本格カレーを作ってダイエットに大活用する7つのレシピ

本格カレーを作ってダイエットに大活用する7つのレシピ

誰もが愛するカレーをダイエットに活用できたら最高です。カレーは子供も大人も大好きな料理ですよね。初めて作った料理が「キャンプの時に作ったカレー」だという人もいるのではないでしょうか。日本人なら大好きな人も多いのがカレー。タモリさんのカレーレシピが本格的だと最近話題になりましたが、男性でも失敗が少ない料理がカレーかも知れません。

カレーはライス込みでおよそ863キロカロリー。結構カロリーは高めです。ダイエット中はお勧め出来ない料理です。

しかしレシピを工夫すれば、カレーはダイエット中でも美味しくヘルシーに食べられます。作り方もとっても簡単。カレーはダイエット中でも安心して食べられるようになります。ダイエット中の人にとってもオススメの、今回は代謝をあげてダイエット効果を助けるカレーレシピをお伝えします。



 


本格カレーを作って
ダイエットに大活用する7つのレシピ

 


カレースープでダイエット


カレーに使われる香辛料は、実は代謝をあげてダイエット効果を高めてくれるものが多いのです。カレーに含まれている様々なスパイス(こしょう・カルダモン・シナモン・オールスパイス・クローブなど)は交感神経を刺激するため、特に朝食べるとダイエット効果が上がります。まずはカレースープを手作りしてみましょう。

味噌カレーダイエットスープ

材料 (1人分)
豆乳200cc
カレー粉小さじ1
味噌大さじ1
豆腐100g
残り野菜など適量
トッピング
チーズ、ねぎ、胡椒適量

1残り野菜を鍋に入れて少量の水で炊く。

2豆乳、豆腐、カレー粉をいれ、よくまぜる。

3味噌を茶漉しなどで溶かして、塩コショウで味付けする。

4器に盛り、熱々のうちにチーズをのせる。お好みでねぎ、コショウを少々で出来上がり。

 


肉なし油なしで作ってみよう


カレーはお肉を入れなければ、かなりカロリーは低くなります。お肉の代わりに豆をふんだんに使った油抜き豆カレーを作ってみましょう。

黒豆カレーDEダイエット

材料
黒豆100~200g
カレー粉大さじ1~3杯前後
りんごジュース100~200ml
コーンスターチまたは米粉大さじ2杯前後
お湯500ml
オイスターソース大さじ1杯前後
だししょうゆ大さじ1杯前後
焼肉のたれ大さじ1杯前後
トマトピューレ大さじ1杯前後
プレーンヨーグルト大さじ1杯前後
豆乳大さじ1~3杯前後
塩少々

1黒豆を熱湯に1時間浸けた後、1時間煮て、黒豆の水煮を作る。硬めでもOK。

2そこに、カレー粉、リンゴジュースを入れる。カレー粉の量はお好みで。

3お湯を入れて、オイスターソース、だし醤油、焼肉のタレ、トマトピューレ、ヨーグルト、豆乳を入れる。それぞれ量はお好みで。

4煮立ったら、水溶きコーンスターチ、または水溶き米粉を入れて、とろみをつける。

5とろみがついたら、レンジでチンした温野菜をお好みの量入れる。チンすると炒め油不要で、時短にもなります。

6最後に塩で味を整えて出来上がり。

 


ライス込みで300キロカロリーのカレーを作ろう


材料をよく吟味して、極力カロリーの低いカレーを作ってみましょう。ライス込みでたったの307キロカロリーのカレーの作り方を紹介します。

スパイシーカレーDEダイエット

材料 (一人分)
茄子 1本(70g)[16kcal]
玉ねぎ 1/4個(50g)[19kcal]
カットトマト缶1/4缶(100g)[27kcal]
固形コンソメ1つ[12kcal]
オリーブオイル小さじ1[40kcal]
カレー粉大さじ1/2[15kcal]
ウスターソース大さじ1/2[10kcal]
水100cc

1茄子は食べやすい大きさに、玉ねぎはみじん切りにしておく。

2フライパンにオリーブオイルを熱し、玉ねぎをきつね色になるまでよーく炒める。玉ねぎを炒めたら茄子を入れて炒める。

3茄子がしんなりしてきたら、水·カットトマト·コンソメを入れて煮立たせて水分が半分位になるまで弱火~中火で煮込む。

4水分が半分位に減ってきたらカレー粉とウスターソースを入れて炒めて残りの水分を飛ばす。好みの水分量まで炒めたら完成です。

 


