男ウケするメイクを知って、女度に差をつけるポイントとは

男ウケするメイクを知って、女度に差をつけるポイントとは

男ウケするメイクは薄いほうがいい、というのが世間男性の共通認識。この顔にいくら時間をかけてると思ってるんだー!と叫んでしまいたくなる女子もいるハズ。残念ながら、コスメ代と男ウケは反比例する関係のようですね。

男ウケの良いメイクは、「かぎりなくスッピンに近いメイク」といっても過言ではないでしょう。女子の間でセクシーだという「赤い唇」は、男性陣では一番嫌だ、とウケが全く悪いのです。その他にも、女性が素敵でしょ!と思っているメイクテクニックはことごとく不評。一体女性の努力が実るポイントはあるのでしょうか。

男ウケと女ウケはかなり差があるようです。男心をドキッとさせるにはかなりのテクニックが必要です。今回は、男ウケするメイクを知って、女度に差をつけるポイントを、徹底的に検証してお伝えします。



 


男ウケするメイクを知って、
女度に差をつけるポイントとは

 


まっすぐな太い眉はNG


最近話題の太い眉毛。石原さとみちゃんも、仲間由紀恵サンもやっていましたよね。ところがコレが男性からは不評です。

「お面みたい。顔がでかく見える」「金太郎か!間抜けな女顔」「もしかして、イモトの真似してる?」「あまりにも太すぎ!自然ではありえないから」「ギャグ漫画のヒーローはみんな太い眉毛だよね」「最近流行りだしてからみんなやってるのがキモい」と散々なコメントが寄せられています。

男ウケを狙って女度をあげたいなら、メイクは細くて女らしい眉毛を心がけましょう。

 


ラメ入りメイクはちょっと引かれる


女性が目力を強調したい時によく使うのがラメ入りのアイシャドー。顔の感じが一気に華やかになって素敵ですよね。ところが、これも男ウケはかなり低いメイクのようです。

「派手すぎる、会社にキャバ嬢がいるみたい」「よく言えば女優っぽい。でもかなり不自然だよね」「けばけばしいの一言。顔をデコってもファッションがアウトドア系ってかなりついていけない」「不自然すぎて引くわー。ギラギラした目は好きではない」「目元がぱっちりしすぎなのにさらにラメ、どんだけやれば気が済むの?」

どうですか。この言われよう。でもラメ入りって綺麗だと思うんですけどねえ。女ウケはいいのに男ウケがなぜか悪いです。まあ、どんなにスッピンに近づく男ウケするメイクをしても、ラメを使うと一気に人工的になりますよね。

男ウケのメイクに「ラメ入りは禁止」と覚えておいて下さいね。

 


真っ赤な口紅は止めて欲しい


セクシーな真っ赤な唇。肌を白くみせてくれますし、女ウケもバッチリ。それなのに、男ウケを考えると消極的に使ったほうが良さそうです。

「唇だけ真っ赤なのはバランスが良くない」「そもそも日本人には似合わないと思う」「いきなりすぎてそこばかり目が行く。普通の女の子にはインパクトが強すぎるんじゃね」「唇が薄い人なら気にならないが、厚い人だとはっきり言って食われそう。好きな男はいないと思う」

なるほど。ちょっと納得できる意見がありますよね。確かに真っ赤なルージュはわざとらしいかもしれません。ザ・化粧というインパクトが一番高い赤い唇。男ウケを狙うなら、デートの時にはナチュラルなピンクのルージュが1番です。

 


おばさんみたいな濃いめのチーク


酔っぱらい男ウケ顔メイク、最近流行りましたよね。チークを入れると顔の表情が全然変わります。疲れの取れないどんより顔も、とっても明るくも見せてくれます。チークを入れるのと入れないのでは、顔の印象もガラっと変わってしまうでしょう。男性陣はどう思っているのでしょうか。

「子供か!ペコちゃん人形みたいでかなり萎える」「バカ殿の志村けんをつい想像してしまう。おばさんみたい。」「ピンクのほっぺってそれだけでも頭が悪い感じがする。ロリータ狙いか?」「顔が真っ赤なんですけど。自分でおかしいと思わないの?」「チークまでいれなくてもいい。メイクは薄いほうが可愛いと思う」

なるほどねえ。そう言われるとそうかも知れません。でもチークを上手くいれるのって凄く難しいんですよ。この女の努力も少しは認めてもらいたい。男ウケは悪くても、チークメイクの上手い女性は女ウケはかなり高いです!

 


毛量が多いマスカラは気持ち悪い


まあ、アリエナイほど盛っている女性は、女からみてもどうかなーとは思いますが、あれはあの盛りマスカラに慣れてしまうと、いつもそれぐらい付けないとむしろ違和感を感じてしまうのでしょう。気持ちはすごくよく分かります。でも男性は、

「な、なにアレ!と思ってしまう。呪いの人形みたい」「タバコが乗っかりそう」「あれが会社で落ちてるのを見つけてギャーってなった。」「落とした顔が想像出来ない」「全然可愛くない、ないほうが男ウケするのがなんで分からないの?」と大反対意見が多数。むしろ気持ち悪いなんて、酷すぎる!女心を深くえぐりますよね。

男ウケはなんといっても「ナチュラル感」たしかにマスカラの盛りは真っ赤な唇についで不自然な部分かも。女性の皆さん、男ウケを狙うなら,目力はほどほどにしたほうが良さそうですよ。

 

いかがですか。この男性からの5つの意見。まるっきり女性のポイントとハズしてますよね。むしろ本当にスッピンにしたら好きになってくれるのか聞いてみたいです。

男ウケと女ウケの間には深くて長い河が流れているようです。明日はデート!という女性は、明日のメイクテクニックはむしろ「手抜きメイク」の方がいいかもしれません。

基本はベースメイク。白くて透明感のある肌艶と、プルプルの唇。アイシャドーはブラウンでごく薄めな感じ、眉はやや細めで仕上げましょう。「メイクしてるの?」と聞かれる程度が男ウケのベストメイク。

女子にはやや物足りないくらいの感じがそそられるみたいです。それが一番難しいメイクテクニックですけどね。この記事を参考にして、ぜひ頑張ってみてください。今回は男ウケするメイクを知って、女度に差をつけるポイントを見ていきました。

 


まとめ


男ウケするメイクを知って、女度に差をつけるポイントとは

男ウケするメイクとは

・眉毛は自然に細く仕上げる
・キラキラはNG
・真っ赤な唇はやめよう
・チークは薄めにしよう
・マスカラはしない

というスッピンに近いメイクが男ウケします。