ダイエットで断食した人が陥る5つの失敗談

ダイエットで断食した人が陥る5つの失敗談
短期ダイエットの代表格である断食は、数日~一週間ほどあれば実行できますし、デトックス効果もあるなどの理由で人気ですよね。でも、ダイエット目的の断食をしたのは良いけれど、後悔する結果に終わってしまった……という失敗談も、たまに耳にします。

途中で挫折してしまったとか、ダイエット後にリバウンドしてしまったなどの失敗は、断食に限らずどんなダイエットにもあり得ることですが、断食だからこそ起こり得る失敗とは、一体どんなものなのでしょうか。これから断食をしようと考えている人は、そんな失敗を防ぐためにも事前に知っておいて損はありません。

そこで今回は断食ダイエットによって起こった色々な失敗談をいくつかお伝えします。



 


ダイエットで断食した人が陥る
5つの失敗談

 


貧血や低血糖になってしまった


栄養バランスを意識したダイエットとは異なり、断食は数日とはいえほとんど栄養を摂らない期間を過ごすことになります。そのせいで、ふらつきや立ちくらみなどの症状が出てつらかった!という人が多いようです。やはり、こんな失敗は元々ご飯を抜くと低血糖になりやすい人や、貧血気味の人に起こりがちです。

もちろん断食自体は期間を守って行えば、身体に害が無いものとされていますが、生理中や疲れが溜まっている時、病み上がりなどに断食すると、身体が悲鳴を上げても仕方がありません。ダイエット目的で断食を決行するなら、体調が良い時を狙った方が安心ですね。

 


筋力が落ち、冷え性になってしまった


一週間などの長めの断食だと、たんぱく質を摂らないことにより筋力が落ちてしまう可能性があります。それに加えて、断食中は水分しか摂らないわけですから、身体が冷えやすくなるのは当然のこと。この断食による冷え性が、断食終了後も後を引いてしまい困ってしまったという失敗もよくあります。

断食中は温かい水分を摂って、衣類やお風呂で身体の保温に努めることで冷えを防ぐことができますが、真夏の断食だと、薄着になって冷たいものを飲みたくなります。つまり、断食で冷え性になりやすいのは、寒い冬よりも夏なのです。真夏には無性にダイエットしたくなりますが、断食をするときは注意が必要ですね。

 


集中力が落ちて仕事に失敗した


こちらは、お休みの日を利用せずに断食を試みた人によくある失敗です。ご飯を食べずに仕事をすることで、集中力が落ち、普段ならあり得ないミスをしてしまったという、まさに「失敗談」と言うに相応しい経験をしている人は少なくありません。

ダイエットなどで食事を減らしたり断食したりすると、空腹のあまり常に食べ物のことが頭をよぎる状態になりますよね。これは本能がそうさせるため、仕方のないことと受け入れるしかありません。断食は仕事がお休みの間に行うのがベストですが、無理ならせめて、大事な仕事が無い期間に行った方が良いでしょう。

 


断食直後に食べ過ぎ、お腹を壊した


本来、断食をした直後は「復食」と言って胃腸の負担が少ないものを食べるのが基本です。ですが、それを省いていきなり重たいものをたくさん食べてしまい、お腹を壊したという失敗も、よくあります。

確かに、数日ぶりに固形物を食べられるとなると、大好きな物やカロリーが高いものを食べたくなるものです。ですが、それでは断食によってお休み状態だった胃腸がびっくりしてしまいますし、最悪だと身体が拒絶反応を起こしてアレルギーになってしまう場合もあります。後々のトラブルを避けるため、必ず復食を食べる期間を設けるようにしましょう。

 


拒食症になってしまった


精神が追い込まれやすい人がダイエットに手を出すと、拒食症に陥ることがあります。断食も例外ではなく、一度何も食べずにストンと体重が落ちる経験をすると、断食終了後に普通の食生活に戻るのが怖くなり、そして、いつの間にか、何かを少しでも口にすると太ってしまうような気がして、何も食べられなくなってしまうのです。

これでは、痩せる以前に心身ともに病んでしまいますよね。そうならないためにも、ダイエットの正しい知識を身に着け、決められた日数を経過したら必ず断食を終了させる勇気を持つことです。

 

いかがでしたでしょうか。断食によって陥りやすい失敗について5つお話ししました。

この中で、お腹を壊す、貧血になるなどは、自分の体調と相談して行えば避けられることですが、一番問題視しなければいけないのは、拒食症になってしまうことです。ダイエットに対する脅迫観念が強い人は、断食などのきつめの方法を始めると、二度と普通の食生活に戻れなくなることがあります。ですが、あまりに長期間の断食は身体を悪くしてしまいますし、その後の日常生活にも支障が出てしまいます。

「痩せたい、ダイエットしたい」という気持ちはどんな女性にもあることですが、それが行き過ぎると、大きな失敗を犯したり、心を病んでしまう原因にも成り得ます。ですから断食するなら、気楽に、健康を第一に考えて行って下さいね。

 


まとめ


ダイエットで断食した人が陥る失敗とは

・栄養不足で貧血や低血糖になってしまった
・筋力が落ち、冷え性になってしまった
・空腹で集中力が落ちて仕事に失敗した
・断食直後に食べ過ぎ、お腹を壊した
・食べるのが怖くなり拒食症になってしまった