ジョギングの消費カロリーを知ってダイエットに活かす方法

ジョギングの消費カロリーを知ってダイエットに活かす方法

ジョギングの消費カロリーがどれくらいかご存知ですか。知らない人の方が多いですよね。けれども、ダイエットのためにジョギングをしようと思うなら、どれくらい走ったら、どれだけのカロリーを消費できるのか知っておいた方が、より上手にダイエットをすることができます。

ただやみくもに走ればいいというわけでもありません。やはり、ジョギングをして、ダイエットをしようと思うのならば、それなりのコツや、やり方があります。走るのが好きだし、最近太り気味だし、もっとスマートにシュッと綺麗になりたいから、ジョギングをはじめてみようかなあなんて思うのならば、まずは、ジョギングの消費カロリーを知り、そして、ダイエットに活かすための走り方を知りましょう。

それでは、ジョギングの消費カロリーとジョギングダイエットの方法をお伝えします。



 


ジョギングの消費カロリーを知って
ダイエットに活かす方法

 


ジョギングの消費カロリーを求めるための簡単な計算方法があります。


ジョギングの消費カロリー=体重×距離

この式で、大体のジョギングの消費カロリーを知ることができます。これを見てわかる通り、同じ距離でも、体重が重ければ重いほど、ジョギングの消費カロリーは多くなることがわかります。

例えば、60キロの人が8キロ走ったとすると、ジョギングの消費カロリーは、480カロリー。70キロの人が8キロ走ったとすると、ジョギングの消費カロリーは、560カロリーという計算になります。

どれだけ走ったら、どれくらいのカロリーを消費するのか知っておけば、目標設定もやりやすくなります。どれだけの効果が得られるか知っておいた方が、走りがいがありますね。

 


距離の測り方


自分の体重を測るのは簡単です。体重計に乗るのは気が進みませんが、体重計に乗ってしまえば、自分の体重はわかります。問題は、ジョギング・コースの距離ですね。正確には何キロあるのかくわしく知らないという人の方がほとんどではないでしょうか。

最近では、「加速度センサー」という機能がついた万歩計があります。この機能を使えば、正確に走る速度を計ってくれるので、そこから、正確な走行距離がわかります。スマホのアプリなども使ったら、走行距離を測ることができますよ。

ジョギングコースの走行距離を測り、そのコースを走れば、どれだけのカロリーを消費できるか知りましょう。自分のジョギングの消費カロリーを知れば、ダイエット計画を正確に立てやすくなります。計画を立てて、秩序だったダイエットを行いたい人に大変おすすめの方法です。

 


速筋と遅筋


人間の身体についている筋肉には、大きく分けて、速筋と遅筋と二種類あります。速筋は、瞬発力に優れ、遅筋は持久力に優れています。速筋は白筋ともよばれ、その名前の通り、白い色の筋肉です。白身魚を思い出してください。白身魚にくっついているのが速筋です。

遅筋は、赤筋とも呼ばれ、赤い色の筋肉ですから、赤身の魚を思い出していただくといいでしょう。赤身魚にくっついている赤い筋肉こそ、遅筋です。赤身の魚といえばマグロやカツオなどですが、遠距離を常に泳ぎ回っているので、相当な持久力が必要ですよね。ですから、赤筋でおおわれているのです。

ジョギングダイエットをする時に考えてほしいのが、この速筋と遅筋です。速筋を鍛えれば、筋肉ムキムキのガッチリ体型になるでしょう。見るからに身体の強そうなムキムキの人はよくいますが、ああいう体型になることができます。

遅筋を鍛えると、ムキムキになることはありません。しなやかにぐっと引き締まった体を手に入れることができます。筋肉をつけたいけれど、ムキムキになることは避けたい…と思っているのならば、遅筋を鍛えるような走り方をするとよいでしょう。

では、どのような走り方が、遅筋を鍛えるのでしょうか? ゆっくりと長時間走ることです。速く走らなくていいんです。ゆっくりでいいんです。とにかく長い時間走り続ける。足を動かし続けることです。

足が重たくなってきたら、途中で休憩をはさみましょう。毎日続けるうちに、遅筋が鍛えられ、長い時間走っても、足が疲れなくなってくるでしょう。ジョギングでダイエットをしようと思ったら、速筋ではなく、遅筋を鍛えることがコツです。

 

いかがでしたか。ジョギングでダイエットをしようと思ったら、まずは、消費カロリーを計算すること。大体の消費カロリーがわかれば、ジョギングコースも決めやすくなります。

毎日決まったコースを走るのもいいですが、いろいろな道を走ってみるのも楽しいかもしれません。あんな道を発見した、うちの近所にはこんな道があったんだとちょっとした冒険気分でジョギングをすれば、疲れも忘れて、長時間走ることができます。

こんな花が咲いていたんだ。こんな公園があったんだ。目をこらしてみれば、発見はたくさんあります。いつも見慣れたはずの道も、会社に向かってせかせかと歩くのと、まわりの景色を楽しみながら、ゆっくりと走るのとでは、全然違う道に見えます。ジョギングを楽しむということも長く続けるコツになるでしょう。

ダイエットは一日では成功しません。毎日続けることが大切なのです。苦しいだけでは続きませんから、いろんな楽しみを発見しながら、素敵なジョギングダイエットを行ってください。

 


まとめ


ジョギングの消費カロリーを知ってダイエットに活かす方法は

・ジョギングの消費カロリーを計算する
・ジョギングコースの距離を測る
・速筋と遅筋の違いを知って、ジョギングダイエットに活かしてみよう