酵素ファスティングでデトックス&減量成功の7つのコツ☆

酵素ファスティングでデトックス&減量成功の7つのコツ☆

酵素ドリンクを飲んで食事の回数を減らしダイエットする酵素ファスティング。数年前から評判になり、通販ショップではさまざまな酵素ドリンクで大賑わい。簡単に言うとプチ断食をして減量しよう!ということなのですが、確かに自分でカロリーを計算しながら毎日の食事をコントロールするより効果的な方法です。

それに断食によって体に溜まった毒物を排出するデトックス(解毒)も期待できます。そんな酵素ファスティングですが、1週間程度実践してみたのにまったく効果が実感できないと言った声もあり、ただ食事の代わりに酵素ドリンクを飲めばいいということでもなさそうです。

そこで今回は酵素ファスティングで減量に成功するための7つのコツをご紹介していきますが、流行だからと言って無計画に始めると痩せないどころか、リバウンドでむしろ太ってしまう結果になりますので注意してくださいね。



 

酵素ファスティングで
デトックス&減量成功の7つのコツ☆

 

ファスティングを始める1週間前から準備すること


ファスティングすると決心したら、体の準備を1週間前から始めてください。まずは肉類を極力抑え、お肉の代わりにとうふや魚に切り替えます。また野菜や海藻類などもバランスよく摂取します。

ファスティング前日の夜の食事は就寝4時間前まで、「もうちょっと食べたいかなあ」で止めてください。以上までの理由はあらかじめ胃腸の負担を軽くしておくこと。ファスティングの効果を最大限引き出すコツです。

そんな意味では酵素ドリンクを食事と一緒に飲み始めるのもいいかも知れませんね。ちなみにダイエット業界では、ファスティングの前と後に食べるオススメの食材を、「まごわやさしい」と表現するんだそうです。つまり、「ま」→豆、「ご」→ごま、「わ」→わかめなどの海藻類、「や」→野菜、「さ」→魚、「し」→しいたけなどのきのこ類、「い」→いも。ご参考までに。

 

酵素ドリンクの選び方


ファスティングのベテランの中には、自分にあった健康ドリンクを自作される方もいらっしゃいますが、始めのうちはどうやって作っていいか解らないし、もしもできたとしても栄養の偏りが心配です。

ですからプロが作った酵素ドリンクを買って飲んだほうが安心なのですが、通販サイトを見ると、たくさんの種類があって価格もばらつきがあるし、どれを選んでいいのか解りません。そこで、酵素ドリンクを選ぶコツをご紹介しておきましょう。

注目していただきたいのは、余計なものが入っていないかどうかです。例えば、商品の見栄えをよくするために着色料を使用していないか、おいしく飲めるように甘味料や保存料が入っていないかなどです。

余計な添加物が入っていると、体内の酵素がそちらを消化するのに忙しくなって、ファスティングのじゃまになります。つまり、販売会社のコマーシャルを100%信用せず、よく中身を確認してから買ってくださいということです。

 

ファスティング中の酵素ドリンクの飲み方


ファスティング中の質問で多いのが「たくさん飲んでもいいのですか」ということです。「もちろん購入した酵素ドリンクのビンには適正量が表示してありますからそれに従ってください」というのが答えなのですが、空腹感を満たすために飲みたくなるんですよね。

そんな場合は適正量を小分けにして飲む方法をオススメします。例えばノンシュガーの炭酸水で割って飲む方法。これなら炭酸の効果で若干ですが満腹感も味わえます。酵素ドリンクも食品ですからカロリーがあります。

がぶ飲みして標準摂取量を越えてしまうと、ファスティングの意味がありません。それにファスティング中に薬・・、いや酵素ドリンクがきれたらどうするんですかということです。途中で中止しますか?けっして安い商品ではありません。

 

デトックスを成功させるための水分補給について


ファスティング中は酵素ドリンクと合わせて毎日2リットルの水を飲んでください。というのには重大な意味があります。ファスティング中に体が行う作業は脂肪分の消化の他に胃や腸の中をきれいにリセットすること、つまり中の老廃物を排出する「デトックス」が行われますが、その際に水分まで一緒に出してしまうのです。

