脂肪を落とすとき絶対おすすめの事前準備3つ

脂肪を落とすとき絶対おすすめの事前準備3つ

脂肪がついたら落とす!それは多くの人が考えることであり常識ですよね。しかしそうは思っても脂肪というのは厄介なものでなかなか簡単には落ちないのが現実です。時間をかけたりきつい運動で落とそうとすればそれがストレスになったりして脂肪は落とせたが心はボロボロなんてことにもなりかねないのです。では果たして短時間で楽に気になる脂肪を効果的に落とす方法はあると思いますか?

「一度ついてしまった脂肪を落とす」ということはつまりいかに効果的に脂肪を燃焼させるかなのです。しかし残念なことに日常生活の中で脂肪が蓄積してしまう場面は決して少なくはないのです。そんな嫌な脂肪を落とすとき絶対おすすめの事前準備3つについてお伝えします。



 


脂肪を落とすとき
絶対おすすめの事前準備3つ

 


ストレスのない方法選びには己を知る


ダイエットをする際には『体重』だけではなく『脂肪』を落とすことを考えるのも重要です。当然のことながら体脂肪は目に見えるものではないので数値に表しその経緯を把握する必要があります。ですから普段の自分の体脂肪率を知ることはとても重要でその脂肪をどの程度落とすべきかを見極め『食事』『運動』『生活』を意識しながら一番効果的なダイエットを見つけることから始めます。

つまり脂肪を落とすためには自分にとって理想的な体脂肪率とはどのくらいなのかを知ることが効果的なダイエットの為の事前準備となるというわけですが最近では一般家庭用のヘルスメーターでもそれらの値を瞬時に計測してくれるものも普及しているので意識さえすれば簡単に毎日同じ時刻に同じ条件で記録することも可能です。

ダイエットにはまずそういった行動が大切で健康的な体型こそが本来の美しさであるので必須の脂肪まで落とすことのないようにダイエットの前に是非一度確認しておいてください。因みにその理由としては臓器や脳など生命を維持し健康的な生活を送るためエネルギーとなる「脂肪」はなければいけません。美を求める女性にとっては憎っくき脂肪ではありますが必要な分はキープしなければいけないものなのです。

一般的に理想的な体脂肪率とは男性で10~19%。女性で20~29%程度が健康的な状態とされています。いろいろな条件のあり個人差もあるのですがあくまでも目安としてのこの数値を下回ることのないようにします。それがわかれば無理のない具体的な目標を決めて行き過ぎたダイエットをすることがなくなりますので過度なストレスに悩まされる可能性もグッと減るのです。

筋肉量などにより脂肪の燃焼効率に差が出るため脂肪が落ちるのに要する時間には個人差があります。ですから脂肪を落とすためには目標に向かってご自身にとって無理のないダイエットをしっかり「継続」することが最も大切でかつ成果を上げる秘訣となります。

 


脂肪を落とすための選択肢は3つ『食事』『運動』『生活』


ダイエットをしなければと思ったきっかけはほとんどの場合自分の身体に不満を感じたからですよね。パーフェクトボディなのにストイックに更に上を目指す!という方は別として理想の体型・理想の体重ではないとか或いはもう少し痩せたら綺麗になれるという状態にあるかと思います。大切なのはできるだけ健康的かつ効果的に脂肪を落とすことです。

そのためのポイントは3つ。まずは『食事』。ほとんどの場合日頃の食生活を見直しただけで脂肪を落とすことは可能でその内容は勿論、食べる回数やタイミングも含め食べ方までも徹底的に見直してみます。ダイエットを決意したら是非最初にご自分の食生活を見直してみてください。ここで大事なのは無駄な脂肪を落とす為いきなり『○○抜き』などではなくあくまで食生活の『改善』です。

次に『運動』です。脂肪は日頃の運動不足で摂取した栄養を消費しきれなかったのが主な原因です。筋トレでムキムキ体型になりたいわけではなく脂肪を落とすのが目的なのでハードな運動は必要ありません。ポイントは『インナーマッスル』を鍛えること。そのためには自分のできる範囲で無理のない運動を少しずつ継続的に取り組むのが大事になるのです。

