サウナでダイエットをする時に気を付けたい7つのコト

サウナでダイエットをする時に気を付けたい7つのコト

女性も男性もサウナダイエットに興味がある人が最近多くなってきました。テレビでも多くの芸能人がサウナを趣味にしていますよね。ダイエットは様々で自身にピッタリ合う方法を探すのは至難の業です。ダイエットと言えば体内の無駄な物を出し切る事を一番最初に思い浮かべますが・・・。その方法としては食物繊維を摂取して便秘解消やサウナで汗を流し老廃物を排出するなど。その中でもサウナでのダイエットは即効性がありすぐに体重は落ちるという意味ではかなりの人が試した経験があると聞きます。

しかし即効性があると言うだけで果たしてそれを「ダイエット成功」と言って良いのかは疑問です。勿論サウナはダイエットという事以外にもリラックス効果があったり多量の汗が出てスッキリする爽快感などを味わえる効果もありファンも多いですよね。ではサウナは良いことばかりなのか・・・?サウナに入ってダイエットする時に気を付けなければいけない事や効果的な方法のお話です。



 


サウナでダイエットをする時に
気を付けたい7つのコト

 


サウナに入る前には必ず身体を洗う


サウナもやみくもに入れば良いと言う訳ではありません。当然効果を最大限に引き上げる入り方があるのです。サウナ ダイエットの効果的な入り方のポイントはサウナに入る前と入った後。その中でもまずして欲しい事はサウナに入る前にはかならず体を洗う事。これは身体に付着した汚れをとる目的があります。入浴前に洗い場で身体を洗ってから湯船につかるのにも意味があるのです。

もし汚れた身体のまま湯船に入るとしますよね。すると湯槽にはそんな汚れがプカプカ浮いている事になるのです。その状態が不潔なのは勿論ですが実はそんな汚れが毛穴から汗を流す邪魔をするのはご存知ですか。その後の色々な効果を上げるためにも身体を洗う作業は省かないで下さい。

 


サウナに入る前には湯船に浸かる


その様な事を踏まえた上で、まずは身体をしっかり洗ったら湯船に浸かり体を温めてからサウナに入ります。そうすることで心臓にかかる負担を軽減します。また身体が充分に温まった状態でサウナに入ると驚くほどすぐに汗が出てきます。最大限に汗を出すためのお手伝いになる訳ですね。10分を目安にして下さい。このサウナ ダイエットは思いっきり汗をかく行為自体が大きな力を発揮するのです。

 


サウナの前後はしっかり水分補給


サウナ ダイエットで肝心なのはサウナから出た後はしっかり水分補給!これ基本です。サウナから出た後は充分に水分をとらないと脱水症状になってしまいますから。『サウナで汗を流し火照った身体を一気に冷やすにはやっぱりキーンと冷えたビールでしょ!』ダメダメ!私の知人はそんな事を続けて痛風になってしまいましたよ。必ず直接関係があるとは言えませんが彼は自分の行動をひどく後悔しそれからはサウナの後は正しい水分補給を守り改善しました。

つまり水分補給は水やお湯などのカロリーゼロのものに限ります。サウナで流した汗、体内の不足してしまった水分をしっかり補う事が目的なのですから当然のことですね。またそこで充分に水分補給をしておけばその後の食事も過剰な食欲は抑えられるので一石二鳥です。サウナの後体重が減る現象はただ体の水分が出ていっただけ。次の日には体重が元に戻っています。しかし体重が減ったのをキープしたいからといって無理は禁物ですよ。

サウナでは大量に発汗します。発汗分の水分を補うための入浴前の水分補給(スポーツドリンクなどがベター)も大切なのです。サウナ ダイエットで健康を害したりしたら何の意味もありませんからこれは必ず守って下さい。

 


サウナは食事の前に


ひどく疲れている時は勿論、飲酒時には逆効果になりますのでサウナに入るのは避けるべきです。普通の入浴同様満腹状態の時にも身体には負担がかかります。食事の直後は消化のために血液が胃に集中している状態です。サウナに入ると血行がよくなり血液が分散してしまい胃に必要な血液が回らなくなります。

その結果気分が悪くなったりするケースもありますので食事直後は避けた方が良いのです。極度の空腹状態では気分が悪くなることもありますので体調に異変を感じた場合にはすぐに止める事が肝心です。だいたい食後1~2時間は空けた状態がベストなコンディションと考えると良いと言われています。サウナ ダイエットをするのなら食事との絡みもしっかり考えた上で計画的に行う事が大切です。

