一重まぶたを活かすためにする7つのアイメイク

一重まぶたを活かすためにする7つのアイメイク
目の大きさが美人度を左右する、と思っている日本人は多いですよね。メイクの時に目に一番時間をかける人は多いのではないでしょうか。

でもファッションリーダーいわく、素敵に見える女性は全体のバランスが良いのだそうです。

顔のバランス、ファンションのセンス、その人独自のオーラがメイクや洋服とバランスが取れていれば、目の大きさはあまり関係ないそうですよ。一重まぶたをコンプレックスと考えず、これを自分のチャームポイントだと思いましょう。

一重まぶたらしいきりっとした感じを活かす、メイク方法は色々あります。今回はその中でもお勧めの、一重まぶたを活かすためにする7つのアイメイクについてご紹介しましょう。



 


一重まぶたを活かすためにする
7つのアイメイク

 


アイホールの陰影が肝心


目の周りに陰影をつける事が、目の小ささをカバーするポイントです。

アイメイクのポイントは目を腫れぼったく見せず、目の縦幅と横幅を広げて、ぱっちり見せていくこと。まずはアイホールにベージュのアイシャドウを塗りましょう。

マットな薄いベージュのアイシャドウをアイホール全体に塗ります。

この時ラメ入りのアイシャドウを塗ると、まぶたがさらに腫れぼったく見えてしまうので、必ずマットなベージュのアイシャドウを使って下さい。

 


アイラインは2ミリ!太めに引く


黒のペンシルアイライナーで、目のキワにアイラインを引きましょう。

目を開けた時にアイラインが見えにくいので、太めにアイラインを引き、目をぱっちり見せる事がポイントです。リキッドタイプのアイライナーも使い易くてお勧めです。

アイライナーは目頭、目尻共にほんの少し長めに描く、そして少し厚めに引くのがポイントです。自然な感じに見せたいならブラウン系、くっきりしたいならブラック系がお勧めです。

 


アイシャドーは濃い色が基本


一重まぶたの人のアイシャドーは、薄い色を選んでしまうと、まぶたが腫れぼったく見えてしまいますので注意してください。色はブラウン系がおすすめです。

アイシャドウは濃い目のしっかりした色を太めに、目を開けてても少し見えるぐらいのところまで入れるのがポイントです。

目を開けながら、目尻を2mmほど、下方向に引き延ばして、ややたれ目に見せます。こうする事で目が丸く、大きく見える効果があります。

 


まつ毛とまつ毛の間を埋める


このひと手間で黒目が大きく見せる事が出来ます。まつげを持ち上げて、まつ毛とまつ毛の間を埋めるようにして塗りつぶします。

こうすると黒目が大きく見える効果があります。にじまない様に気をつけて、丁寧に行いましょう。これをやっておくと、視線を下げた時に、このラインが映えて非常に綺麗に見えます。

 


下まぶたのメイクも大切


まぶた、目尻から3分の1に、マットなブラウンのアイシャドウを、残りの3分の2には、明るいベージュのアイシャドウを塗りましょう。ラメ入りのものがいいでしょう。

こうするとさらに目が丸く大きく、瞳がキラキラとして見える効果があります。

ハイライトを入れるときは眉尻の下と涙ブクロにホワイト系かベージュ系の色をブラシに取ってふわっとのせる様にしましょう。

 


ホットビューラーは必ず役に立ちます


一重の人こそホットビューラーが必要です。一重まぶたの人はまつげの短い人が多いので、使用するのも簡単で仕上がりはとても美しく、カールが長時間キープできるホットビューラーをぜひ使ってみて下さい。

マスカラの前と、アイメイクの最後にホットビューラーでまつ毛を根元からカールさせましょう。目を開けた時にまぶたでメイクが隠れてしまう一重まぶたは、太いアイラインとマスカラたっぷりのまつ毛で目力を強化しましょう。

勿論マスカラは2度塗りが基本です。マスカラ下地も使うと手軽に長く太いカールした理想のまつげを手に入れることができます。

 


アイプチも即効性があります


奥が二重の人は、アイプチを使うと簡単に目を大きくする事ができます。何度もやる内に、目線がついてやり易くなるといいます。二重になりやすいと、毎晩試す人もいる様です。

アイプチはシールを貼って、その場所を固定するだけなので、慣れれば誰でも簡単に使えます。アイプチしてからマスカラをつけ、最後にもう1度ビューラーであげてみても良いでしょう。

 

いかがですか。一重まぶたを活かすためにするアイメイクは、ひとつひとつの作業を丁寧にやる事を心がけましょう。

アイホール全体にブラウンをのせる事で、目のまわりに陰影を作れば、一重まぶたに立体感がでます。

濃いアイシャドーを選ぶ事で目の奥行きも出せます。

この細かい作業をきっちりと行う事で、一重まぶた全体の雰囲気を作り上げる事が出来るのです。東洋人の一重まぶたはとってもミステリアス。アジアンビューティー

と言われて人気があります。

自分のチャームポイントですから、毎日のメイクをしっかりと行いましょう。一重まぶたの人は笑顔が似合います。老けにくいのも特徴です。

自分の顔のバランスをよくチェックして、自分の魅力を引き出すメイクを心がけましょう!

 


まとめ


一重まぶたを活かすためにする7つのアイメイク

・アイホールの陰影が肝心
・アイラインは2ミリ!太めに引く
・アイシャドーは濃い色が基本
・まつ毛とまつ毛の間を埋める
・下まぶたのメイクも大切
・ホットビューラーは必ず役に立ちます
・アイプチも即効性があります