別れたいと思った時に立ち止まって考えてほしい7つの事

別れたいと思った時に立ち止まって考えてほしい7つの事

みなさんは恋人や配偶者と別れたいと思ったことはありますか。別れたいと一度でも頭をよぎったことがあるという人、意外と多いかもしれませんね。もともとは他人なのですから、価値観や趣向の違いによって、すれ違いが生じてしまうのは当たり前といえるでしょう。

こんなはずじゃなかった、もっと良い人がいるかもしれない、こんな風に考えてしまうのも、無理はありません。しかし、せっかくこれまであなたと生活を共にしてきたパートナーです。少し見方を変えれば、また違った良い関係が構築できるかもしれません。

別れてしまうのは簡単なことです。でもその前に立ち止まって考えてほしいことがあります。こちらで詳しくご紹介しましょう。



 


別れたいと思った時に
立ち止まって考えてほしい7つの事

 


相手の良い部分を思い返してみましょう


別れたいと思っている時には、気持ちがヒートアップして興奮気味の状態であることが多いものです。気持ちに勢いがあります。その勢いを利用して別れようとしているわけです。

そこでまずは一旦気持ちを落ち着かせて、相手の良い部分を思い返してみてください。二人で行った思い出の場所を挙げてみるのもいいでしょう。自分の心が徐々に優しくなっていくのを感じれると思います。

このまま本当に別れてしまっていいのか、落ち着いた状態で、自分の心に問いかけてみてください。

 


もともと他人なのだということを再認識しましょう


別れたいと思う理由の一つに、相手と自分は同じもの、もしくは似ているもの、と思っていたのに、実は違っていた、ということがあります。もちろんお互いに気が合うからこそ、一緒に過ごしてきた仲なのですが、全てが同じとは限りません。

好きな人と同じであることを喜びに感じるのですが、ついつい全て分かり合えるという錯覚に陥ってしまいがちです。しかし、相手はあかの他人です。あなたではありません。

お互いに持っている価値観は違うものなのだということを、再認識してみてください。

 


安らげる関係か、問いかけてみましょう


良い夫婦というのは、お互いに安らげる関係でいることが多いです。20年間、30年間も一緒に連れ添えるわけですから、安らぎというのはとても大事な感覚です。あなたの相手は安らげる存在ですか。

少しでも安らげると感じるならば、それは貴重なパートナーである証拠です。お互いにどこか遠慮し合って、本音も言い合えないような間柄では、長続きさせるのは難しいでしょう。

良い意味でリラックスできる関係であることは、あなたにとってかけがえのないパートナーであるといえるでしょう。

 


自分が悪かったかもしれないと、思い当たるフシはありませんか


別れたいと思うときには、一方的に相手のことを悪く考えがちです。「あなたがこうだった」「あなたがこう言ったから」と、主語を「あなた(相手)」にして考えてしまうのです。しかし待ってください。

この主語を、「わたし(自分)」に置き換えてみてください。「わたしはこうだっただろうか」「わたしがこう言ったからだろうか」と、自分の言動を振り返るのです。

こうすることで、相手に対して許容できることが増えてくるでしょう。まずは自分のことを省みると良いですね。

 


別れを切り出しても後悔しませんか


別れを考えるときというのは、だいたいは喧嘩した後が多いことでしょう。感情的になって、頭に血がのぼっている状態がほとんどだと思います。しかし、喧嘩というのは一時的なものです。

気持ちが落ち着いてくると、喧嘩したことを後悔した経験もあるのではないでしょうか。一時的な感情に流されずに、ほんとうにこのまま別れていいのか、自問してみるものいいでしょう。

 


これまでの思い出を振り返ってみましょう


別れを考えるときは、相手に対してマイナスのイメージがあることがほとんどです。このマイナスイメージばかりを考えていると、どんどんと別れの方向へ気持ちが傾いてしまいます。そこで一旦気持ちをリセットする必要があります。

二人の思い出を振り返ってみてください。きっと楽しい思い出や、感慨深い思い出がたくさんあるはずです。しばしの間、思い出に浸ってみるのもいいですね。

 


最良のパートナーはどんな人なのか考えてみましょう


別れたいと感じるとき、自分にはもっと素晴らしい人が合うはずだ、と考える人もいるでしょう。しかし、ほんとうにそうでしょうか。いま目の前にいる人以上の人が、果たしているのでしょうか。

あなたにとって最良のパートナーはどんな人なのか、一度考えてみると良いです。現在のパートナーの短所を補って、長所も兼ね備えているような人は、いるのでしょうか。じっくり考えてみてください。

 

いかがでしょうか。もしあなたが今すぐにでも別れたいと思っているなら、上述した7つのことをよく検討してほしいです。後悔先に立たずと言いますが、別れを切り出してしまったら、もう後戻りできません。

人は誰にでも長所と短所があります。それは、パートナーだけではなく、あなた自身にもいえることです。相手の悪いところばかりをクローズアップするのではなく、良いところもよく見るようにしてください。

完璧な人間がいないのと同じように、完璧なパートナーもいないものです。相手の欠点も包み込んであげられるような、心に余裕をもって過ごしたいものですね。

 


まとめ


別れたいと思った時に立ち止まって考えてほしい7つの事

・相手の良い部分を思い返してみましょう
・もともと他人なのだということを再認識しましょう
・安らげる関係か、問いかけてみましょう
・自分が悪かったかもしれないと、思い当たるフシはありませんか
・別れを切り出しても後悔しませんか
・これまでの思い出を振り返ってみましょう
・最良のパートナーはどんな人なのか考えてみましょう