酵素の作り方を知って今日からダイエットを始めよう!!

酵素の作り方を知って今日からダイエットを始めよう!!

酵素の作り方はご存知ですか。そもそも、酵素って何なのかご存じですか。最近、酵素って流行っているし、広告なんかでもよく酵素という言葉が出てきますが、みなさん、酵素って具体的にどんなものかご存じでしょうか。何となく、酵素って身体にいいものらしいということくらいしかわかっていない方、実は多いのではないでしょうか。酵素というものが、いったい何なのか全然わからずに、とりあえず健康に良いらしいから、酵素ドリンクを買って飲んでみようかな、という方も。

でも待って! 酵素とはいったいどんなものか、とりあえずわかってから摂取することにいたしましょう。それに、わざわざ市販の酵素ドリンクを買う必要はありません。酵素ドリンクを自宅で作ることだってできるんです。酵素の作り方をマスターして、自分で作った安全な酵素ドリンクを飲んで、自然にダイエットをいたしましょう。

というわけで、今回は、酵素の作り方をお伝えいたします。



 


酵素の作り方を知って
今日からダイエットを始めよう!!

 


酵素って何?


私たち人間の身体の中だけでなく、生きているもの全ての中に、酵素は存在します。この地球上の全ての生きものの中に酵素は存在するのです。私たち人間の身体の中にも、何十種類もの酵素が存在しており、大きく二つの種類に分けることができます。代謝酵素と、消化酵素です。

 


代謝酵素とは


代謝酵素とは、細胞分裂を促したり、ケガをなおしてくれる大切な酵素です。呼吸一つするのにも、代謝酵素なしにはできません。また、脳や心臓、肺、腎臓や肝臓など、全ての器官を働かせるために、代謝酵素が必要です。代謝酵素なしには、私達の身体は何も動かず、生きていけないということがよくわかりますね。

 


消化酵素


消化酵素は、その名の通り、消化を助ける酵素です。この酵素が不足すると、消化が進まず、肥満につながります。また、しっかりと消化が進まないと、血液もドロドロになり、血流も滞りますから、健康にも悪いですね。この消化酵素は、食べ物にも含まれていますので、食べ物からも摂取することが可能です。ただし、消化酵素は熱に弱いので、生の食材を摂取すると、しっかり酵素を取ることができるでしょう。果物や、生野菜のサラダ漬物などがいいですね。

私たちの身体の器官の働きを助けてくれる代謝酵素と、消化を助ける消化酵素。食べたものを、しっかりと消化して、それがエネルギーに変わると、燃費のいい身体になり、痩せやすい身体になってゆります。酵素ってとっても大切ですね。

さあ、この辺りで、酵素に興味を持ってきたあなたに、いよいよ、酵素の作り方をお教えいたしましょう。

 


酵素を作ってみよう


酵素を作るのにピッタリの季節は、春と秋です。命が芽吹く春、さあ、花粉症で鼻水がつらいからといって、家に閉じこもってばかりいないで、カゴを持って、春の野草を摘みにいきましょう。春の光に向かって、ぐんぐんのびてゆく春の野草で、春の酵素を作ります。タンポポ、ヨモギ、セリ、ツクシ、オオバコ、スギナ、ツユクサ、月見草、ドクダミ、クローバー、ミツバ、レンデソウ、ナズナなどで、春の酵素を作ることができます。

夏の暑さも過ぎて、過ごしやすい季節になってきた秋には、畑で採れた野菜や果物で、酵素を作ります。イモ、ニンジン、かぼちゃ、サツマイモ、セロリ、リンゴ、柿、あんずなどで、秋の酵素を作ることができます。

材料がそろったところで、いよいよ、酵素の作り方をお教えします。準備するものは、市販の漬物用の樽などの容器、大きなザル、包丁、まないた、計り、白砂糖です。

 


手作り酵素の作り方


・材料を水洗いします。
・材料を細かく切ります。刻んだ後の重さを量ります。
・刻んだ材料と砂糖を入れます。材料の重さに対して1.1倍ほどの砂糖を入れましょう。

そして、よく混ぜ合わせます。手が傷がついていると、雑菌が入って失敗のもとになりますから、使い捨ての手袋などを使用するとよいでしょう。ここまでの工程は、酸化を防ぐために、なるべく、素早く行います。

・容器の上に新聞紙などを置き、軽くフタをのせます。このときは、まだ密封はしません。
密封すると、生きた酵素のせいで、樽が膨張してしまいますので、軽く置く程度にします。
風通しのよい場所で、直射日光を避けて、保存します。
・5~6日間、毎日、手で樽の中を混ぜ合わせます。手はよく洗い、乾いてから混ぜましょう。手が傷ついている場合は、使い捨ての手袋などを使用します。
・5~6日間、かきまぜたら、大きなザルなどで漉しましょう。ミカンやタマネギの入っている袋を使用してもかまいません。
・こうして、絞り終わったものが酵素ドリンクとなります!

ここまでの過程で、雑菌が入らないように注意してください。容器に入れ、冷暗所に保管しましょう。春の酵素は、秋までに。秋の酵素は、春までに飲みきるようにしてください。

 

いかがでしたか。酵素の作り方わかっていただけましたか。酵素の作り方をマスターして、自家製の酵素ドリンクを作ったら、いろいろなことに使用できます。食事の前に酵素ドリンクを飲んだり、または、炊飯する前のご飯に、酵素ドリンクを一滴足らしたり、水を張ったボールの中に、酵素ドリンクを少量入れ、野菜や果物を浸してもおいしいですよ。

酵素の作り方を覚えただけで、健康的な酵素生活をはじめることができますね。また、酵素の作り方なんて、面倒くさくて覚える気にならないという方は、とにかく、生の野菜をしっかりとってみてください。

生の食べ物を摂取すると、自然に体内に酵素を取り入れることはできますから、消化酵素を沢山増やす手助けになります。食事の前にサラダを食べておくと、消化酵素が増える上、サラダでお腹を膨らませておくことで、食べ過ぎを防ぐこともできますから、ダイエットを目指す方には、とてもよい食べ方かもしれません。

私たちの身体の中の大切な酵素。酵素をしっかりと体内の中で増やすことで、消化がよくなり、気がついたら、まるでダイエットを頑張ったみたいに、自然に身体が痩せていた…! なんてことがあるかもしれませんよ。

 


まとめ


酵素とは

・代謝酵素と消化酵素がある
酵素の作り方は
・春と秋に作る
・5~6日間、風通しのよい場所に保管してかき混ぜる
・雑菌が入らないように素早く作る