最後に日常の基本的な『生活』リズムの見直しをしてみて下さい。ストレスがたまっているかいないかも大事ですが特に肝心なのは質の良い『睡眠』が取れているかどうかがポイントです。確かに現代人は忙しく寝ている暇などないという方多いです。でもこれは是非見直してみて下さい。

これらのポイントを具体的に確認します。まず『食事』です。必要以上のカロリー摂取は余った分が蓄積されます。脂肪を落とすにはまず必要以上のカロリーを摂取しないことが基本で一日中デスクワークをする人と一日中動き回る人とでは必要な摂取カロリーも異なります。まずは自分の生活スタイルの分析と必要な1日分のカロリーを把握することが大切です。きっと日頃の過剰摂取に驚かれるはずですよ。

カロリーを控えるために食べる量を減らす方法は取り掛かり易いのですがやってみるとなかなか難しいものです。満腹感を得つつカロリーを控える『置き換え』という方法も一般的ですがやり過ぎでストレスやリバウンドの例もよく耳にします。『食事』でカロリーを控え脂肪を減らすにはバランスの良い「食べ方」の工夫で無理が減ります。つまり「量」を抑えながら「内容」に配慮して「食べ方」で満足感を得るのです。

「量」を抑える工夫のひとつに少し小さめの容器を使うというのはお勧めです。人の目の錯覚を利用してたくさんの量を食べた意識を持たせるのです。またコンニャクやお豆腐などローカロリー食品で代替するのも王道ですがダイエットを継続させるためにはその量も「ほどほどに・・・」という心のゆとりも大切です。栄養のバランスも考えると和食にすれば野菜もたくさん摂れて脂肪を減らすには理想的な食事といえます。

特にダイエット中の便秘には充分注意が必要で食事の量や内容を制限する場合にはそれらの配慮も必要です。良質なタンパク質をメインに食物繊維豊富な野菜なども充分取り入れ脂質や炭水化物を控える内容を意識すると効果的です。食事量を減らしてもよく噛む食べ方を意識すれば満腹感は得られます。よく噛むことのメリットは消化や吸収に良いことと噛むことによる刺激が脳にもよい影響を与えることです。

「食べる時間」を意識するのも重要で夜の8時~9時までには夕食は済ませそれ以降の飲食は消化器官にも負担をかけ脂肪を蓄積しやすい身体にする危険性大ですので避けるのが鉄則です。基本的な日常生活の中で守るべきお約束にして頂けるとそれだけでグッと効果が実感できるはずです。おやつも無計画に食べ過ぎなければ「甘いもの」全てが脂肪を減らすための敵と考える必要はありません。洋菓子よりは和菓子、また食べる量など上手にコントロールできれば過度な心配はいらないのです。

次に『運動』ですが脂肪を燃焼させ脂肪を落とすためのトレーニングとして効果的なものは「有酸素運動」です。「運動」は続けることが一番で軽い運動である「ウォーキング」はその代表です。道具を用意する必要もなく専門的な知識も要らないので気楽に始められます。自宅周辺の散歩や普段は車やバスを使う距離を歩いてみるなど1日15~30分程度の散歩から始めてみてください。更に効果を上げるなら歩く前にコーヒーなどカフェイン摂取すると脂肪が燃焼されやすくなります。

「インナーマッスル」とは体の奥深いところにある筋肉で「深層筋」とも呼ばれます。特に脂肪を落とすためにはお腹のインナーマッスルを鍛えるのが最も効果的で内臓は腹筋などの筋肉に支えられていてしっかりした筋肉に支えられることで内臓は正常に働きます。ですから脂肪を落とすためにはインナーマッスルを鍛え内臓の働きをよくして脂肪が燃えやすい身体を作るのが大事なのです。

普段の『生活』の中で水分摂取の仕方もポイントです。特にスポーツドリンクをはじめとするいわゆる清涼飲料と呼ばれるものに含まれる砂糖の量は予想以上に多いことをご存知ですか。炭水化物と砂糖は栄養素としては同じで最終的にはエネルギーの源で身体にとっては必須の栄養素であり溜めこみやすい「糖」になってしまうのでむしろ不要なものといえます。

