ヤンデレ彼氏に絶対ならないように意識すべき7つのこと

ヤンデレ彼氏に絶対ならないように意識すべき7つのこと

「ヤンデレ」とは、精神が病んだ状態で相手に愛情を表現する様子のことを言います。そしてそのような性質をもった男性の恋人を、通常「ヤンデレ彼氏」と呼びます。普段はおとなしく、温厚な性格を示すのですが、突如として過激な行動に出ることがあります。それは女性への深い愛情ゆえのものですが、あまりにも過激なために女性から別れを告げられる人も多いようです。

中には、「ヤンデレ彼氏」がもつ深い愛情に感動したり、そんな彼氏を求める女性の方もいらっしゃるようですが…。しかし、現実には「ヤンデレ彼氏」との恋愛は長く続きません。ですから、「ヤンデレ彼氏」にならないほうがベターなのです。「自分はヤンデレ彼氏にはならない」と自信をもっていても、恋人ができたら「ヤンデレ」になる可能性はあります。そうならないために、これから意識すべきことを確認してみましょう。



 

ヤンデレ彼氏に絶対ならないように
意識すべき7つのこと

 

まずは女性のココロと自分自信を理解する


女性と男性とは、様々に異なるところがあります。恋愛においてもそうです。恋愛に対する考え方は、男女によってたくさん異なる点があるのです。相手を好きになって付き合う場合、そのことを理解する必要があります。そうしないと、あれこれと食い違いが起こってしまいます。

男性は、女性の恋愛心理をしっかり学んでおくべきです。そのうえで、女性にどう接するべきか常に意識するようにしましょう。その意識があれば、適切な対応もできますし、長く交際を続けたいのであれば、なおさら重要です。もちろん、個々人によってココロの内容は違います。しかし、一般的な女性心理を知っておいただけでも損はないでしょう。そのことと同時に、自分自身を知る事も重要です。

自分の性格がどうであるか、客観的に理解しておくのです。しかし、自分で自分を理解するのは容易ではありません。友人や知人、家族などから、あなた自身がどんな人間か聞いてみるのも一つの方法です。そして、自分の人間像を正確にとらえられるよう心掛けましょう。

 

自分の価値観を押し付けないようにする


自分の価値観が絶対だと思うことが、「ヤンデレ彼氏」の大きな特徴の一つです。そして、その価値観を無理やり恋人に押し付けることもよくあるそうです。価値観は個々人によって違うし、相対的なものです。ですから、どの価値観が正しくて、どの価値観がまちがいであるかを決定することはできません。

また、人は他人の価値観を人から押し付けられることを嫌います。それは恋人でも同様。恋人に価値観を押し付けようとしたら、あっという間に嫌われるかもしれません。自分自身の価値観はもっていてもいいのです。でも、それを恋人に示すときは押し付けず、単なる自分の感想として述べるくらいにしておきましょう。また、相手が自分の価値観を述べても否定せず、「そのような考え方もあるんだ」と受け入れるようにすることも重要です。そのような寛容さを備えるようにしましょう。

 

相手を信じる努力をする


好きな人と両想いになれたら、誰もが相手の行動が気になるもの。恋人が自分以外の男性と電話で話していたり、仕事が忙しいという理由で会えなくなったりすると、「自分以外の人とつき合っているのではないか」「浮気しているのではないか」などと疑心暗鬼に陥ります。

恋人に対する疑心暗鬼は誰にもありますが、「ヤンデレ彼氏」はその傾向が強く、さらに、いったん疑うと、やり過ぎな行動にでることもよくあります。たとえば、携帯電話から男性の連絡先を消すように命令する、もしくは自分で消す、会えなければ、その理由をとことん追及する、などの行動が見られます。

その行動を実際にやってしまうと、相手から嫌われる可能性は高くなります。また、自分自身を追い込むことにもつながります。相手の行動に疑念がわいても、それを打消し、信じてあげるように努めましょう。

 

こだわりや固執を捨てる


信念や強い思いをもつことは悪いことではありません。でもそれが「こだわり」「固執」になってしまうと、悪い方向に向かうこともよくあります。「こだわり」「固執」も「ヤンデレ彼氏」の主な特徴です。よくあるのは時間にこだわることです。

