エステの効果を無駄にせずに体型をキープする7つのコツ

エステの効果を無駄にせずに体型をキープする7つのコツ

エステに通いはじめ「痩身コース」の効果が出て痩せていく間はとても達成感のある幸せな期間ですよね、ですがそれを卒業してからが、本当の気合のいれどころです。気を抜いていると、体は以前の体型に戻ろうとして勝手に働きはじめます。

エステでアフターケアがあるならばいいのですが、大抵は自分で努力するしかありませんよね。そんなときにエステの効果とかかったお金をムダにせず、なるべく楽にキープする方法があればいいと思いませんか。自己流で食事制限や運動を始める前に、ぜひ一読してみてほしい7つのコツがありますのでご紹介します。



 


エステの効果を無駄にせずに
体型をキープする7つのコツ

 


リンパマッサージを覚えよう


リンパマッサージは、痩身エステでもよく使われるダイエットの定番です。それだけに自分でリンパマッサージをすることができればエステにいかずとも体型維持がしやすくなります。

アロマオイルを利用してマッサージをするなど自分がリラックスできる方法で試してみてはいかがでしょうか。独学で行うと皮膚を傷めるかもしれませんので、基本的な部分はきちんと先生について学ぶことをおすすめします。

 


基礎代謝アップのために深呼吸しよう


ヨガやピラティスなどでは、深い呼吸を取り入れながら力をぬき、逆に普段あまり使わない筋肉を動かすことで体の深層部のリンパの流れを刺激するという方法があります。

体内の奥深くから刺激するには、結局リラックス効果もある呼吸が一番いいようです。基礎代謝アップとは、平均体温があがることとも言えます。それには血の巡りをよくすることが必要です。

力をぬき、血液がスムーズに全身に行きわたるのを想像してみてください。代謝アップのイメージがつかめると思います。意識的にリラックスして深い呼吸を行うようにしましょう。

 


体を柔軟にしよう


そもそも太りやすい体とは、固く柔軟性がないために関節が上手く使えず、重心がずれていき姿勢がくずれている状態がほとんど。姿勢が悪いと筋肉が上手く使えなくなり、新陳代謝が落ち、むくみが出てきます。

下半身太りなどは特にそういった原因があるのですが、おおもとを断つのはなかなか時間もかかりますし、一度くずれた姿勢をもとに戻すのは個人レベルでは難しいものです。

そこでおすすめしたいのが、柔軟体操。人によっては痛みが出る場合もありますのでふくらはぎをのばしたり、肩をまわしたりなど軽いものから始めてみてはいかがでしょうか。詳しく知りたい場合は独学は危険です。専門トレーナーにつくことをおすすめします。

 


よい姿勢で生活しよう


体を柔軟にしつつ、よい姿勢をキープする工夫をしましょう。お尻をキュッとしめ、肩甲骨をよせ、あごを引きます。自然に骨盤が立ち、おなかがへこむのがわかると思います。

ソファに座るときも深く沈むより手前で骨盤をたてているほうが、猫背にならずに姿勢をキープできます。もちろんずっとやっているのも辛いもの。完璧主義にはならずとも、気楽に思い出すようにすれば自然によい姿勢をする時間が増えていきます。

 


エステに定期的に通おう


エステにときどきマッサージを受けにいくことは、自らの綺麗になりたい気持ちをキープしてくれます。マッサージは気分転換にもなりますし、スタッフに自分の姿を見られることも綺麗を続けるためにはいい刺激となるでしょう。

たくさんのエステが価格をさげ競争している現代、気持ちのキープを行う目的でエステに行くならば、クーポンを使ってサロンをめぐるのも楽しいですね。もちろん安いからといって選ぶのではなく、よりよい店に出会うために使うほうが安全です。

 


生理前に注意しよう


女性の体には生理前から生理中に脂肪をためこむシステムが備わっています。そして生理が終わってからは痩せやすい時期に突入します。生理前はやたらお腹がすいて、食事後でも夜でもかまわず食べてしまう人が結構いるので注意です。

生理前はイライラしがちですし、我慢しようと思うと逆に食べてしまいますので、この期間は「間食や、クリームたっぷりのケーキやフライドポテトなどを避けていればよし」と甘く設定するのも無理なく続けられるのでおすすめです。

きのこや蒟蒻など意識的にカロリーの低い食材で食事を作る、オリーブオイルを利用するなど普段から工夫できることもたくさんあります。

 


スタイルのよい人とショッピングしよう


これはイメージトレーニングに近いのですが、「スタイルが良くて当たり前」だと思って生活している人の空気を取り込んでしまうという方法です。

それが顕著に表れるのがショッピングです。まさしく服を選ぶときがその境目。スタイルがいい人は何を着ても似合ってしまうのではなく、自分が着れそうな服へ自分を近づけるのが上手いのです。

スタイルに自信がない人は「この服はとても無理!」と判断基準が着れない方へ偏りがちです。スタイルのいい人の「着こなしてしまえ感覚」をマネすることはとても大きな変化です。

 


健康的で楽しい生活をしよう


太る原因は、ストレスや生活の乱れ、運動不足など健康的な生活からはずれたところに発生しがちです。わかっていても、仕事や人間関係で疲れてしまったら、簡単には戻せないですよね。

そこで自分を責めることなく、ただ楽しい生活をしようと心がけることは、自分を大切にする意味でも、状況が悪化しないためにも必要な考え方です。まずは楽しい自分をキープする、そこから体型維持への活力もわいてくるものではないでしょうか。クーポンを使ってエステに月イチでいく気分転換は、そういう意味では一石二鳥ですね。

 

いかがでしたか。エステに通っている期間、それは美のことを考えていた期間です。喉元すぎれば熱さ忘れるではないですが、やはり効果が出てエステを卒業してしまうと、体型維持については意識できずに忘れてしまうのが自然というものです。

しかし体型が崩れてしまってからでは、モチベーションもあがりにくいのも事実。早めに意識を定着させるのがカギとなります。エステに定期的に通う以外にも、憧れの体型や、素敵な男性に近づきたいなどのモチベーションアップも有効です。

自分自身に「美を意識させる工夫」をすることが、何よりも効果的な方法です。

 


まとめ


エステの効果を無駄にせずに体型をキープする7つのコツ

・リンパマッサージを覚えよう
・基礎代謝アップの工夫をしよう
・体を柔らかくしよう
・エステに定期的に通おう
・よい姿勢で生活しよう
・生理周期を利用しよう
・スタイルのよい人とショッピングしよう
・健康的で楽しい生活をしよう