成長期の子供の身長を伸ばす!食事で気をつける7つの事

成長期の子供の身長を伸ばす!食事で気をつける7つの事
検診などで子供が低身長と言われたり、周りの子と比べて小さめだと気になります。子供が小学生くらいになると「どうにかして、身長が伸びる方法がないの」言われて思い悩まれていませんか。

子供によっては小柄な家系でも普通に伸びる子と小さい子がいます。

では、伸ばすために何をしていけば、いいのでしょうか

何よりも大切なのは、良質の睡眠です。やはり寝る子は育つは言葉とおりのようです。

又ストレスの緩和も大切です。脳からのホルモンも大切です。そして、なによりも大切な事はバランスのとれた食事です。その中でも特に身長に特化した食事7種類をご紹介します。子供ががすくすく育ってくれる事でしょう。



 


成長期の子供の身長を伸ばす!
食事で気をつける7つの事

 


身長を伸ばす4大栄養素を知ろう


身長を伸ばす栄養素は4種類あります。カルシウム・タンパク質・マグネシウム・亜鉛という栄養素です。その栄養素を多く含んだ食物をよく知って食生活にバランス良く取り入れていくことが大切で  すね。

 


身長を伸ばす栄養素を含んだ食材を知ろう


タンパク質は卵・豆・肉。魚となっています。カルシウムは牛乳・小魚・緑黄色野菜に含まれています。マグネシウムはわかめ・ひじきなどの海藻類に多く含まれています。亜鉛は牡蠣・しじみ・レバーなどに含まれています。

たんぱく質を摂るなら植物たんぱくの豆腐などは取り入れやすいですね。又お子さんの好き嫌いなどもあるので調理の工夫も大切です。

 


身長を伸ばすホルモンを分泌させる栄養素があること知ろう


牡蠣やしじみなどには成長ホルモンの鍵となるオルニチンが多く含まれています。又オルニチンの働きを助けるアルギニンはチーズに含まれています。

より多く摂取させることによって成長ホルモンの分泌を促進させます。

 


緑黄野菜を一緒に摂取させよう


緑黄色野菜には豊富なビタミンミネラルをたっぷり含んでいます。ビタミンはカルシウムなどの吸収を促進させる効果があります。

その他にカルシウムも含んでいます。小松菜・ほうれん草・ケール
ブロッコリー・かぶ・大根の葉などはできれば毎日摂取させましょう。

 


良質なたんぱく質の補給を心がけよう


子供が肉嫌い・魚嫌いなど好き嫌いがある場合。又近年肉の問題も沢山あります。大豆たんぱくの豆乳などはおすすめです。

無調整なもを選ぶことも大事です。また近頃腸を鍛えるヨーグルトのLG21なども話題ですね。さらに豆乳と玄米で作る豆乳ヨーグルトはたんぱく質の補給とぬか漬けなどと同じビフィズス菌で腸から元気にしていく効果もあります。

又自然に近いサプリメントもいいでしょう。

 


インスタント食品は控えよう


骨の成生には骨の末端にある骨芽細胞がカルシウムを使って骨を作っていきます。その際リンとミネラルいう栄養素が軟骨にする役割があり、リンが不足すると身長も伸びませんが、リンが過剰になれば、骨を溶かという弊害もでます。

インスタント食品やサイダーなどにはリンが多く含まれるため摂りすぎになると良くありません。
添加物にも気をつけたいですね。
インスタント食品は時々の楽しみにしましょう。

 


食事は寝る2~3時間前に済ませよう


成長ホルモンは血糖値の下がった夜間に分泌されます。

就寝前に食事を摂るとホルモンが分泌されなくなります。遅くなった時は炭水化物などは避けたんぱく質を摂るようにします。ゆで卵や豆腐・味噌汁などがいいでしょう。

 

いかがですか。子供の食事には大人が知識をもって摂取させていくことが大切なことですね。

身長を伸ばすだけではなく食育となって心身ともに成長すること間違いないですね。さらに家庭では学校などのストレスを和らげてあげることも考慮してあげて下さい。

ストレスも成長ホルモンの分泌を阻害するので、家ではのびのびとできる環境を作ってあげることです。又睡眠ホルモンのメラトニンの働きも大切だそうです。

早寝早起きは性ホルモンを抑制するので思春期を遅らせることも身長を伸ばす効果になります。

 


まとめ


成長期の子供の身長を伸ばす!食事で気をつける7つの事

・身長を伸ばす4大栄養素を知ろう
・身長を伸ばす栄養素を含んだ食材を知ろう
・身長を伸ばすホルモンを分泌させる栄養素があること知ろう
・緑黄野菜を一緒に摂取させよう
・良質なたんぱく質の補給を心がけよう
・インスタント食品は控えよう
・食事は寝る2~3時間前に済ませよう