウエストまわりは動きが少ない場所です。そのため、筋肉の発達も少ないのです。筋肉量が下がると脂肪はよりつきやすくなります。

 


人間の進化論とも関係がある


お腹に脂肪がつきやすい理由は、人間の進化の過程と関係があります。大昔、食糧が不足して、人間が激しく狩りをしていた時代。食糧は、なかなか手に入らないものでしたから、
栄養を身体にたくわえておく必要がありました。

そこで、脂肪という形で、たくわえられたのです。腕や足に脂肪が重たくついては、狩りの邪魔になります。また、首回りや、顔などが脂肪で重たくなっても重心のバランスが悪くなって、やはり狩りの邪魔になるでしょう。一番、脂肪がついても、狩りの邪魔にならなかった場所。そこが、お腹だったというわけです。

ですから人間の身体は、お腹に脂肪がつくように、進化してきたというわけなのですね。現代は、食糧難ではありませんし、車にばかり乗って運動が減っていますから、お腹にいくらでも脂肪がついてしまうのです。昔の人のように少しのものだけ食べ、激しく運動をしていれば、お腹の脂肪はつきすぎずにすむでしょう。

 


睡眠不足が続くと、脂肪が落ちにくくなる


睡眠不足が続いていませんか? 睡眠不足が続くとお腹の脂肪は落ちにくくなります。睡眠不足が続くと、「レプチン」と「グレリン」というホルモンのバランスが崩れてしまうのです。「レプチン」とは食欲を抑えてくれるホルモン。「グレリン」とは食欲を増進するホルモンです。睡眠が不足すると、グレリンが増えてしまい、食欲が増し、いくらでも食べたくなってしまうのですね。そして太る。お腹に脂肪がつく。

また「グレリン」が増えると高脂肪食や高カロリー食が欲しくなってしまいます。ですから、しっかりと睡眠をとってお腹に脂肪がつきすぎないように気をつけましょう。

 

いかがでしたか。お腹の脂肪は確かにとても嫌なものです。若さの大敵。美容の大敵。お腹まわりにくっついた脂肪ほど憎らしいものはないという声もよく耳にします。確かに、過剰な脂肪は健康のためにもよくありません。

脂肪がつきすぎると、冷えを招きますし、生活習慣病にもかかりやすくなります。またお腹に脂肪がつきすぎて座ったまま靴下をはけない…!という人もいるそうです。座ったまま普通に靴下がはけない人は、普段の生活を一度見直した方がよさそうです。規則正しい生活を心がけて、お腹の脂肪を減らす努力をしてみましょう。

けれども、過剰なダイエットもやはり考えものですね。お腹の脂肪は内臓を守るためにある程度必要なものですから適度なダイエットを心がけていきたいものです。

 


まとめ


お腹の脂肪が落ちにくい理由は

・内臓を守るため
・年齢とともに基礎代謝が下がるため
・女性ホルモンの減少も関係がある
・人間の進化の過程も関係する
・睡眠不足が続くと、脂肪は落ちにくくなる