短期間で痩せる方法を7つの角度であなたに教えます

短期間で痩せる方法を7つの角度であなたに教えます

1年365日、イベントは年中たくさんあります。お正月やクリスマスなどの大きな行事から、誰かの誕生日や歓送迎会などの個人行事まで様々。そしてそのたびに大体ついてくるのが、おいしく楽しいお食事です。

楽しくはしゃいで食べて飲んで素敵な時間を過ごすと、今度はその代償として無駄なお肉がついてくる……。やばい太った!と思っても、なかなかすぐについたお肉は落ちてくれません。

なるべく早い時間で痩せたい、というのがどんなときでも思うことです。短期間で痩せる方法なんてあるの?と思ったアナタ。知らないよりは知っておくことをオススメします



 


短期間で痩せる方法を
7つの角度であなたに教えます

 


飲食の見直しⅠ:食事


痩せる目的は達成したいけれど、人間である以上食べなければ待っているのは死。健康的に痩せる、というのは短期間だろうと長期だろうと、ダイエットの基本です。

短期間で痩せる方法に食事療法は向いていないのでは?と思うのは間違い。だからこそ基本は重要です。

ごはんやパンなどの炭水化物は朝昼だけに。野菜やキノコを増やして、たんぱく質をしっかりと摂る。短期間ならば特に、徹底してやりましょう。

 


飲食の見直しⅡ:飲み物


こちらも食事と同じく、短期間だからこそ例外なし、甘えなしできっちり見直したい部分です。

冷たいものと甘いものは摂らない。アルコールもなし。常温か温かい飲み物にしましょう。余計なものなく、体に行き渡りやすい白湯はベストドリンクです。

食事の際にスープを積極的に取り入れるのもいいですね。甘みが欲しいときはたっぷりの野菜から摂れば一石二鳥です。

 


飲食の見直しⅢ:おやつ


食べ方さえ間違わなければ、おやつは敵ではありません。ポテトチップスやおかきのことは忘れてください。

ドライフルーツやナッツは、噛みごたえがあるので少量で満足できるダイエットの味方です。よく噛んで食べましょう。寝る前はだめですよ。

カロリーはありませんが、体を冷やすのは絶対にNGなので、氷食はやめましょう。くせになると心身に以上をきたすのでいいことはありません。

 


食べ方について


食べる量を減らしたいから1日1食にする、というのはやめましょう。食事と食事の間が長くなるのは、痩せるのに適切ではありません。

空腹が過ぎると、次の食事の際に体が栄養摂取をがんばりすぎて、余計なカロリーを取ることになります。お腹が空きすぎる時間は作らないほうがよいのです。

間食を上手にとって、1日5回~8回と細かく食べると、空腹時が少ないので総量も意外と多くありません。小分け食べは短期間で痩せる方法にお勧めです。

 


運動の仕方


短期間で痩せる場合、食事の調整だけでなくやはり運動も必要です。しかし忙しい毎日の中、運動の時間をとるのはちょっと大変ですよね。

短期間だからこそ、「気が向いたときに運動」や「隔日運動」ではなく毎日行わなければいけません。1日10分~15分ならできる範囲にはいります。この時間は確実に運動に費やしましょう。

10分間しっかり歩く。10分間だけ、たったままお腹に力をぎゅっと入れる。10分間、全力でお風呂掃除をするなど、10分を途切れさせずに集中し続けることが大切です。

 


意識で痩せる


やっていることに満足して、これをやっていたら痩せるだろう、と体に任せっぱなしにしては効果半減です。

人の思い込みのパワーはなかなかすごいものです。痩せたいという気持ちは強く持ち、現実的に自分で認識するようにしましょう。

体重計にこまめに乗って、数値で確認する。入らなくなったパンツを1日1回履くようにして今の状態を知る。朝晩、裸で鏡に映るなど、自分を見つめることを怠らないようにしましょう。

 


痩せぐせは無いほうがいい


短期間で痩せる方法を習得して、実際に痩せたとしましょう。その後、気が緩んでまた太ったとします。「がんばったらすぐに痩せることができたのだから、またやればいい」と思うのはとってもいけないことです。

痩せて太ってのサイクルは、ある程度までは繰り返すことができるかもしれません。しかし、体には「慣れ」があるのです。痩せて、の方はそう長く続きません。

短期間で痩せられるのは最初だけ、と心得ておきましょう。

 

いかがでしたでしょうか。贅肉という悪魔は、ふと気付かされる恐ろしいものです。ある日突然感じる、ウエストのきつさ、太ももの入らなさ。そんな思い、できれば二度としたくないですよね。

短期間で痩せる方法としてご紹介しましたが、長期にわたる維持にも大事な方法です。短期間で痩せようとした場合はかなり厳格にルールを守らなければいけませんが、そのあとは「少しだけ」なら緩めてもいいので、基本は続けるようにしましょう。また痩せればいい、は禁物です。

デートに、海やプールに間に合うように、今回だけは短期間で痩せて間に合わせましょう。そこからキープしておけば、次の誘いがいつあっても安心ですよ。

 


まとめ


短期間で痩せる方法を7つの角度であなたに教えます

・飲食の見直しⅠ:食事
・飲食の見直しⅡ:飲み物
・飲食の見直しⅢ:おやつ等
・食べ方について
・運動の仕方
・意識で痩せる
・痩せぐせは無いほうがいい