男の嫉妬を上手にかわす5つのテクニック

男の嫉妬を上手にかわす5つのテクニック
彼氏以外の男性とちょっと親しそうにするだけで文句を言われたり、拗ねられたり……という、男の嫉妬って困ったものですよね。相手はただの男友達だったり、仕事の都合で接点が多いだけの人なのに、いちいち余計な想像を膨らませて焼きもちを焼かれては、たまったものではありません。

女性は嫉妬深い生き物と言われていますが、男性が全く嫉妬しないわけではありません。むしろ、男性の嫉妬の方が対処が面倒とも言われます。

でも、彼女が誰と仲良くしようが気にも留めないドライな男性よりも、かわいく嫉妬してくれる男性の方が好きという意見もあります。そんな男性の嫉妬や焼きもちを、恋愛上手な女性はどんなふうにあしらっているのでしょうか。

そこで今回は、男の嫉妬を上手にかわすテクニックについてお伝えします。



 


男の嫉妬を上手にかわす
5つのテクニック

 


嫉妬されても過剰に嫌がらないようにしよう


まず、あなたの周りの男性に対して彼が嫉妬していると感じたら、すぐさま嫌そうにするのはやめましょう。確かに、何も後ろめたいことが無い相手に嫉妬されては、気分はあまり良くないはずです。

ですが、あなたの彼氏が他の男に嫉妬しているのは、あなたへの愛情が深い証拠です。確かに表現自体は歪んだものとは言え、他の男にとられるかもという不安が、嫉妬という形で出ているだけなのです。ですから、嫉妬を感じてすぐ「そういうの、やめて!」と頭ごなしに否定するよりも、その男性との関係を説明して彼を安心させてあげるようにしましょう。

 


彼にも同じだけ嫉妬する素振りを見せよう


あなたの彼氏にとっては、嫉妬することが愛情表現の一つです。ですから、彼があなた以外の女性と仲良くしたら、お返しにかわいく嫉妬してあげましょう。

これは、「仕返し」をしているのではなく、愛情表現を返しているようなもの。嫉妬するのが当たり前の男性にとっては、自分の彼女に嫉妬すらされないことを寂しく思うはずです。また、自分は嫉妬する癖に、逆に嫉妬されるのは嫌だという身勝手な男性なら、「嫉妬されるのはこれほど嫌なものなのか」と思い知らせることができるので、そういう意味でも効果的です。

 


埋め合わせは十分にしてあげよう


男友達や仕事の仲間と出かけるなど、大人になると避けられない付き合いが生じますよね。しかも、仕事上の関わりとなると、彼氏が嫉妬するからという理由で断れることばかりではありません。こんな用事のたびに嫉妬されるのは疲れることですが、彼の気持ちを考えて、後で必ず埋め合わせをするようにしましょう。

例えば、必ずケーキや好きそうなものをお土産に買って帰るとか、後で彼と同じ場所、もしくはそれ以上のグレードの場所に出かけるなど。このようにすれば、一緒にいないときも彼のことを考えていると印象付けられ、機嫌が直りやすいです。

 


普段から人間関係をオープンにしよう


彼が嫉妬深い男という以前に、あなたが嫉妬されやすい環境を作っているということは無いでしょうか。例えば彼氏以外との人間関係が明確でなかったり、他の人の前で彼氏の話をしないタイプの人間だったりなど。

彼氏がいることを公言しない女性は、いつか良い人がいたら乗り換える気満々に見えますし、彼氏に自分の男友達の話をしない女性は、やましいところがあるように見えます。これでは彼に「浮気しているのでは……」と思われても仕方がありません。

彼の嫉妬を少しでも和らげる、つまり彼の不安を解消するためには、あなたの周りの人に彼氏がいることをアピールし、彼にも彼以外の男友達の存在や関係性を詳しく説明するようにしましょう。

 


嫉妬させるためにわざと怪しい行動を取るのはやめよう


彼が嫉妬深い男性だと知っていながら、喧嘩した時などに当てつけで怪しい行動を取る女性がいますが、これはスマートではありません。彼の性格を知っているのにわざわざ不安にさせる行動を取るのは、嫌がらせでしかないからです。

彼に許しがたいことをされたとか、もう別れるつもりなどという状況なら別ですが、ちょっと腹を立てたくらいで男友達と遊び歩いたり、他の男性にアプローチをかけるような行動はやめましょう。嫉妬深い男性との交際は、信頼関係が揺らいだらもう修復不可能となってしまいます。

 

いかがでしたでしょうか。嫉妬深い男性との付き合いで覚えておきたい対処法についてご説明しました。

男性、女性に関わらず、嫉妬深さは性格の一部なので、治そうと思っても治らないと思った方が良いでしょう。嫉妬深い性格の男性と付き合った以上は、自分が嫉妬されるのが嫌だからと彼に嫉妬せず我慢をしろと言うのは間違いなのです。

あなたが選んだ彼氏なのですから、無理に性格を変えようとはせず、それを上手に受け流したり、受け入れるようにした方がよほど円満な関係を築けます。それができないのなら本当は彼とお別れするべきなのですが、そこまで彼を嫌いになれないということなら、嫉妬深いところも好きになる努力をしてみましょう!

 


まとめ


男の嫉妬を上手にかわす方法は

・嫉妬されても過剰に嫌がらないようにしよう
・彼にも同じだけ嫉妬する素振りを見せよう
・埋め合わせは十分にしてあげよう
・普段から人間関係をオープンにしよう
・嫉妬させるためにわざと怪しい行動を取るのはやめよう