ファスティングを成功させるための7つの鍵

ファスティングを成功させるための7つの鍵
ファスティングとは、断食のこと。三日間食事を取らずに、水分のみで生活することを、ファスティングといいます。昔から、断食はよくおこなわれているようですが、普段から、高カロリーのものばかり取ったり、おやつを食べすぎていた理、暴飲暴食が激しいと自覚がある人は、行った方がいいかもしれません。暴飲暴食で疲れ切った内臓を休めてあげることができます。

おいしいものはついつい食べ過ぎてしまいますが、そういう積み重ねが、いつの間にか、あなたの胃を痛めているともいえるかもしれません。心当たりがある人は、さっそく、ファスティング準備をはじめてみましょう。

ただし、ファスティングは間違った方法を取ると、倒れてしまったり、体調不良の原因となりますから、くれぐれも気をつけて、正しい方法で行いましょう。それでは、ファスティングを成功させるための心得をお伝えします。



 


ファスティングを成功させるための
7つの鍵

 


ファスティング前は、おやつを取り過ぎない


普段から甘いものを大量に摂取していませんか。ファスティングをはじめる一週間前からは、おやつの摂取は控えましょう。また、甘い飲料水なんかも禁物です。普段から、砂糖をたくさんとっている人が、いきなり、ファスティングで糖分を絶ってしまうと、体がその変化についていけず、ファスティング中にとてもしんどくなります。

どうしても、甘いものが欲しければ、フルーツがおすすめです。

 


ファスティング前は、高タンパク質のものもとらない


二日前くらいから、卵、魚、肉などの動物性たんぱく質は控えましょう。明日から、何も食べないんだから栄養をつけておこうと、モリモリ食べるのは禁物。身体をだんだんと、ファスティングにならしておくことが大切ですから、あっさりしたものを食べる方がよいのです。

ファスティング前は、豆腐、ゴマ油、海草類、野菜、キノコ類、玄米、漬物などの精進料理風のものを食べるようにしましょう。

 


ファスティング中は、ムリしすぎない


ファスティングがいよいよはじまったら、普通に生活してもかまいませんが、あまりムリをするのはやめましょう。炎天下の中を何時間も走ったり、いつもよりも過剰に運動をしたり、お風呂に何時間も入るのは控えた方がいいでしょう。いつも通りのペースで、静かに生活することがポイントです。

 


丹田呼吸


ファスティング中は、体が冷えます。ですから、丹田呼吸を行って、血行のめぐりをよくしましょう。

・背筋を伸ばし、体全体をリラックスさせる(立っても座ってもよい)
・両手を重ねて、丹田に軽くあてる
・息をゆっくり吐きながら、体を30度~45度傾ける
・息を吸いながら、元の姿勢に戻す

体を倒しながら息を吐き、元に戻しながら吸うことで、自然に腹式呼吸になります。腹式呼吸にすると、血流がよくなり、冷えが解消しますから、ファスティング中とはいわず、冷えたらいつでも行いましょう。

 


食事はだんだん元に戻していく


ファスティングが終わったからといって、いきなり、いつも通りの食事をはじめてはいけません。無人島に漂流されたりして、長い間ろくなものを食べていなかった人だって、はじめは、ごくわずかの食事からはじめます。胃がびっくりしてしまうからです。

ガツガツ食べずに、まずは、おかゆから。そして、病気の回復期のように、はじめはあっさりしたものから。だんだん、通常通りに戻します。

 


回復期には、玄米や古代米などを食べる


ファスティングを終了してから、だんだんと食事を元に戻していく回復期。この時期には、玄米や古代米などを積極的にとるとよいでしょう。玄米や古代米には、多くの栄養が含まれています。昔の人は、玄米と少しの具材だけしか食べていませんでした。それで、丈夫で幸せだったのです。なぜかというと、玄米に素晴らしくたくさんの栄養が含まれているからなのです。

そういうわけで、私達も、回復期には、栄養の高い玄米や古代米を積極的にとるといいでしょう。

 


生理前には行わない


生理前には、水、脂肪など何かとためこむので、ファスティングをしても、体重が減らず、効果がないような気がしてしまいます。効果がないと思うと、続ける気が失せてしまいますから、生理前には、ファスティングは控えた方がよいでしょう。

 

いかがでしたか。自分の体の声を聞くということはとても大切なことなのです。健康な身体というものは、とても大切なものです。身体が健康であれば、心も明るくなり、人生も楽しく前向きになれます。身体に不調が出てくると、気分も暗くなりますし、疲れやすくなり、何もかもつまらなくなるのです。身体と心は密接につながっています。健康を保つということは、人生を活き活きとさせるということなのです。

自分の体を大切にしましょう。身体によいものを普段から食べ、あまり暴飲暴食をしすぎないようにしましょう。普段から、消化によいもの、栄養の高いものを食べるように心がけていれば、ファスティングもラクになりますし、どんどんと体の内側から、綺麗に、そして、健康になります。健康になると、肌もつやつやして、若返ります。身体に気を使うといいことばかりですから、自分の体をおろそかにするのはやめましょう。

ファスティングなどで、いつも健康な身体を保ちましょう。

 


まとめ


ファスティングを成功させる鍵とは

・ファスティング前は、おやつを控える
・ファスティング前は、高タンパクなものも控える
・ファスティング中は、ムリをしない
・丹田呼吸
・食事はだんだん戻していく
・回復期には、玄米を食べる
・生理前は行わない