ケーキのカロリー、低いものはどれ?7つの見極め方

ケーキのカロリー、低いものはどれ?7つの見極め方

スィーツの中でもケーキはやはり王道のスィーツと言ってよいでしょう。誕生パーティやクリスマスのデコレーションケーキや種類豊富なショートケーキからパンケーキ類に至るまで、見た目もきれいで食欲をそそるものが多くて、甘いモノ好きにはスィーツ売り場はまさにパラダイスでもあり、肥満への誘惑の入り口でもあるのです。

近頃はTVでもネットでもダイエット特集が組まれることが多いですね。ダイエット中でもたまにはケーキも食べたいと思いますよね。あまり自分の欲求を無理に抑え込んでいると、ある日突然リミッターが外れてドカ食いに走ってしまう危険もあります。

なので出来るだけ低カロリーのケーキを選ぶことが出来れば、気持ちにゆとりが出来ます。そこでカロリーの低いケーキとはどういうものがあるのか?何に注意して選べばよいのか?にポイントを絞って、7つの見極め方をご紹介します。



 

ケーキのカロリー、低いものはどれ?
7つの見極め方

 

低脂肪NO.1はシフォンケーキ


脂肪分が少ないケーキはシフォンケーキです。バターを殆ど使用していないので、脂肪分を抑えることが出来るのです。卵白の泡立てがメインで、油分はサラダ油か溶かしバターを少量入れるだけで作られます。

この泡立てによるメレンゲでヴォリューム感も出ますので、満腹感を得ることが出来ます。またシフォンケーキの食べ方として、生クリームやジャムなどをカットしたケーキに少しずつ添えて食べますので、お好みでクリームの量を調整出来ることもカロリーコントロールできるので、ダイエット中に適したケーキと言えます。

 

フルーツたっぷりのタルトケーキ


生クリームの代わりに生のフルーツをたっぷり載せたタルトケーキもカロリーは低めのタイプです。生地にはカスタードクリームや無塩バターが使われていますが、生クリームは少量なので脂肪分は抑えられています。

フルーツはビタミンCやモリブデンなどのミネラルも豊富なので、生クリームのみのケーキより栄養素が摂取できますが、タルト自体はカロリーが高いので、ダイエット中は量に注意しましょう。

 

ヨーグルトチーズケーキ


ヨーグルトを使ったチーズケーキは、酸味があってさっぱりとした食感で、クリームチーズと生クリームを抑えているので比較的低カロリーです。林檎やブルーベリーが添えられたものも色々な味が楽しめて良いですね。

変わったところではおからを練りこんだヨーグルトチーズケーキもあります。レアチーズケーキを選ぶならヨーグルトを使ったタイプがカロリー的に安心です。他にカロリー低めのチーズケーキは、ベイクドタイプではなくスフレタイプのものが低下カロリーです。

 

カボチャなど野菜の入ったケーキ


野菜を練りこんだケーキはビタミンやミネラルなどの栄養も摂れ、ヘルシーなのでカロリーも低めです。例えばカボチャのチーズケーキはカボチャ自体が濃厚な食感を味わえますので、生クリームやバターを使っていなくても満腹感は味わえます。

野菜を使ったスィーツは低糖、低脂肪でヘルシーなので最近注目のスィーツとして、専門のスィーツ店もあるほどです。もしケーキをチョイスする時に野菜系のタイプはお勧めです。

 

シンプルなシュークリーム


シュークリームはシンプルなタイプならば、案外低カロリーなのです。中くらいの大きさで約194kcal程度とモンブランの400kcalと比較すると約半分です。

満腹感は余り得られるものではありませんが、食後のデザートに甘いものを味わいたい時にはちょうど良いカロリーではないでしょうか。パリッとした生地は余りヴォリューム感もなく、カスタードクリームや生クリームを少し混ぜただけのシンプルなタイプならば、脂肪分も少なくカロリーも低めなので安心です。

 

ナッツを盛り込んだパウンドケーキ


パウンドケーキはバターを使っていないので重たくなく、しっかりとした食感があるので大人向けのケーキといえます。更にナッツを加えることで満腹感をさらに高め、良質な栄養も摂取できる優良スィーツになります。

ナッツは良質なたんぱく質とミネラルが摂取できるダイエットにも向いている優良食材です。カロリーが高いから太る?と勘違いされるかもしれませんが、自然の食材は摂取後のエネルギーへの変換が容易なので、適度な量ならば積極的にナッツを取るべきなのです。

 

ガトーショコラ


低カロリーを考慮したケーキは、どうしても生クリームが少量かチョコレートは使用しないものが多くなります。でもどうしてもチョコを味わいたいと思う時はガトーショコラがお勧めです。

ビターなチョコレートとタマゴを主体に作られたガトーショコラは脂肪分は極めて低いので、一切れ200kcal前後に抑えられます。ココアや豆乳を使われたもの、ブランデーなど洋酒を使った物などバリエーションもあり、大人が楽しめるスイーツの代表といえます。

 

いかがでしたでしょうか。

ケーキのカロリー低めのものを選ぶポイントは、まず生クリームやバターの量を抑えた物が選ぶことが重要とお分かり頂けたでしょう。よって逆に控えたいタイプのスィーツは、モンブランなどの栗系クリームを使ったもの、ミルフィーユなどのパイ系の生地を使ったもの、生のクリームたっぷりのチョコレート系のケーキやショートケーキ、ティラミス、ムース系のケーキなどがあげられます。

以上のケーキを全く避けるというのもさみしいので、1切れあたりの量を半分にするなど工夫し、低カロリータイプのケーキの合間に楽しめば適度に欲求も満たされ、満足も得られると思います。カロリーの多い理由を意識するとしないでは、ダイエット上で大きな違いがあります。低カロリータイプを上手にチョイスして、ダイエット中でもスィーツを楽しみましょう。

 

まとめ

ケーキのカロリー、低いものはどれ?7つの見極め方

・低脂肪NO.1はシフォンケーキ
・フルーツたっぷりのタルトケーキ
・ヨーグルトチーズケーキ
・カボチャなど野菜の入ったケーキ
・シンプルなシュークリーム
・ナッツを盛り込んだパウンドケーキ
・ガトーショコラ