はなまるうどんのカロリーを減らして食す7つのコツ☆

はなまるうどんのカロリーを減らして食す7つのコツ☆

讃岐うどんのチェーン店である「はなまるうどん」。安くて気軽に食べられることが人気の理由であると考えられます。しかし外食をするときに摂取するカロリーを気にする方も多くいます。はなまるうどんのサイトを見てみると、メニューごとの摂取カロリーが明記されているページがあります。これはカロリーを気にする方には優しいですね。ただ単純にカロリーの数値がわかっても、食材によって栄養素の割合が変わります。

タンパク質・糖質と脂質ではエネルギーとして消費されやすいかどうかの違いもありますし、ビタミン・ミネラルなどを多く含む食材ならば代謝機能の改善に繋がります。それらのことを踏まえて、今回はダイエット期間にはなまるうどんを利用する際におすすめできるメニューについてご紹介いたします。



 

はなまるうどんのカロリーを
減らして食す7つのコツ☆

 

ゆずとろろ昆布


1食298キロカロリーのこのメニュー。実はダイエットにはオススメのメニューです。まずはゆずについてです。ゆずは豊富なビタミンCをはじめ、様々な栄養素が含まれており、代謝を高める効果があります。また、血行を良くして冷えを解消することから美容効果もあるとされています。次にとろろです。豊富な食物繊維が含まれており、便通が良くなるとされています。

便秘改善もダイエットには欠かせないため、とろろの摂取はおすすめです。最後に昆布です。昆布に含まれる「アルギニン酸」は血糖値の抑制や便秘解消の効果があるとともに、中性脂肪の吸収を抑えてくれます。ダイエット効果の高い3品を揃えたこのメニューはダイエットメニューにぜひ取り入れたいですね。

 

まるごとわかめ


1食283キロカロリーの「まるごとわかめ」。低カロリーが魅力的ですが、わかめの良さはそれだけではありません。わかめには炭水化物や脂質の吸収を遅らせることで体脂肪が付きにくくする効果があります。わかめを摂取することで糖質・脂質のによる増量を抑えてくれます。

また、わかめに豊富に含まれる「ヨウ素」が交感神経を刺激し、代謝が促進されます。さらに、ミネラルも豊富に含まれていることから、血液をきれいにして動脈硬化を予防する効果も持つため、健康的なダイエットには欠かせないアイテムと言えます。

 

大根おろし全般


はなまるうどんでは、大根おろしを含むメニューがいくつかあります。大根でダイエットした人もいると言われていますが、大根はなぜダイエットによいのでしょう。まず大根に含まれる辛味成分の「イソチアネート」という成分が活性酸素を除去することで代謝を上げます。

次に大根に含まれる「アミラーゼ」という消化酵素が炭水化物の消化を高めてくれます。最後に、ビタミンCやAが豊富であるため免疫向上にもつながり、大根も健康的なダイエットに必須です。

 

豚肉メニュー


ダイエットを意識しているとはいえ、お肉が食べたくなるときがあると思います。はなまるうどんんでは、豚肉と牛肉のメニューがありますが、ダイエットにはどちらがよいのでしょう。まず「豚おろし」と「牛おろし」のカロリーを単純に比較してみると、豚の方が約10キロカロリー高めです。それでは、ダイエットには牛肉の方がよいのでしょうか。

いえ、そうとは限りません。豚肉の魅力はやはりビタミンB1が豊富に含まれていることです。このビタミンB1は糖質の代謝を良くします。不足してしまうと摂取した糖質がエネルギーに変わらず、疲労物質として蓄積されてしまいます。それを回避するためにも豚肉はぜひ摂取するべきと考えられます。

 

明太おろし醤油


1食276キロカロリーの明太おろし醤油。大根おろしのダイエット効果については先述しましたが、明太子にはどのような効果があるのでしょう。まず明太子そのものが低カロリーであるのもひとつの魅力ですが、ビタミンCとビタミンBが豊富に含まれているのです。

ビタミンBは代謝促進やむくみの解消の効果があり、ビタミンCは悪玉コレステロールの抑止や抗ストレス作用を有しています。このふたつのビタミンを豊富に含む明太子は積極的に摂取すべきでしょう。

 

サイドメニュー 海老天、イカ天


トッピングメニューの海老天とイカ天。それぞれ海老天は1本77キロカロリー、イカ天は135キロカロリーです。単純にカロリーだけで見ると低いとは思われないかもしれませんが、エビもイカも「高たんぱく低脂肪」と言われております。

たんぱく質は体づくりに欠かせない栄養素のため、ダイエット期間中もしっかり摂取すべき栄養です。他の食材だと摂取する際脂肪も多くとってしまいますが、エビとイカに関してはその心配もないため、栄養不足の心配も無くなります。

 

おでんの「こんにゃく」


1食4キロカロリーという一番低カロリーと考えられるサイドメニューのこんにゃく。こちらはダイエット効果が高いと思われます。食物繊維が豊富なため脂肪の吸収を抑えてくれるのと同時に、腸に溜まった老廃物を掃除してくれる効果もあります。水分を豊富に含んでいるため、こんにゃくを多く食べると満腹感により食欲も抑えてくれます。

 

いかがでしたでしょうか。

ダイエット期間中でもメニューに使用されている食材のカロリーや栄養を理解することで気軽に利用することができると思います。また、今回紹介したものははなまるうどんにあるメニューについての栄養ですが、これらの食材を日常生活で取り入れてもダイエット効果が発揮されるのではないかと考えられます。

おでんのこんにゃくや、ワカメ・昆布・とろろなど食物繊維やビタミン・ミネラルが豊富な食材を取り入れて上手な食事管理でダイエットを成功させましょう。

 

まとめ

はなまるうどんのカロリーを減らして食す7つのコツ☆

・ゆずとろろ昆布
・まるごとわかめ
・大根おろし全般
・豚肉メニュー
・明太おろし醤油
・サイドメニュー 海老天、イカ天
・おでんの「こんにゃく」