睡眠不足がなぜダイエットによくないのかは睡眠不足による不快感が続くことで不要なストレスを呼び込むことになるのも勿論ですが実際にダイエットには好ましくない体内環境を作り出す原因にもなります。睡眠不足によりホルモンバランスが崩れると本来様々なホルモンが内臓や脳に働きかけることによって健康を維持しようとする働きが乱れます。

食物などの消化機能やエネルギーの燃焼・体温のコントロールやストレスに立ち向かう心などといった営みの全てにホルモンが関わっているのです。つまりダイエットの成功の鍵はこのホルモンと上手に付き合えるかどうかです。そんなホルモンのバランスを保つために最も大切なことは良質な睡眠を取ること。睡眠不足で気分がのらないと感じたらまずは心を空っぽにしてリラックス。意識的に睡眠をとるようにして心と身体をリセットすることが大切なのです。

 


脂肪を落とすにはじっくり時間をかけるのが理想的


体脂肪率を落とす方法で効果的な運動や食事管理方法にはどのようなものがあるかお分かり頂けたところで体脂肪率を落とす期間はどれくらいかかるものなのかについてお話します。結論から言えば焦って急激なダイエットをするのは健康に良い影響を与えませんので時間をかけてゆっくり脂肪を落としていくのが大切なのです。

あまりにもストイックになり過ぎて摂取カロリーが低い食事ばかりを続けていると筋肉量が減り逆に太りやすく痩せにくい身体になってしまうので何事もやり過ぎには注意が必要です。一日300カロリーを目安に摂取カロリーを抑えた生活をしていれば筋肉量が減ることも無く脂肪も落ちていきます。

もし一日一食など極端な食事制限をしてしまえばインスリンの作用により血中に流れる糖質が脂肪として細胞に蓄積されるので望ましくはないのでむしろバランスの取れた食事を一日三食、決まった時間に摂ることの方が重要なのです。一気に結果を出すのではなく気長に確実に結果を手にするのが賢い方法なのです。

そうは言っても事情があってどうしても期限を決めて短期間で体脂肪率を落としたいとお考えならばスポーツジムに通いインストラクターの指導の元ご自身に合う筋トレ方を教えてもらうのが一番の近道です。また運動する時のポイントは空腹時の運動は血中の糖だけではなく脂肪も消費されやすくなるので運動前にはなるべく食事をせずお腹を空かせた状態で行うとより効果的ということです。

因みに「ピラティス」は鼻から息を吸い口から吐くという胸式呼吸をしながらゆっくりと動くエクササイズで体の奥のインナーマッスルにアプローチすることで体全体の筋肉を効率良く鍛える運動です。ただ単に脂肪を燃やすだけでなく体が疲れにくくなったり冷え性なども改善されるのでお勧めです。

体脂肪のうち「皮下脂肪」はつくのにも時間はかかりますがいざ落とそうと考えると更に時間がかかるものです。また運動で筋肉量を増やしながら体脂肪を落とす場合には体脂肪が落ちる代わりに筋肉も付いてしまうため体重の数値にはあまり変化がないことも特徴ですがじわじわと確実に身体は変化していき脂肪は落ちるのです。効果が実感できない分モチベーションを保ち続けるのには根気が必要です。

 

いかがですか。以上が脂肪を落とすとき絶対おすすめの事前準備3つです。ダイエットは決して楽なものではありません。どうせなら効果的かつ健康的にスッキリ脂肪を落とすのが理想的です。その為のこれらの方法を試してみない手はないですよね。脂肪を落とすにはダイエット自体よりもその事前準備が大事ということががお分かりになっていただけましたか?

脂肪を落として綺麗になりたい・・・ダイエット成功の決め手はストレスなく続けられること。ただ太ったからといって体重を落とせば良い!と闇雲にダイエットすると失敗してしまう可能性は非常に高いものです。そうならないための事前準備はとても大切でそれが自分にピッタリ合った無理のないダイエット法をさがすことに尽きるのです。

 


まとめ


脂肪を落とすとき絶対おすすめの事前準備3つ

・ストレスのない方法選びには己を知る
・脂肪を落とすための選択肢は3つ『食事』『運動』『生活』
・脂肪を落とすにはじっくり時間をかけるのが理想的