白湯ダイエットをして心も体も綺麗になるための計画術☆

白湯ダイエットをして心も体も綺麗になるための計画術☆

今、雑誌やネットで話題の白湯ダイエットをご存じですか。白湯ダイエットとは、白湯を飲むだけで痩せるという簡単なダイエット法です。時間やお金もかからずに、誰でも簡単に出来るダイエットということで、沢山の方に支持されているダイエットでもあります。

なぜ、白湯を飲むだけで痩せるのかと言うと、白湯を飲むことで胃腸などの内臓機能が温められ、飲んだ直後から全身の血の巡りが良くなります。そして、内臓温度が1℃上がると基礎代謝も約10~12%上がりますので、脂肪燃焼効率が良くなり、痩せやすい体質になるというわけです。

また白湯ダイエットによって、内臓が活発化します。更に消化作用も促進され、体内の老廃物を排出してくれますので、デトックス効果にも期待ができます。

肝臓や腎臓などの機能改善にも役立ちますので、ダイエット効果だけでなく、様々な生活習慣病の予防にもなるのです。

更に、白湯ダイエットは心にも良い影響を与えてくれるということで有名です。白湯をゆっくり飲むことで、体温が上がり、精神を落ち着かせ、安眠効果も得られることが明らかになっています。今回は、白湯ダイエットをして心も体も綺麗になるための計画術をお伝えします。



 


白湯ダイエットをして
心も体も綺麗になるための計画術

 

 


白湯ダイエットで、まず体温を上げよう


白湯ダイエットを始めてから、体温が上がり冷え性が改善された方が多くいらっしゃいます。体温が上がるということは、新陳代謝が良くなり痩せやすい体質に改善されるということです。白湯ダイエットを成功させる為、まず体温を上げることから始めましょう。

体温を効率良く上げる為の白湯の作り方をご紹介します。まず、水道水やミネラルウォーターを、マグカップに入れて、それを500ワットの電子レンジで温めます。温める時間は1分30秒から3分以内が良いでしょう。1分30秒以下だと冷たいし、3分以上温めると熱すぎますので注意しましょう。

又は、やかんで作る方法もオススメです。やかんで沸騰して、更に10分沸かして冷まします。白湯ダイエットのポイントは、100℃まで沸かした湯を、50℃まで冷ましてから飲むことです。

白湯ダイエットで一番大事な飲み方ですが、10分以上かけながら、ゆっくりと飲むことがベストです。体温が徐々に上がっていくのをイメージしながら飲むと更に効果的です。

 


夜寝る前に白湯を飲んで毒素を出そう


白湯ダイエットで、体温を上げることに成功したら、次は身体の中の毒素を出すことに専念しましょう。身体の中の毒素を効率良く排出するには、夜寝る前に白湯を飲むのがオススメです。夜は時間に余裕のある方も多いので、やかんで白湯を多めに作ると良いでしょう。

夜寝る前に白湯を飲むことで、内臓機能が温められ内臓が活発に働くようになり、消化作用を促進します。結果、体内の老廃物を体の外に押し流す力がパワーアップします。老廃物が一掃されれば、肝臓や腎臓などの機能がさらに活発になるので、体内の浄化にも役立ちます。

また就寝前に白湯を飲むと、血液やリンパの流れがよくなり、体内で滞っていた余分な水分を翌朝に尿として排出してくれます。結果、尿量の増加とともに体重も減少します。そして便秘やむくみ解消にも効果が期待できます。

その他にも、白湯には安眠効果も期待出来ますので、不眠症の方にもオススメです。

 


白湯ダイエットに有酸素運動を取り入れよう


白湯ダイエットで、体温を上げ、毒素を出しはじめたことを実感できたら、次は有酸素運動を取り入れてみましょう。

白湯ダイエットに有酸素運動を取り入れることによって、更に白湯ダイエットの効果を上げることが出来るのです。白湯ダイエットに取り入れるオススメの有酸素運動の一つに、ウォーキングが挙げられます。ウォーキングは所謂、有酸素運動を代表するスポーツで、老若男女様々な方達が日々生活の中に取り入れているスポーツとしても有名です。

このウォーキングを白湯ダイエットに取り入れることで、更に身体の代謝を活発化させ、デトックス効果がアップしますので、ダイエット効果のみならず、美肌効果、健康促進効果にも期待できるのです。

ウォーキングを20~30分した後に800ミリリットルの白湯を3回に分けて飲みましょう。たったこれだけです。有酸素運動であるウォーキングで代謝を良くした後に、白湯を飲むことでダイエット効果も更にアップします。ウォーキングする時の注意点ですが、なるべく姿勢を正し、足は踵から着地し、つま先で蹴り出すように歩きましょう。膝はなるべく伸ばし、腰から前に出すようなイメージで歩くと良いでしょう。

 

如何でしたか。白湯ダイエットにはダイエット効果だけでなく、身体にもたらす沢山の素晴らしい効果があることがお解り頂けたと思います。白湯を飲むという習慣のルーツは、元々はインドの伝統医学アーユルヴェーダにあるといわれています。

何より、誰でも手軽に作れて簡単に始められるということが一番ですよね。白湯ダイエットをする際の注意点ですが、白湯は体への水分吸収率がよいので、飲み過ぎるとむくんだり、体に必要な栄養素までが流されてしまうこともあります。

そのため、飲む分量は1日に800mlが適量です。一気に飲むと、胃液が薄まり逆に消化の妨げになってしまうので注意しましょう。

さらに、お湯を早く冷まそうと水を足す方がいらっしゃいますが、絶対にNGです。体内の毒素を洗い流す効果が半減してしまいますので、必ず時間をかけて50℃前後に冷まして飲むようにしましょう。また、むくみや冷えを強く感じる方には、生姜入り白湯をオススメします。生姜のジンゲロールという成分が体をより温め、白湯の効果もさらにアップします。

白湯ダイエットを上手に生活に取り入れ、心も身体も綺麗にして下さいね。

 


まとめ


白湯ダイエットをして心も体も綺麗になるための計画術

・白湯ダイエットで、まず体温を上げよう
・夜寝る前に白湯を飲んで毒素を出そう
・白湯ダイエットに有酸素運動を取り入れよう