断食をするなら準備するべき7つのもの

断食をするなら準備するべき7つのもの

断食によるダイエットは、英語でファスティングダイエットと呼ばれ、昔から根強い支持者が存在する方法です。また断食は、胃腸を休める効果があったり、デトックス効果があるなどの理由から、ダイエット目的以外にも健康維持にも有効だと言われています。このように見ると良いことずくめの断食ですが、実際行うとなれば、準備が必要だったり、気を付けなければいけないことがあるなど、簡単には行きません。

健康を害することなく断食する為には、ただ食事を抜けば良いというものではなく、身体に負担がかからない配慮も必要なのです。

断食を行うにあたり、準備するべきものとはどんなものなのでしょうか。今回は、断食する前に用意しておきたいことや物について、お伝えします。



 


断食をするなら
準備するべき7つのもの

 


強い意志


まずは、やはり食欲に負けずに断食を成功させるための、強い意志が必要です。ここでは、自身の食欲に抵抗できる意志の他、周囲の人からの食事のお誘いを断る強い気持ちも必要です。

自分一人の食事なら我慢できても、他人の好意を無下にすることができず、ついつい誘いに乗って断食を失敗させてしまうという人は、少なくありません。ですが、断食はたった数日で完了するものですから、その短期間だけでも、付き合いを断つ覚悟を持ちましょう。

 


スケジュール調整


ダイエットや健康目的の断食は、3日から一週間程度の時間をかけて行うことが多いです。その間は、ほとんどカロリーを摂取しない生活を送るのですから、無理な予定が入らないようにスケジュール調整をすることをおすすめします。仕事が忙しかったり、スポーツをする予定があるのに断食を行っては、身体が悲鳴を上げてしまいますよね。最悪、断食も仕事も趣味も、全て失敗して終わってしまう恐れもあります。

また、生理中の断食も健康上良くありませんので、生理の予定と断食する日が重ならないようにするのも大切です。

 


準備食


断食前の最後の食事は、ついつい好きなものをたらふく食べたい気持ちになりますが、それではいけません。断食をスタートさせる前日の夕食は、普段の夕食よりも軽めのものを摂り、これから始まる厳しい日々に備える必要があります。この食事は準備食と呼ばれ、胃腸に無理をかけずに断食するためには、欠かせないものと言われています。これはただ量を軽めにする程度で良く、お粥や病人食のように消化の良いものにする必要はありません。

 


常温の水


断食がスタートしたら、固形の食事は断ちますが、水分補給は怠ってはいけません。当然ですが、全く飲まず食わずでは倒れてしまいますよね。ここで、用意しておきたいのが、十分な量の常温の水です。「冷やしていない水なら、水道水で良いのでは」と思われがちですが、断食中は感覚が研ぎ澄まされ、普段は気にならない塩素の臭いも気になることがあるため、ミネラルウォーターを飲む方がよいでしょう。

 


野菜や果物のジュース


断食中は食事代わりに野菜や果物のジュースを飲んで栄養補給をします。このジュースは、甘味料などが入っていない、100%のフレッシュジュースを飲むことが推奨されています。生の野菜や果物を使った作り立てのジュースは、ビタミンや酵素などを失うことなく体内に入れられるからです。もちろん、忙しい人なら紙パックの野菜ジュースでも構いませんが、添加物や調味料の入らない100%のものを選ぶのは必須です。

 


回復食


数日間の断食を終えても、すぐに好きなものを好きなだけ食べてはいけません。今まで液体しか入ってこなかった胃腸に急にガッツリしたものを入れてしまうと、驚いてお腹を壊してしまいます。最低でも、断食終了翌日の間は、お粥や柔らかめに煮た野菜スープなど、身体に優しく消化の良いものを食べるようにしましょう。この食事は「回復食」と呼ばれ、胃腸の働きを正常に戻すために大切なものです。

 


身体を保温するもの


断食中は、必然的に摂取カロリーが低くなるため、身体を温める燃料不足の状態になり、冷えやすくなってしまいます。また、水やジュースなどを飲むことでも身体が冷えがちです。

冷え性は不快なだけではなく、免疫力を落とすなどの悪影響もあるため、断食中は普段よりも厚着するようにして、身体を冷やさないようにしましょう。上着を一枚余分に用意しておくとか、ストッキングや靴下を厚手のものに替えるだけでも、だいぶ体感温度が違いますよ。

 

いかがでしたでしょうか。断食を行う前に準備しておきたいものを、7つご紹介しました。断食についてよく知らない人や、初めて試みる人は、「ただご飯を抜けば良いだけでしょう?」と、甘く見ている場合があります。ですが、数日とはいえ、毎日のエネルギーになるものを断つわけですから、中途半端な準備で敢行しては、失敗や身体を壊す原因になってしまいます。

知識を持って注意深く行えば、多大なメリットを得られる断食ですが、一歩間違えばせっかくの努力が水の泡になります。それだけではなく、人前で倒れたり、お腹を痛めてしまったりするリスクだって考えられるのです。そんなことにならないためにも、断食を行う前には入念な準備とスケジュール調整をするようにしましょう。

 


まとめ


断食をするなら準備するべき7つのものとは

・強い意志
・スケジュール調整
・準備食
・常温の水
・野菜や果物のジュース
・回復食
・身体を保温するもの