お寿司のカロリー☆低いものから高いものまで徹底比較!

お寿司のカロリー☆低いものから高いものまで徹底比較!

お寿司のそれぞれのカロリーを知っておくことは、ダイエットにとってとても大切です。というのは、ダイエット中ではあれどお寿司を食べたりまたはみんなで食べに行ったりする機会がないとも限らないから。特に付き合いでお寿司を食べる際、「ダイエット中だから遠慮したい」とはなかなか言い出せませんよね。

ところで、お寿司そのものはそんなにカロリーの高いものではなく、握り寿司の上レベルでも500キロカロリーあたり、ちらし寿司でも700キロカロリーを超えません。ラーメンやスパゲッティといったメニューよりもよっぽどカロリーが低いのです。

ただ、問題は回転寿司などでお寿司を一巻ずついただく場合。いろいろなネタがバランス良く配置されている握り寿司セットやちらし寿司とは異なり、カロリーの高いものばかり注文してしまうことがあります。

そんなダイエット事件を避けるためにも、それぞれのネタのカロリーについて知っておくことが非常に大切なのです。低いものから高いものまで徹底比較してお伝えします。



 


お寿司のカロリー☆
低いものから高いものまで徹底比較!

 


お寿司のカロリー:寿司ネタの王様、「トロ」のカロリーは?


お寿司のネタの王様といえば、やっぱりマグロの「トロ」でしょう。少々値段が張るのが困りものですが、脂のまろやかさと甘さとを存分に楽しめるその味わいは全ての人の憧れ的存在ですよね。でも、脂がたくさん乗っているということは、寿司ネタとしてのカロリーも高いということかも。

具体的にいうと、大トロのカロリーが140キロカロリー程度、中トロで約120キロカロリーです。一つ一つを見てみれば大したカロリーではありませんよね。でも、調子に乗って5貫とか10貫など頼んでしまうと、確かに寿司のカロリーがとんでもないことになってしまいます。少しだけ食べるから美味しいのですしね。

ちなみにマグロはマグロでも赤身の寿司のカロリーは100キロカロリーほどです。

 


お寿司のカロリー:トロよりカロリーの高いのは、玉子


寿司ネタの中で一番カロリーが高そうなイメージがあるのはマグロのトロですよね。しかし、実はトロにも勝るカロリーを持つ寿司ネタがあります。それは、「玉子」です。

玉子といえばふんわりと焼き上げられたやさしく甘い味わいが老若男女に愛されており、値段も安いので人気。でも、カロリーを見てみるとなんと2貫で162キロカロリーもあるのです。トロのカロリーを軽く超えていますよね。作るときに砂糖や塩で味付けし油で焼くのが原因でしょう。

また、いなり寿司もカロリーが2貫で約160キロカロリーとトップクラス。寿司ネタとしてお安いのはありがたいのですが、あまり食べるとダイエットにとって毒でしょう。

 


お寿司のカロリー:サーモンのカロリー


サーモンといえば、脂がたっぷり乗った高カロリーのイメージが強いですよね。とはいえ、大トロより脂ぎっている感じもしません。寿司ネタとしてのカロリーは正確にはどのくらいなのでしょうか。

正解は、約110キロカロリーから145キロカロリー。マグロの赤身から大トロくらいまでになります。その都度の脂の乗りぐらいにも影響されているかも知れません。ちなみにサーモンの卵であるイクラのお寿司のカロリーは110キロカロリーくらいです。

 


お寿司のカロリー:白身のお寿司はカロリーが低め


トロを含むマグロやサーモンなど肉が赤いお寿司はカロリーが高いようですが、一方で白身の魚を使ったお寿司のカロリーは低めです。例えば、カレイなら2貫で70キロカロリー、脂が多そうなイメージのヒラメの縁側も75キロカロリーです。

タイなら100キロカロリーと中くらいですが、トロやサーモン、玉子などと比べれば格段にヘルシーだといえるでしょう。

お寿司を楽しむという観点からも、こうした白身のお寿司の美味しさを知ることはとても大事です。トロをたくさん食べるよりも白身のネタの良さを味わうことの方が通だとも言われますので、ダイエットついでに白身のネタについて研究するのも良さそうですね。

 


お寿司のカロリー:貝類や甲殻類もカロリーが低い!


白身魚と同じく、あるいはもっとカロリーの低い寿司ネタといえば、貝類や甲殻類です。お値段もお手頃なイカなら2貫で90キロカロリー、生エビは82キロカロリー、赤貝は80キロカロリー、そしてアワビは60キロカロリーです。高タンパク低カロリーのカニも2貫で約80キロカロリー。

こちらも白身のネタと同じように淡白な味わいが魅力の寿司ネタですね。トロやサーモンのような華やかさはないものの、しっかり噛みしめて味わうとその味の深さに驚かされます。

 

以上、お寿司のカロリーについてのまとめ、いかがだったでしょうか。

大トロや中トロなど危険信号の出ている寿司ネタはやはりカロリーが高めであることがわかりました。少したしなむ程度なら問題ありませんが、たくさん食べてしまうととっても危ないでしょう。サーモンや、庶民の味方玉子にも要注意です。

一方、白身のお魚や甲殻類を使った寿司ネタはカロリーが低いことが判明しました。味のインパクトの強い赤身のお魚やトロに比べれば地味な印象ですが、しっかり味わえばその良さがわかってきます。お寿司の通になれるというおまけも。

最後に、お寿司への醤油のつけすぎには十分注意してください。淡水魚ならともかく、海で獲れた寿司ネタには若干塩分が含まれています。その上醤油をつけすぎると塩分過多になり、ダイエットには不利です。寿司ネタそのもののうまさを味わうためにも、醤油は控えめにしましょう。

 


■まとめ■


お寿司のカロリーの、高いものと低いものとは?

・カロリーが高そうなマグロのトロのカロリーは?
・意外にカロリーが高いのは玉子といなり寿司
・脂たっぷりのサーモンのカロリー
・通の味、白身のネタはカロリーが低い
・貝類や甲殻類も低カロリー