 


長時間のサウナ浴は危険


サウナで減った体重はほとんどが汗・・・つまり身体の水分が抜けただけとは言いましたが、ただじっと座っているだけなのにその割りには消費カロリーが高いのも事実です。サウナに一時間いるだけで150キロカロリーも消費する事ができるのです。一時間のウォーキングは疲労を伴いますがサウナでの一時間は疲れを感じる程ではない筈です。しかも老廃物を汗と一緒に外にだせるのですから良い事ばかり。では長ければ長い程効果もあがるのではないかと考える人も少なくないですよね。

様々なメリットがあるサウナでのダイエットですが一般的な日常生活の環境よりもかなり高温の状態にあります。そんな環境に長時間いれば慣れていない身体は不調を感じてしまう可能性が高いのは当然です。夏場の熱中症同様、水分不足以外でも体温の上昇し過ぎによる体調不良にも繋がりかねません。サウナの設定温度にもよりますが1回は10分から20分を目安にして休憩を取りながら数回に分けて続ける事が重要です。

室内の構造が段々になっているサウナ室がありますがその場合上段の方が熱いという事は覚えておいて下さい。自分の体調を見ながら場所や時間は臨機応変に。決めた時間だけは粘るといった無理はいけません。サウナ ダイエットは自分の身体と相談しながら・・・というのが基本です。

 


クールダウンは注意が必要


スーパー銭湯などのサウナであれば立派な中庭があったりして外気でクールダウンするのも良いもの。外の風にしばらく当たって身体をしっかりクールダウンさせます。シャワーもしくは水風呂に入るクールダウンにもありですがこれには注意は必要です。いきなり水風呂にドボンは厳禁!必ず心臓から遠い足先から順に水をかけていきます。また水風呂に浸かっても30秒~1分程度では出るようにして下さい。特に循環器系、心臓疾患や不整脈のある方は水風呂は避けた方が無難です。シャワーか外気でクールダウンにとどめておきます。

サウナと水風呂は血行を活発にしますが循環器系への負担になりますので自分の体調を見て判断する事が大切なのです。またクールダウンとサウナを繰り返す場合、シャワーや水風呂で身体に付いた水分をそのままにした状態でサウナに入るのは良くありません。サウナ ダイエットという意味では発汗作用という点で効果が落ちるのでサウナに入る際には身体の水分はしっかり拭いてから入ります。

 


ファスティング中のサウナ入浴は要注意


ファスティング中…つまり一言で言えば断食や絶食中の身体には特に糖分が不足している状態です。その様な状態でサウナに入っても思った様な効果は期待できないと言います。もし不足分の糖分を補って運動やサウナ入浴をしても今食べた糖分を使ってしまうだけで意味がないのです。空腹時の運動やサウナ・・・そして酵素ドリンクで代謝をアップしているからこそ効果的に溜め込んでいる脂肪を燃焼するのですから。

また糖分は脳の栄養源でもあります。それが不足している状態でサウナに入りボーッとしてしまう心配もあります。更につい水分補給を忘れてしまったりしたら脱水症状で倒れてしまう可能性までありとても危険です。サウナ ダイエットは脂肪燃焼が目的ですからファスティング中のサウナ入浴は身体に大きな負担をかける事になるだけなので避けた方が賢明です。

 

いかがですか。以上がサウナダイエットをする時に絶対に気を付けたい7つのコトです。ご存知の様にサウナはむくみや体に溜まった余分な水分を出すのには最適な方法です。デトックス効果もありスッキリした気分にもなれます。しかしそれは直接的なダイエット効果ではなく『痩せやすい体』を作るという意味合いが強いものなのです。

人間の身体には汗と一緒に体内の老廃物も排出する仕組みがあります。更に体内の不要なものを出せば痩せやすい体にもなれるのです。身体が暖まり汗をかくと血液の巡りも良くなります。マッサージ効果も上がり代謝も良くなるのです。つまりサウナが痩せさせてくれるわけではなく、サウナで痩せやすい体を作りそこに適度な運動や食事制限を組み合わせるとダイエット効果が期待出来ます。

 


まとめ


サウナダイエットで気を付けたい事

・サウナに入る前には必ず身体を洗う
・サウナに入る前には湯船に浸かる
・サウナから出た後はしっかり水分補給
・サウナは食事の前に
・長時間のサウナ浴は危険
・クールダウンは注意が必要
・ファスティング中のサウナ入浴は要注意