ココアを上手に使ってダイエットに生かす方法

ココアを上手に使ってダイエットに生かす方法

寒い季節には、甘くて美味しいココアを飲んで一息つきたくなりますよね。ただ、ココアは、高カロリーな飲み物の代表格のため、ダイエットには向かない印象があります。ですが、そんなココアも上手に使えば、ダイエット中の強い味方になるということをご存知でしょうか。確かに、お茶やコーヒーのようにがぶがぶと飲むのはおすすめできませんが、その甘さやコク、そして高い栄養価などをうまく活用し、適切な飲み方をすれば美容にも健康にも良い効果を発揮するのです。

また、ココアにも色々な種類があるため、それを知ったうえでダイエット中のどんな場面で飲むかを使い分けることが大切です。今回は、そんなココアを、上手にダイエットに生かす方法について、お伝えします。



 


ココアを上手に使って
ダイエットに生かす方法

 


ココアの種類と栄養価


まず、ココアをダイエットに活用するために知っておきたいのは、やはりカロリーです。一般的に売られているココアには粉末のものと、缶や紙パックに入った液体のものがありますよね。今回はダイエットに活用する目的ですから、自分で濃さや飲み方を選べる粉末ココアに着目し、考えてみましょう。粉末ココアには種類が2つあり、一つはカカオ豆100%の純ココア、もう一つは砂糖やミルク成分の入った調整ココアです。

純ココアはそのままでは甘みが無いので砂糖や牛乳などを入れる必要がありますが、純粋なカカオの粉末のため、ダイエット向きのお菓子などに活用できます。調整ココアはそのままお湯や牛乳で溶いて飲める手軽さがありますが、甘みを自分好みに減らしたりすることができません。純ココアは100gあたり271kcalで、1杯に4g(11kcal)使用するのが一般的です。ただ、それに砂糖と牛乳を加えると、1杯あたり157kcalになります。

また、調整ココアは100gあたり412kcal、1杯分の20gをお湯で溶いたとして、82kcalです。つまり、ココアをそのまま飲み物として飲むのなら、調整ココアの方が低カロリーでダイエット向きということになります。

 


ローカロリーのココアで空腹を満たそう


調整ココアの場合は、カロリーを変えるとなると薄く作って飲むしかありませんが、純ココアの場合はそうではありません。一般的な作り方のように牛乳と砂糖をたっぷり入れて作った場合はダイエット向きの飲料とは言えなくなりますが、無脂肪乳とカロリーオフの甘味料を使えば、かなりカロリーが抑えられます。まず、純ココア4gと無脂肪乳180mlで62kcal、そして、極端な例ではありますが、カロリーが0の甘味料で甘みを付けたとします。そうすると、1杯あたりのカロリーが73kcalとなり、牛乳や砂糖を使って作るココアの半分のカロリーになるのです。

これなら、ダイエット中でもちょっと小腹がすいた時のおやつ代わりに遠慮なく飲めますよね。しかも、お味もしっかりしているために満足感も得やすいです。温かい飲み物を胃に入れると、下手にお菓子などを少し食べるよりも空腹を抑えることができるため、このローカロリーココアは、まさにダイエット向きと言えるでしょう。あまりカロリーを摂りたくない夜や、身体が冷えた時のお供として活用してみて下さい。

 


ココアとオリゴ糖で生チョコ風お菓子を作ろう


純ココアを使って、ダイエット中でも気兼ねなく食べられる生チョコが作れることをご存知でしょうか。作り方はとても簡単で、ココア30gにオリゴ糖30g、水大さじ1.5を混ぜ合わせ、丸めて表面にさらに純ココアをまぶすだけです。これで、まるで生チョコのような食感のお菓子が出来上がります。カロリーは、レシピの全量で155kcalとなりますので、脂肪分がたっぷり入った生チョコに比べると、かなりカロリー控えめです。

味わいも、純ココアのおかげで風味豊かに仕上がり、オリゴ糖の優しい甘みが舌の上でとろける美味しさになります。ダイエット中のおやつと言えば、カロリーが低いゼリーや寒天類、あるいは酢昆布やするめなどの乾物類を愛用する人が多いと思いますが、やはり、しっかりお菓子らしさを感じることができるものも食べたくなってしまいますよね。このココアを使った生チョコは、そんなダイエット中の欲求を満たしてくれる便利な一品なのです。

 

いかがでしたでしょうか。ココアをダイエットに活用するために知っておきたい知識や、便利なレシピなどについてご説明しました。世間では、ココアの粉末自体はそれほどカロリーが高くないということは、あまり知られてはいません。純ココアは、カカオ豆からチョコレートになるカカオバターを絞り取った後のものですから、あまりカロリーが高くないのも当然と言えば当然なのです。

それどころか、食物繊維やミネラルなどの栄養価も高く、ダイエット中でもどんどん活用したいものだと言えます。今まで、「ココアはカロリーが高そうだから、ダイエット中は我慢しよう」と思っていたあなたも、この機会にココアを生かしてストレスのないダイエットをしてみてはいかがでしょうか。

 


まとめ


ココアを上手に使ってダイエットに生かす方法

・ココアの種類と栄養価
・ローカロリーのココアで空腹を満たそう
・ココアとオリゴ糖で生チョコ風お菓子を作ろう