気が利く人が就職活動に有利な理由

気が利く人が就職活動に有利な理由

世の中のありとあらゆる企業が求め続けている人物像は、気が利く人を探し求めていること。これをあなたは知っていましたか。就職活動は誰でも短期決戦だと思っています。そして、必死になって職場巡りに奔走しています。しかし、実はその就活を目的とした考え方は大きな間違いをしています。気が利く人間は仕事ができる人だと一般的に言われています。

本当にそうなのでしょうか。女性の場合、気が利く人が近くに一人でもいれば、その職場はどれだけ活気をもって仕事にプライベートに活躍できるか分かりません。仕事がハードのときもあります。

また仕事が単調でつまらない時でも気が利く人がいれば、多分に前途に明るい希望が抱けるものです。気が利く人は職場や周りの人々を活性化していくエネルギーを秘めているからです。それでは、企業の求める人材がなぜ、「気が利く人」を優先したいかについてお伝えします。



 


気が利く人が
就職活動に有利な理由

 

 


困っている人を見つけられるようにしてみよう


職場では毎日ストレスになる厳しい試練が待っています。そこで働くスタッフは自分の能力の限りを尽くして頑張っています。人々は自分のことで精一杯になっています。ところが何かに行き詰まって周囲のスピードについていけなくなると、途端に絶望の淵に転がり落ちてしまいます。どの職場でもそのような恐怖を感じてビジネス社会を生きていきます。

そういう職場の状況の中にあって、瞬時に相手のことが分かる人は貴重な存在になります。そして、相手が困っていることを察して手を差し出してくれます。職場に気が利く人がいて一緒に仕事ができることは、どんなに仕事がスムーズにいくか知れません。相手が行き詰まったときに何も見返りを求めずに、親身になって相談に乗ってくれます。そういう人が気が利く人になります。

 


相手の自主性を守るようにしてみよう


困り果てて相談を持ちかけることがあります。職場の上司は相談に乗ってくれるのは仕事のようなものです。けれども人によっては結果が気になるのか全ての行動を指図してしまいます。「それはダメ、こうした方がよいだろう。そうだ、そうしなさい」、などと言って、自分の意のままにあやつろうとしてしまいます。気が利く人は、相手を束縛して自分の意のままにすることなどしません。

あくまでも相手の自主性を引き出してくれるだけです。後は相手がやる気になって行動していくのを見守っています。何も要求しない無償の行為のようなものです。

企業にとってそういう奇特な存在は喉から手が出るように欲しい人材です。面接の時にあなたとの会話をする過程の中で、その片鱗を少しでも見いだせるかもしれない話のかけらから気の利く人を探しています。

 


優しい声掛けをしてみよう


職場の張りつめた空気は嫌がうえでもストレスを増やしてしまいます。そういう時に日頃から気にかけている女性から、ちょっとした優しい声掛けをされると、ほっと肩の荷を卸したようになるものです。

いつもそうですが上から目線ではない気安さを感じてしまいます。気が利く人は誰に対しても優しい声掛けができる人です。人は他人から多くを得たいと思っているものです。

何かをしてやればそれに対しての対価を無意識のうちに求めていきます。けれども気が利く人は、はじめから他人から何かを望んだりはしません。優しい声掛けにしても人との繋がりを大切だと思っているに過ぎないのです。他人に向かって何も求めずに優しい笑顔を浮かべて声掛けする人は、企業にとっては職場の空気を改善する清涼剤として捉えています。

 


広い視点に立って手を差し伸べてみよう


とかく気が利く人は気のよい人やお節介な人と間違われてしまいます。お節介な人は相手が迷惑がっていることも意に介しません。相手のすることに何にでも首を突っ込んできます。

自分本位の姿がはっきりしています。けれども気が利く人は、第一番に相手が迷惑だと感じることには介入しません。あくまでも相手の立場に立って、どのようにすれば相手が気持ちが楽になれるのかを常に考えています。そこにはわざとらしいことなど見当たりません。どのような状況下でも困っている人や、迷惑を被っている人に対して、援助の手をそれとなく差し伸べていきます。昨今は自分のことで手一杯です。

