彼女の妊娠がわかった時に、男性がまずすべき7つの行動

彼女の妊娠がわかった時に、男性がまずすべき7つの行動
彼女の妊娠が分かった時、男性は先ずどうするのが適切だと思いますか。妊娠というのは、カップルにとって、もはや二人だけの関係でいられなくなるという、重大な出来事ですよね。結婚後の妊娠であれば、それほど騒いだり動揺したりすることはないですが、未婚のカップルの場合には、一種の修羅場にもなりかねません。

ではそのような場面をどう乗り切ればよいのか?そこで今日は彼女の妊娠がわかった時に、男性がまずすべき7つの行動についてお伝えします。さあ、今から一緒に考えていきましょう。



 


彼女の妊娠がわかった時に、
男性がまずすべき7つの行動

 


先ず、妊娠した彼女と胎児の健康状態を病院で確認してもらう


何にも増して、妊娠したとなると、「健康状態」が真っ先に重要な事柄となります。それも、母体である彼女だけでなく、胎児も含めた健康なので、たとえ妊娠初期で普段通りに生活していても、絶対安静であることに変わりありません。

それゆえ、彼女には必ず産婦人科の病院の診断を受け、通院してもらうということになります。少なくとも、その約束を電話で行い、折に触れて報告を受けながら確認することは、最低限、必要な事柄となるでしょう。

 


中絶の場合のその可否について、病院で確認しておく


彼女の妊娠が判明したとして、次にカップルの間で必要となる事柄は、「中絶するか否か」の決定です。

なぜなら、婚前前のカップルの妊娠であることから、二人の関係の継続ですら確約していないうえ、子どもまでとなると、その養育の可否が大きな問題となってくるからです。多くの場合、カップルは出来ちゃった結婚に踏み切りますが、経済的な事情などによって中絶を余儀なくされるカップルもいます。

そこで、彼女を妊娠させてしまった彼は、中絶が可能な時期を産婦人科に確認しておく必要があるといえるでしょう。少なくとも、その確認を彼女に頼んでおくべきであるといえます。

 


子どもが生まれた場合の二人の今後の人生について検討する


さて、彼女の産婦人科通いが始まったとして、今度は彼女と二人の今後の人生について話し合う必要が生じます。

二人はこれから一緒になり、新たな人生をスタートさせるのか、それとも、結婚はしないけれど、子どもだけは産むのか、あるいは、子どもは授からず、二人の関係は続けるのか、などの選択があります。

これはあくまで二人の問題なので、判断基準があるわけではありませんが、やはり、それぞれの人生設計をよく考慮したうえで決定するのが妥当であるといえるでしょう。

 


経済状況を確認し、今後に備える


男性は、彼女が妊娠した時点で、自分と彼女の経済事情を確認するという作業を始めなくてはなりません。

彼女が出産後、職場に復帰するのかどうかも含め、二人が子どもとともに世帯を構えた場合の今後の収入を案じなくてはならないのです。もし、その時点で十分な収入が得られていないのであれば、転職を検討するか、副業を追加するなど、何らかの対応をせねばなりません。

彼女が出産後、職場に復帰して、共働き世帯となるのであれば、それまでの金銭のやりくりなどについても、二人で相談し合うとよいでしょう。

 


彼女の両親に挨拶に行く


それから、婚前カップルが妊娠に至った場合には、必ず、それぞれの両親、少なくとも、彼女の両親に挨拶に行くことが必要不可欠であるといえます。

これは、社会的な道義であると同時に、二人の両親に対する誠意の示しでもあります。たとえ婚前であっても、両親の前で妊娠を認めてもらうという一種の認知を受けることで、二人の妊娠をめぐる関係は一応の事実的安定を得ることになるのです。

場合によっては、反対されることもあるかもしれませんが、それも、婚前であるがゆえに二人が乗り越えなくてはならない一つのハードルであるといえるでしょう。

 


彼女の医療費の負担について、その態様を二人で決定する


そして、そういった段階を踏んだとしても、妊娠中に亘り、金銭に関する事柄は、依然、重要であり続けます。

そんな中、男性は彼女との間で、妊娠に関して要される費用、つまり、医療費に関する話し合いをきっちりとしておくべきでしょう。

男性の側が全額負担するのか、あるいは、彼女と折半するのか、または、彼女がシングル・マザーとして全額負担するのか、二人の関係性に応じて決定するとよいでしょう。

 


彼女の健康状態につき、折に触れて気遣い、確認をとる


婚前カップルの場合に、男性が妊娠させてしまった彼女を気遣わず放っておくといった態度をとった場合、彼女はとても不安に駆られることになるでしょう。

その時点で二人が仲たがいする何らかの事情があって、そうなってしまった場合には、そのような事態も致し方ありませんが、健康状態の維持は無事出産するためには欠かせない事柄であることから、出来る限り、男性は彼女を気遣う必要があるといえるでしょう。

遠距離カップルの場合でも、電話でのやり取りなどにより、何らかの誠意を示しましょう。

 

以上、7項目に亘って、彼女の妊娠がわかった時に、男性がまずとるべき行動についてお伝えしました。いずれにしても、段階を踏んで手続き手順を処理していくこと、人間関係における誠意を尽くし、経済面での義務を果たすことなどが最も大切なポイントであるといえます。

何らかのどうしてもやむを得ない事情によって、ポジティブな結果に至ることができないなどの場合を除いては、なるべく「出産」という出来事を「慶び事」として肯定的に捉えましょう。

 


まとめ


彼女の妊娠がわかった時には

・先ず、妊娠した彼女と胎児の健康状態を病院で確認してもらう
・中絶の場合のその可否について、病院で確認しておく
・子どもが生まれた場合の二人の今後の人生について検討する
・経済状況を確認し、今後に備える
・彼女の両親に挨拶に行く
・彼女の医療費の負担について、その態様を二人で決定する
・彼女の健康状態につき、折に触れて気遣い、確認をとる