海鮮丼のカロリーが高くなってしまう7つの意外な理由

海鮮丼のカロリーが高くなってしまう7つの意外な理由

ウニ、トロ、イクラ。美味しいですよね〜。北海道に旅行した時、札幌魚市場でてんこ盛りにお刺身を自分の好きなだけ盛る事が出来る、お任せ丼を食べた思い出は、自分人生史上、中々至福の思い出です。

しかし!この美味しい海鮮丼の平均カロリーは665キロカロリー。この1杯を、体重50キロの人が消費するために必要な運動量は、ジョギングなら100分、ウォーキングなら200分です。腹筋なら103分、入浴なら252分

と、もう止めてー!という数字が並んでしまいます。

この1杯でこの運動量、知っていたら絶対食べたくなくなりますよね。でもヘルシーに感じる海鮮丼がなぜこんなにカロリーが高くなってしまうのでしょうか?今回は、海鮮丼のカロリーが高くなってしまう7つの意外な理由についてお教えしましょう。



 


海鮮丼のカロリーが高くなってしまう
7つの意外な理由

 


カロリーが高いのはこの3つ


海鮮丼のカロリーが高くなる理由は、具材の選び方でかなり変わります。カロリーの高い具材1位はまぐろです。特に大トロは寿司一貫のカロリーは80キロカロリー。これは8枚切り食パン1枚分のカロリーです。

これが海鮮丼の上に3枚も4枚も乗せていたらどうなるか分かりますよね?

その他、イクラ一貫のカロリーは75キロカロリー。ブリ一貫のカロリーは70キロカロリーです。大トロ、イクラ、ブリ、この3つはカロリーが高いので注意が必要です。

海鮮丼で、この3つが沢山乗っている海鮮丼はカロリーが高いと覚えておいて下さいね。

 


ご飯が多く盛られている


どんぶり物の場合、普段のお茶碗よりも大目にご飯が盛られています。これがカロリーを増加させる原因です。ご飯を減らす様にあらかじめ少なく盛ってもらうと良いでしょう。ご飯は茶碗軽く一杯で160キロカロリー。

これにおかずが加わりますからご飯を少なめにしても充分お腹が一杯になります。ゆっくりよく噛んで食べて下さい。

 


意外に高いのが卵のカロリー


お寿司屋さんの卵はちょっと甘めで美味しいでしよね。子供の頃はまぐろよりも好きだという人もいるでしょう。

しかしこの卵、海鮮丼でも彩りと口直しによく入っていますが、このは1切れで30キロカロリーもあるのです。タコの2倍と意外に高カロリーですから気をつけましょう。

 


ご飯に味がついている


海鮮丼のご飯は味が付いています。酢飯はお酢と砂糖を使いますから、これだけでもカロリーが高くなってしまうのです。家庭で海鮮丼を作る場合、酢飯ではなく、普通のご飯で作った方がカロリーは少なくなります。

ダイエット中の方は、このご飯にこんにゃく米といわれるこんにゃくを米粒状にした物を混ぜて炊くと良いでしょう。ご飯のカロリーをこれだけで半分に減らす事ができます。

 


薄味なので食べ過ぎる


海鮮丼には、生のお刺身が乗っています。これは結構薄味です。味付けの薄いおかずは食べ過ぎの要因になります。

そして丼になっている事で、早食いの原因にもなりますから気をつけましょう。ゆっくりと食べてお腹を満腹にしないと、ついつい物足らずにお代わりしたくなってしまいます。

この1杯を消化するのにジョギング100分ですよ!この事を海鮮丼を食べる時はよく思い出し、ゆっくり味わって食べるようにしましょう。

 


カロリーの多い具材が多く乗っている


お寿司を海鮮丼で食べる場合、乗っている具材を自分で選ぶ事ができません。エビ、イカ、貝類は比較的カロリーは少ないのですが、大体まぐろ、イクラ、サーモンとカロリーの高い具材がメインで乗っているのです。

お寿司が食べたい、でもダイエット中だし…。という方は、海鮮丼よりも一貫ずつ握ってもらうお寿司の方が、カロリーも少なく、満腹になるかもしれません。

最初にみそ汁を頼んでお腹を膨らませてから注文するのがコツです。

 


低カロリーだという思い込み


牛丼、中華丼、海鮮丼、この中で、一番カロリーの高いのはどれでしょう?と聞かれた時、牛丼か中華丼で迷われるのではないでしょうか?答えは、この3つはカロリーがほとんど変わらない、という事です。

海鮮丼はお刺身だから、油も使っていないしヘルシー、というイメージがありますよね。美味しいマグロは5切れは乗せちゃえ、なんて家庭で作る時はやりがちです。

しかし、残念ながらお刺身は高タンパク高カロリー。

お肉同様、食べ過ぎは太ります。自宅で作る時も、マグロやイクラは少なめに、イカやタコを大目にして作りましょう。

 

いかがですか。低カロリーに見えて海鮮丼のカロリーは牛丼並です。大好物だからと食べ過ぎると、ダイエットしている方ならあっという間にリバウンドしてしまいます。

海鮮丼のカロリーを低くするには、自宅で作る場合、ご飯を少なめにする、またはこんにゃく米を混ぜてお米のカロリーを減らすと効果的です。

海鮮丼はお米のカロリーが半分を占めているので、まず低カロリーにしたかったらお米から減らして下さい。その分おかずを多く食べた方が御馳走感がアップするはずです。季節に関係なく楽しめる海鮮丼。

お腹1杯食べた後はジョギングもお忘れなく。食欲の秋、運動の秋を楽しんで下さい!

 


まとめ


海鮮丼のカロリーが高くなってしまう7つの意外な理由

 

・カロリーが高いのはこの3つ
・ご飯が多く盛られている
・意外に高いのが卵のカロリー
・ご飯に味がついている
・薄味なので食べ過ぎる
・カロリーの多い具材が多く乗っている
・低カロリーだという思い込み