彼氏とのデートでキスされたい女子のためのデートプラン

彼氏とのデートでキスされたい女子のためのデートプラン

今の彼氏と、付き合ってもう何度もデートしているのに、まだ、キスもしないまま。いい加減、こっちの方がヤキモキしちゃう……という、進展の遅い交際にイラついている人はいませんか?

そのお気持ち、わかります。でも、自分から「キスして」とは、初めてキスする相手には言い出しにくいし、まして女子の側からキスを強引に奪い取るなんてこと、よほどの手練れじゃないとできませんよね。

それなら、いつものデートプランに策を張り巡らせて、彼に自然にキスしたい気持ちになってもらいましょう。パッと見はいつものデートですが、細かなところでキス要素が散りばめられている、魔性のデートプランがあるのです。

今回は、そんな進展を求める女子のために、キスを目標とするデートプランをご紹介します。



 


彼氏とのデートでキスされたい女子のための
デートプラン

 


まずは前日までのケアが大事!


まず、あなたがすべきことは、デートの前日までに、お顔のスキンケアとリップケアをしっかりとしておきましょう。ついつい触りたくなるふんわり肌と、ぷるぷるの唇は、デート当日のあなたの最大の武器になるのです。

少なくとも、1週間前からは、お出かけで疲れようが酔って帰ろうが、ちゃんと洗顔して、あなたのお肌に合ったスキンケアを欠かさず行ってください。睡眠不足も厳禁です。ニキビなんかができてしまったら、1週間どころでは治りませんよ。

リップケアももちろん大事ですよ。ガサガサに荒れた唇に、キスしたいと思う男性がいるでしょうか。いませんね。だから、リップクリームや、唇用美容液などで保湿を十分にしておきましょう。

そして、デート前日には、ちょっと高価なフェイスパックや、たまに使う用の美容液などを使って、スペシャルなケアをしておくと良いでしょう。

 


前日には、においケアもしておこう


デート前日は、においの残りにくい料理を食べて、翌日ににおいを残さないようにしましょう。せっかく、キスまであと少しの距離だったのに、においが気になって終了……では、悲しすぎます。

また、前日の飲酒もダメです。喫煙も、相手が喫煙者でなければ、いくら歯を磨いても、ヤニの臭いがわかってしまうものです。本気で素敵なキスの思い出にしたければ、煙草は控えた方が安心です。

また、当たり前ですが、入浴もしっかりと。特に、洗髪は念入りに。頭皮のにおいというものは、意外と近づくとムッと鼻につくものです。頭皮のにおいに自信が無かったり、季節が真夏だというなら、出かける直前にもシャワーを浴びておきましょう。

 


当日、出発前の準備 服装編


まず、服装。今回の目的はキスですから、過剰に色気を出す必要はありません。個人の好みやキャラクターもありますが、ふわっとしたワンピースや、スカートなどがおすすめです。

パンツスタイルは、男性にとってガードの固さを連想するものなので、足を見せたくないなどの事情があるとしても、タイツやストッキングを履いたり、ロングスカートなどで行くと良いでしょう。

また、洋服は清潔感を感じられるように、シワを伸ばして、シミなどが無いものを選んでください。遠目ではわからなくても、接近すると意外に気になるものです。

 


当日、出発前の準備 ヘア&メイク編


そして、髪形です。ある程度ラフで、ゆるふわなヘアスタイルが良いでしょう。きちっとし過ぎているまとめ髪では、隙の無さを演出してしまい、彼の方もなかなか手出ししにくくなってしまいます。

メイクは、ナチュラルでシアーな、透明感のあるメイクを心がけて下さい。アイメイクには強い色を使わず、チークは軽くふんわりと。「餅菓子のような質感」を目指しましょう。

最後は唇。ここが一番大事です。濃い赤リップや、逆に血色の悪い肌色のリップは、不健康な印象を与えてしまいます。赤ちゃんの唇のようなピンク色のリップと、ベトベトになり過ぎない程度のラメなしグロスを付けましょう。

 


デート中は手を繋ごう


まず、待ち合わせは、午後にしましょう。午前だと、デートのクライマックスが夜なので、それまでに疲れてしまいます。キスもまだの関係では、そんなに長く一緒にはいられませんよね。

ここで、キスに持ち込む罠をかけておきましょう。合流したら、手を繋ぎます。もちろん素手で。腕を組むより、指を絡ませた方が、雰囲気が盛り上がります。この手は、これから解散まで離さない覚悟でいましょう。

手や指というものは、その器用さからわかるように、大変敏感な感覚を持っています。ですから、指を通して相手の体温や動きを察知し、あなたのキスしたい気持ちも、彼に知らず知らずに伝わるということです。

 


夜まで楽しい時間を過ごそう


そして、ベタではありますが、過剰なラブシーンの無い、恋愛映画などを見に行ってみましょう。その間も、手は繋いだまま!時には彼の指を弄ぶような動作をしても良いでしょう。これが男性をキスする気持ちにさせるコツです。

そして、二人である程度遊んだら、夕食を一緒に食べましょう。ここでも、においの強くないものを推奨しますが、二人とも同じものを食べるなら、それはそれで良いでしょう。

ここで、あなたたちが飲める年齢なら、車でなければ軽くアルコールを入れておいてください。少しのお酒は、気持ちを大きくし、大胆な行動をとりやすくします。でも、吐いたり、動けなくなるほど飲んではいけませんよ。

 


キスしやすいシチュエーションに持っていこう


食事を終えたら、いつもならここで解散するのでしょうが、そうはさせずに、できれば観覧車、近くになければ人が多すぎない公園や、車移動なら夜景の見えるところなどに行きたいとお願いしましょう。ここから先も、もちろん手を繋いでおいてください。

二人きりで、きれいな夜景が見えるところに着いたら、聞こえないふりをして、顔を近づけて会話します。ここで、あなたの艶めく唇や、柔らかい頬がさらに彼の気持ちを加速させます。事前に化粧直しをしっかりとしておいて下さい。

ここまで来れば、よほど奥手の男子でなければ、キスしたい気持ちが溢れてくるはずです。ですから、このタイミングで彼はキスに持ち込んでくるでしょう。そこから先に進むか、次回に取っておくかは、あなたの気持ち次第です。

 

いかがでしたでしょうか。デートで、最後に彼からキスしたくなってしまうような、色々な作戦をご説明しました。

このデートプランには、自分から彼氏にキスをせがんだり、奪ったりできない奥手女子にもってこいの、相手を知らず知らずにキスしたい気持ちにさせるポイントが各所に盛り込まれています。

ですから、このデートの最中に、あなたがキスを強く求めてきたとは彼は少しも思わないでしょう。彼が、自分からキスしたいと思った末、キスする結果になるように工作されているのです。

彼からのキスが欲しいあなたも、彼に男気を見せてほしいあなたも、このデートプランで、滞っていた二人の仲が進展して、より仲良く付き合えるようになるといいですね!

 


まとめ


彼氏とのデートでキスされたい女子のためのデートプラン

・まずは前日までのケアが大事!
・前日には、においケアもしておこう
・当日、出発前の準備 服装編
・当日、出発前の準備 ヘア&メイク編
・デート中は手を繋ごう
・夜まで楽しい時間を過ごそう
・キスしやすいシチュエーションに持っていこう