ウォーキングダイエットの正しいやり方を覚えましょう

ウォーキングダイエットの正しいやり方を覚えましょう

激しい運動ができない老人でも、体力が無い人でも簡単にできるウォーキングダイエット。空いた時間ででき、しかも道具が要らないということで、ダイエット初心者によくおすすめされる方法ですよね。ですが、このウォーキングダイエットの正しいやり方は、意外と知られていないのが現実のようです。

ただ歩くだけのこのダイエットにも、色々なコツやルールがあり、それを踏まえるのとそうでないのとでは、効果にかなりの差が出てしまうことになります。例えば歩くペースや時間、そして歩く時間帯によっても効果が変わってしまうということをご存知でしょうか。

今回は、そんなウォーキングダイエットの正しい方法と、その効果の違いについて、お伝えします。



 


ウォーキングダイエットの
正しいやり方を覚えましょう

 


まとまった時間をとるようにしよう


まず、ウォーキングダイエットを始めとする有酸素運動の基本として、20分以上は時間をかけることが大切です。体脂肪は、20分の有酸素運動を続けて初めて、燃焼し始めます。そのため、10分や15分でウォーキングをやめてしまうと、脂肪は全く燃焼せず、無意味な運動になってしまうのです。

ただ、燃焼し始めるのが20分後ですから、20分でやめてしまうのも良くありません。20分は最低ラインと考え、できれば1時間以上はウォーキングに時間を割くようにしましょう。

 


可能なら朝行おう


ウォーキングダイエットに最適な時間帯を知っていますか?それは、朝、一日の始まりと同時刻です。何故かと言うと、ウォーキングで脂肪が燃焼し始めると、その燃焼は緩やかながら就寝まで続くため、ウォーキング終了時から寝るまでなるべく時間を空けた方がダイエット効果が高くなるからです。

夜、仕事や家事を終えた後に歩くのは、時間の使い方としては有効ですが、ダイエット効果を優先するならイマイチです。早起きできるタイプの人なら、朝に歩くことをおすすめします。

 


足に合った運動靴を履こう


ウォーキングダイエットに向いた服装ですが、これはジャージでもジーンズでも、動きやすく汗を吸いやすいものなら、何でも構いません。ただ、靴だけはこだわりましょう。運動靴の中でも、重たいものや軽い物、厚いものやしなやかに足にフィットする薄手のものなど、たくさんの種類が出ています。

この中から、自分が長時間歩きやすいと思えるものを選んで、ウォーキング専用靴にすることをおすすめします。もちろん、ただ歩くだけだからと、サンダルやブーツで歩くのは足への負担が大きすぎるので絶対にNGです。

 


姿勢を正して歩こう


ウォーキングダイエットは、ただダラダラ歩いてはいけません。ダラダラ歩くということは、自分が一番楽な姿勢で歩くということですから、カロリー消費が一番低い姿勢になっている状態だと思って下さい。このウォーキングはダイエット目的なのですから、楽をしてはいけません。

少しくらいつらくても、姿勢を正して筋肉の動きを意識しながら歩いた方が、脂肪の燃焼率は変わってきます。また、姿勢正しく歩くことで、身体の一部分に負担がかかって故障することを防ぐという目的もあります。

 


腕を振り、足を上げることを意識しよう


姿勢を整えるほか、腕を大きく振って、足をなるべく上げて歩くことを意識した方が、よりカロリーの消費量が高くなります。ただ膝から下を前後に動かして歩くのと違い、腕や太ももの動きを大きくすることで、全身運動としてのダイエット効果が期待できます。

せっかく同じ時間をかけて歩くのなら、少しでもカロリーの消費量が多い方が良いですよね。人目のあるところでは、大きな動きをするのは恥ずかしいという人もいるかもしれませんが、これも効率よくダイエットするためのポイントです。

 


早歩きしよう


歩くスピードは、早歩きくらいを心がけましょう。散歩程度のペースと早歩きでは、同じ時間歩いたとしても消費カロリーが大きく違います。体重が50キロの女性なら、早歩きとゆっくり歩きでは、倍近いカロリー消費の違いが生じます。

家族などと一緒にウォーキングダイエットをしていると、ついついおしゃべりしやすいペースで歩いてしまいがちになりますが、効率を優先させるなら、息切れするくらいにペースを上げた方が良いですね。

 


少しずつでも毎日行おう


ウォーキングダイエットについて、最後の鉄則は、「毎日続けること」です。1日1時間ずつ、毎日歩くのと、3日に1回、3時間歩くのとでは、前者の方が消費カロリーが高いと言われています。

それは、ウォーキング後にも脂肪が燃焼し続ける時間が長かったり、無理に長時間歩くと身体が疲れてしまって、気を抜くと楽な歩き方になってしまったりなど、色々な要因が重なった結果です。ウォーキングダイエットをすると決めたら、事情があるとき以外は毎日歩けるように予定を調整しましょう。

 

いかがでしたでしょうか。今回ご説明した7つのポイントについて、いくつかは知っているけれど、全部は知らなかったという人も、多いのではないでしょうか。

ウォーキングダイエットは、今では誰でも知っているダイエット法のため、細かい知識まで調べずに実践する人がかなり存在します。そのせいで、正しい方法を知られる機会が少なくなっているということもあるようです。ですが、これらの方法を知っておけば、いざあなたが、もしくは周りの誰かがウォーキングダイエットをしようと思った時、とても役に立つはずです。

ウォーキングだけで効率よく痩せたいのなら、この方法を頭に置いて実践すれば間違いありません。あなたも、毎日歩いてきれいに痩せてみませんか。

 


まとめ


ウォーキングダイエットの正しいやり方とは

・まとまった時間をとるようにしよう
・可能なら朝行おう
・足に合った運動靴を履こう
・姿勢を正して歩こう
・腕を振り、足を上げることを意識しよう
・早歩きしよう
・少しずつでも毎日行おう