ですから、水分補給はしっかり行ってください。いっきに全部飲むのではなく、一日かけて少しづつ飲むのがコツです。また水道水ではなく、余計な不純物が入っていないミネラルウォーターがオススメです。

 

ファスティング中に飲んだらいけない飲み物


「ファスティング中は酵素ドリンクとミネラルウォーター以外飲んではいけません!」というのが基本ですが、あえて絶対飲んだらいけない飲み物をご紹介しましょう。

まずはコーヒー、普段から習慣的に飲んでいる人や、ダイエットでストレスが溜まりそうな時につい欲しくなりますが、これが実は禁断の水なのです。コーヒーや紅茶のカフェインはせっかく酵素ドリンクから摂取した体内の酵素を破壊する性質があります。

次にだめな飲み物は牛乳!感覚的に体によさそうで水の代わりに飲んでみたい気もしますが、牛乳は動物性タンパク質が豊富で脂肪の元になります。せっかく酵素が脂肪を消化する仕事をしているのに、「増やしてどうするんですか!」という話です。もちろん糖分の豊富なジュースもダメですよ。

 

酵素ファステイングの期間について


よく、ファステイングの期間を半日、1日、2日、3日と表現しますが、この意味はなんでしょう。例えば半日ファスティングなら、前日の夜10時に通常の食事をして寝たとします。翌朝8時に起きて朝食は酵素ドリンク、この時点で10時間経過していますね。

そしてお昼12時に軽めの昼食を食べたとすると、ファステイングをしていた合計時間は14時間。つまり半日です。こんな要領で1日、2日、3日と計算していくわけですが、体が慣れるまでは短い期間から始めるのが長続きのコツです。最初から5日と決めて一週間近くも苦しい思いをしたら「もうやめた!」ってなりますよ。

だだし、酵素が脂肪の消化に働きだすのは、ファスティングを始めて2日目以降なのです。ですから、半日、1日ファスティングというのはあまり効果ながないような気がしますが、体を慣らすためのステップという意味では必要な手段です。

 

回復食がファスティング成功の鍵です


3日間のファステイングお疲れ様でした。さっそく体重計に乗って見ましょう!「あ、落ちてる!」と喜ぶのは早すぎます。ここで油断したらリバウンドの嵐が待っていますよ。回復食とはファステイングとファスティングの間の食事のこと。

ファスティングで消化機能が衰えた胃や腸をびっくりさせないために、消化のいい食品を採る必要があります。内容は準備期間中の食事と一緒、「まごわやさしい」です。お粥にわかめの味噌汁、野菜スープなどがオススメです。それと回復食は1週間程度が目安とされる理由は、それ以前に普通の食事に戻してしまうとリバウンドの大きな原因になるからです。

つまり、ファスティング中に満腹を感じるレプチンという物質が衰えてしまい、一定量食べてもお腹いっぱいにならないのです。その後、食べ続けたらどうなるかはご想像の通り。ですから回復食の期間が過ぎても食事の量を押さえ気味にするのが、ファスティング成功のコツ!ここが我慢のしどころですね。

 

いかがでしたでしょうか。

これまで色々ファスティング成功のコツを書いてきましたが、「書くのは簡単、やる身にもなってよ!」って感じですか。ですが酵素ファスティングの効果は世界各国で認められていて、酵素を利用したファスティングは医療行為になっている国さえあるのです。

その理由は減量に対する効果やデトックスばかりではありません。まずは、あんなに苦しい思いをして手に入れた理想の体型を元に戻したくないという気持ちから、乱れた食生活の改善に役立つということ。

それと、少しの食事でも喜びを感じられるようになり、食べ物のありがたみを実感できるようになることです。ぜひ酵素ファスティングをあなたのダイエットのために、そして健康維持のためにお役立てください!ご成功をお祈りします。

 

まとめ

酵素ファスティングでデトックス&減量成功の7つのコツ☆

・ファスティングを始める1週間前から準備すること
・酵素ドリンクの選び方
・ファスティング中の酵素ドリンクの飲み方
・デトックスを成功させるための水分補給について
・ファスティング中に飲んだらいけない飲み物
・酵素ファステイングの期間について
・回復食がファスティング成功の鍵です