カロリーゼロの素材でカレーダイエット


カロリーがかぎりなくゼロの食材と言えば、やっぱりコンニャク。そしてキノコ類です。この2つを使ってカレーを作ってみましょう。

コンニャクカレーDEダイエット

材料(4人分)
カレールー2分の1箱
こんにゃく2袋
しめじ 1袋
エリンギ1袋
舞茸 2袋

1 こんにゃくは、食べやすい大きさに切る、乱切り、または、スプーンで一口分をすくうように切る。

2 1を数分湯がいて臭みを取り、ざるにあげて、水けをきる。

3 キノコ類は、種類は何でも大丈夫です。エリンギは斜め5mmにスライス、他は、食べやすい大きさに裂いておく。

4 2と3をカレーに入れ、中~弱火でグツグツ10~20分煮込む。茸に火が通ればOKです。

 


本格的にカレー粉を作ろう


やはり本格的なカレーが食べたいですよね。スパイスを混ぜる所から作る、本格的カレーに挑戦しましょう!ダイエット用にナスとタマネギだけのレシピを紹介します。

本格的スパイスカレー

材料 (2人分)
ナス 1本
太白ごま油小さじ2杯
ガラムマサラ小さじ1杯
玉ねぎ 1/4
トマト 1/2
にんにく(みじん切り) ひとかけ
コリアンダーパウダー小さじ1杯
クミンシード小さじ0.5杯
フェヌグリーク小さじ0.5杯
クローブ2粒
ターメリック小さじ1杯
カイエンペッパー小さじ0.5杯
砂糖小さじ1杯
塩小さじ1杯
水300cc

1太白ごま油を鍋に入れ、クローブとカルダモンを熱して香りを移します。

2香りが移ってきたら火が通りやすく焦げやすいクミンシードとフェヌグリークを入れます。

3すぐにみじん切りの玉葱を入れ炒めていきます。10分程度炒めたらニンニクみじん切りを入れて更に炒めます。

4トマトをいれて炒め、ターメリック、カイエンペッパー、コリアンダーの順にパウダーを入れて塩を入れて少し炒めます。

5まとまってきたら鍋に水を入れて伸ばして茹でていきます。乱切りのナスと砂糖をいれて煮込んでいきます。

6仕上げにガラムマサラで香りを整えて完成です。

 


美肌効果の高いカレー味のおかず


カレーはライスと一緒に食べなければカロリーも低くなります。カレー味のヘルシーなおかずを作ってみましょう。美肌になるローカロリーな食材といえば納豆ですよね!

えのきと納豆のカレー和えDEダイエット

材料 (1~2人分)
えのき 1パック(200g)
納豆1パック(50g)
ポン酢大さじ1弱
カレー粉小さじ1/3(お好みで)
小ネギ適量

1えのきを切ってほぐす。

2えのきを耐熱容器にいれ、ポン酢をまわしかけ、チンする。(600W2分くらい)

3納豆に添付のタレとカレー粉を入れて混ぜる。

4えのきと納豆、お好みでネギも混ぜて出来上がりです。

 


ダイエットの味方!野菜を沢山食べよう


ダイエット中は野菜を美味しく食べたいですよね。カレー味のおいしい野菜炒めを作ってみましょう。

野菜のみカレー炒めDEダイエット

材料 (2~4人分)
キャベツ 1/2個 約300g
たまねぎ 中1個 約150g
にんにくの芽100g
ミックスベジタブル50g
えのき 1袋 100g
酒大さじ2
塩こしょう少々
カレー粉小さじ3
ソース大さじ2

1キャベツ・たまねぎは粗みじんくらい、にんにくの芽は2cmくらい、えのきは石突をカットしてほぐす。

2テフロン加工されたフライパンに野菜をいれ塩コショウを振り酒をいれ5分ほど蒸し焼きする。

3火が通ったらカレー粉をまぶしなじませる。隠し味にソースを大さじ2ほど加える。

 

いかがですか。この7つのレシピでカレーを使ったダイエット成功間違いなし。かなりカロリーは低く抑えられます。カレーダイエットのポイントは市販のカレールウをあまり使わない事、肉を控える事です。油も控えめにする事も大切です。

カレーの味がするだけで、かなり食欲が刺激され、ダイエット中でも食べると満足感が高いはず。なるべくカロリーがゼロの食材を使って量を気にせず食べられるだけで、ダイエット中でもリバウンドを防ぐ事ができます。

カレーに使われるスパイスは、日本でも昔から漢方として親しまれている生薬も使われています。特におすすめしたいのがウコン。これはカレーのスパイスの主成分。たっぷり含まれています。健康に良いので毎日食べても大丈夫。ぜひ食べ方を工夫して、大好きなカレーダイエットライフを成功させて下さいね。

 


まとめ


カレーダイエットを成功させるには

・朝カレースープを飲もう
・肉と油を控えて作ろう
・カロリーの低い食材を使おう
・カレールウを使わずに作ろう
・カレー粉から作ってみよう
・カレー味のおかずを作ろう
・野菜を沢山食べよう

といったポイントを参考にして下さい。