アラフィフになっても女を諦めない☆7つの上品大人コーデ

アラフィフになっても女を諦めない☆7つの上品大人コーデ

アラフィフ世代の女性の大きな悩み。それは今までの服が似合わなくなることです。体型はもちろん、肌の透明感や髪のツヤなども変わってきますので、昔は似合っていた色や形の洋服が全然合わないということがよくあります。

買い物に行っても、気に入って試着してみるとやっぱり似合わなかったりして、ガッカリして帰ってくることもしばしば。結局着るものがなくて毎日悩む羽目になってしまいます。また、アラフィフ世代は子どもの教育費などにお金がかかり、つい自分のことは後回しになりがちです。だからといってオシャレを諦めてしまっては、そのままオバサン化してしまうかもしれません。

そんな時こそ自分を見直し、お金をかけなくても本当に似合うコーディネートを見つけるチャンスです。アラフィフにはアラフィフにしか着こなせない、落ち着いたコーディネートがあります。そこで今回はそんな洋服の悩みを解消できる、アラフィフ世代向きの上手なコーデの仕方を7つお伝えします。



 

アラフィフになっても女を諦めない☆
7つの上品大人コーデ

 

きちんと見せたい時はジャケットを活用


普段はカジュアルな服装で過ごすことが多いアラフィフ主婦の場合、一番困るのがPTAの集まりなど少し改まった場所に行く時の服です。頻度は少ないのでいちいち買い足すのももったいないですよね。そんな時はジャケットの出番。カットソーワンピースやデニムにジャケットを羽織れば、それなりにきちんと見えるので重宝ですよ。足元はパンプスで、バッグも上品なモノを合わせましょう。

 

清潔感を大切に


どんなに高いモノや流行りのアイテムでも、だらしなく見えてしまっては台無しです。特にアラフィフ世代は一気に生活感が滲み出てしまうので気をつけましょう。アイロンをきちんとかける、サイズの合ったものを着る、髪の毛を手入れするなどさっぱりと見える様心がけてください。

 

スタイルと姿勢に注意


アラフィフ世代はどうしてもヒップが下がってたるんだり、お腹が出てきたり、筋力が衰えて前かがみになったりと、体型が若い頃と違ってしまいます。そうすると、いくらおしゃれな服を着ていてもおしゃれに見えません。

また体型を隠そうとしてダボっとした服ばかり着ると、ますます野暮ったくなります。お出かけの時は、背筋を伸ばして胸を張って歩きましょう。できるだけヒールのある靴を履くとふくらはぎが引き締まります。ヒップアップや腹筋を鍛えるなど日々のエクササイズも忘れずに。そうすれば、アラフィフを過ぎてアラ還になってもずっとおしゃれにいられるだけでなく、健康にも効果的です。

 

シンプルなデザインや色の服に小物でアクセント


同じ値段でも、安っぽく見えるものとそうでもないものがあります。アラフィフさんは、すでにいい物を見る目を持っているはずなので、経験を活かしてなるべく安っぽく見えない物を選んでください。使う色は少なめに、デザインもなるべくシンプルなものを買いましょう。

モノトーンをベースに、似合う色を足していくのがオススメ。アクセサリーも付け過ぎない方が上品にまとまります。流行に左右されないシンプルな服を揃えたら、ストールやバッグ、靴など小物で変化をつけましょう。

 

自分に合うイメージや色を決める


流行のものを次々に取っ替え引っ替え、なんていうのは若い子のすることです。アラフィフ世代は自分のイメージに合うものを厳選してぶれないことが大切です。色については、昔と今で似合う色が変わっていることがよくあります。

以前は似合わないと思って敬遠していた色も、今なら似合うかもしれません。そんな色を発見できれば選択肢が広がりますね。ある程度イメージや色が決まっていれば、買い足す時も失敗しません。たまにはいつもと違うテイストが欲しくなる時もありますが、バッグや小物などで外してみるといいですよ。

 

露出は控えめに、でも適度に肌見せを


いくら脚線美に自信があってもアラフィフともなれば、ミニスカートやショートパンツは上品には見えないので避けましょう。襟ぐりの大きく開いたカットソーなども、首筋が浮いて貧相に見えることがあります。ただし、寒いからとハイネックばかり着ているのも考えもの。ビシッとアイロンをかけたシャツで首元をチラリと見せたり、くるぶし丈のパンツで足首を出すと洗練されて見えます。適度に袖をまくるのも効果的です。

 

ファストファッションは素材重視で選ぶ


若い頃にバブルを経験したアラフィフ世代にとって、今は信じられないほど洋服の値段が安いですね。カシミヤのニットでさえ数千円で購入できる時代です。アラフィフにもなってファストファッションは恥ずかしい、なんて思わずにどんどん取り入れてみましょう。ポイントは、なるべく良い素材のものを選ぶことです。ニットならカシミヤ、コットンシャツならオーガニックなど、着ていて心地よいと思う服を着ましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

働いている方もそうでない方も、相応の立場を意識しなければならないアラフィフ世代。OL、母親、妻と1人で何役もこなす場合も少なくありませんから、TPOに合わせたコーディネートをしたいものですね。忙しくてつい、おしゃれに縁遠くなってしまってる方も、女性である以上は諦めてはいけません。

手持ちの洋服でも工夫次第では新鮮に、上品に見せることも可能ですよ。逆に面倒になってしまって適当な服装を続けていると、あなたのライフスタイル自体が適当な感じに見られてしまうことにつながりかねません。たかが洋服、されど洋服なのです。買い物とコーディネートのコツをつかみ、洋服を上手に味方につけて、輝く50代を迎えましょう。

 

まとめ

アラフィフになっても女を諦めない☆7つの上品大人コーデ

・ジャケットを活用してメリハリをつけよう
・だらしなく見えない様に清潔感を出そう
・日々の心がけでスタイルキープ
・洋服はシンプルに 小物でアクセントを
・自分に似合う色やデザインを再発見しよう
・肌はチラ見せが正解
・値段よりも素材で勝負