人のことなどに構っていられないのが実情です。そのために今の世の中では、とても真似のできないことで得がたい存在になっています。

 


誰にでも褒めるところ探してみよう


職場のなかでは褒められることは滅多にありません。ましてライバルが大勢いる職場では無理なことになります。気が利く人は褒めることが上手です。特にその基準は持っていないようです。しかし、誰に対しても褒めることを見つけてしまいます。職場が期限の迫る仕事に躍起になっているときでも、何気なく、「ネクタイが素敵ですね」、と言って褒めてくれます。

また、あるときは、「笑顔がよかった」。などと言って真顔で褒めたりします。人は褒められることに対して嫌な感情は持たないものです。褒められることで体の血流は増してきます。すると体に溜まっていたストレスはすっと抜けていくように感じられます。そして、いつの間にか活力はよみがえってきます。気が利く人のひと言で仕事の流れが違ってくるようになります。

 


聞き上手で相手を立ててみよう


人づきあいは信頼関係が大きなウエイトを占めています。それは職場の中でも恋人同士でも同じことが言えます。気が利く人は信頼に値する人だと言えます。話をするにしても自分が主導権を握って延々と話をすることはありません。どちらかと言えば聞き上手の部類に入るのだろうと思います。そして、話を聞くときでも話し手の話をしっかりと聞いています。

話し手に向かって笑顔を見せて聞き入ります。適時にあいづちを打って話が終わるとお相手に向かって、「すばらしかった」と、褒めることを忘れません。そうすることで話し手は気分をよくしてくれます。また、これらの振る舞いは相手を立てることに繋がっていきます。そこで話し手と気が利く人との間の信頼関係はさらに強固なものになっていきます。

 


気遣いには感謝の言葉で報いてみよう


他人から受けた小さな行為はともすれば忘れてしまうものです。その小さな行為は見方を変えてみれば、他人が自分にしてくれた親切な行為だったのかも知れません。

それを漠然として捉えていたために極めて大事なシグナルだとは気がつかなかったのです。そういうことは日常の生活の中では多々あるはずです。気が利く人は自分のためにしてくれた小さな親切は見逃したりはしないものです。そして、すぐに感謝の気持ちを表していきます。「ありがとう」。そのひと言でお相手は気分をよくして、また機会があれば同じことをしてくれるようになります。

自分のためにしてくれた小さな気遣いや気配りなどの親切には、寸刻を惜しんで感謝の気持ちを表して評価していきます。それがまた自分のもとにフィードバックされてくるようになります。

 

いかがでしたか。気が利く人は卓越したパフォーマンス性を持っています。そういう人がそばにいるだけで周囲は明るくなります。ここで見てきたことを一人の人間が全てできるのなら素晴らしいことになります。

けれどもそうではなくて、そのなかの一つでもできることがあればよしと考えることです。就職活動に有利な材料は言ってみれば、日頃からのあなたの物事に対する心構えが大切であると問うているようなものです。就職のためにうわべだけ装うのではなくて、あなたの人間性が試される場なのだと自覚することです。そして、気が利く人のよいところを真似ていく意欲や積極的な姿勢が大切になっていきます。

そのことは就職した後でも決して一時的なもので終わらせずに、生涯を貫き通す心意気を持つことができれば最高です。よい人生とはあなたの心掛け次第によって勝ち取ることが出来るのかも知れません。

 


まとめ


気が利く人が就職活動に有利な理由

・優しい声掛けがどのような状況下でもできるから
・自主性を引き出せるように人を見守っていけるから
・周囲を明るくして誰彼なく褒めることができるから
・聞き上手に徹して相手を立てていくことができるから
・自分への気遣いに、「ありがとう」と素直に言えるから