時間厳守はよい面もありますが、すべてを時間通りに進めようとするのも問題です。デートするときでも時間を細分化し、そのとおりに事を進めようとしても、自分は満足するかもしれませんが、相手は楽しめません。最もよくないのは、自分のこだわりや固執を相手に求めることです。

時間を守らなかったら、ひどく相手を怒ったり、非難したりするのはその典型例です。自分のこだわりや固執であるものは捨てるようにしましょう。特に、相手が嫌がっているものはそうすべきです。すぐにはできない場合は、少しずつ捨てるようにすればよいのです。

 

きちんとした論理で考える


「ヤンデレ彼氏」の言うことには論理の飛躍がよく見られます。たとえば、就職活動で、はじめの1社から不採用通知を受け取っただけで、「どの会社も自分を採ってくれない」などと考えます。恋人に対する考え方も、自然にそうなります。

恋人の何気ない言動を奇妙にとらえ、非論理的な結論を出してしまうのです。その原因は様々ありますが、主なものは経験や知識によって、現実面を把握する力が未熟なためです。また、論理的に考える機会がさほど与えられていないというのも要因のひとつと言えるでしょう。

論理の飛躍があるようなことを恋人にいくら言っても、説得力をもちません。逆にその考え方を否定されたり、嫌がられたりするでしょう。それを防ぐために、現実面を十分に把握し、正確な論理でものが言えるように心がけましょう。

 

嫉妬心はほどほどに


やきもちを恋人に表すと、「自分を想ってくれている」という証になります。ですから嫉妬心は恋人との絆を強くするよいものと言えるでしょう。しかし、それはほどほどな場合です。それを過ぎると、逆に恋人との仲を悪くしてしまいます。

「ヤンデレ彼氏」の多くは、ハンパない嫉妬心を抱きます。抱くだけならばよいのですが、それを恋人にぶつけてしまうのです。しつこい追及、徹底した無視、異常にすねる、などの行動に出ることもよくあります。それによって、ケンカが起こることもしばしば。次第に険悪な仲になっていきます。相手にひどい嫉妬心を表さないためにはどうすればよいか。それは、相手の側に立って理解してあげることが一番です。

嫉妬して相手に当たってしまうのは、自己中心的になっているからです。相手に当たる前に、相手がしてもらいたいことやしてほしくないことを冷静に考えてみましょう。そうすることで、ひどい嫉妬心も薄れてきます。

 

相手が受け入れやすい愛情表現を見つける


恋人に愛情を表現することも、二人の仲を保つためには重要です。しかし、それが相手にとって受け入れやすい形でなくては意味がありません。「ヤンデレ」キャラ画像の中に、愛する人の体を傷つけたり(ひどいものになると殺してしまう)、恋人が口にする食べ物に自分の血を混ぜたりするものがあります。

これらは、相手を深く愛するがゆえの行動ですが、これを喜んで受け入れるひとはまずいないと思います。愛情表現をするにも、相手がしてほしい、してくれたらうれしい表現が何かを見つけるようにしましょう。

軽いスキンシップをとる、ちょっとしたサプライズを繰り返す、愛情を言葉で伝える、など方法は様々あります。それらをいろいろ試してみて、最も愛情が伝わりやすい表現を見つけてみるようにしてみましょう。そして、その表現を繰り返すようにすれば、二人の仲を保つことができるはずです。

 

いかがでしたでしょうか。

ここまで読んでくだされば、もうおわかりだろうと思いますが、「ヤンデレ彼氏」はバーチャルな世界では受け入れられるかもしれませんが、現実世界では嫌がられる存在だと心得ておきましょう。

今恋人がいない人は、上記の7つのことに十分注意するようにしてください。すでに恋人がいる人は、いま一度自分自身を見直し、「ヤンデレ彼氏」の特徴をもっていないか点検してみましょう。もしひとつでも該当するものがあれば、それを正すようにしましょう。そうすることが、幸せな恋愛生活を送るためには不可欠です。

 

まとめ

ヤンデレ彼氏に絶対ならないように意識すべき7つのこと

・まずは女性のココロと自分自信を理解する
・自分の価値観を押し付けないようにする
・相手を信じる努力をする
・こだわりや固執を捨てる
・きちんとした論理で考える
・嫉妬心はほどほどに
・相手が受け入れやすい愛情表現を見つける