産後の骨盤矯正におすすめな運動法はコレだ!

産後の骨盤矯正におすすめな運動法はコレだ!

女性にとって赤ちゃんを産む・・・つまり『出産』は人生の中でも一番の大仕事ですよね。産後の体型が気になるという意見を持つ方はとても多いものです。また産後の女性の身体は想像以上にあらゆるダメージをうけているものです。回復するのにもかなりの時間がかかります。周囲の方達には充分労わって貰って下さいね。それと同時に産後の骨盤の矯正も体力が回復し次第出来るのが理想です。

赤ちゃんが産まれた喜びと同時に母になる訳ですが一人の女性である自分も忘れてはいけません。美容面・健康面と骨盤矯正がもたらすメリットも様々ですがいづれにしても効果的な方法がいくつかありますので今回はそんな産後の骨盤矯正におすすめな運動法についてお伝えします。



 


産後の骨盤矯正に
おすすめな運動法はコレだ!

 


ゆっくり腰を回し骨盤を左右に押しこむ運動


産後は産まれたて赤ちゃんを抱え育児の忙しさから自分にかまっている時間などなくご自身の身体のケアを怠ってしまうのも仕方がないのが事実です。しかしタレントやモデルさんたちは出産後驚くほど短時間で見事に体型を戻してしまいますよね。これは産後ダイエットに適したタイミングで骨盤矯正に効果的な正しい運動を行っているためといわれます。

これは出産のため歪んだ骨盤が戻りやすい産後6ヶ月までの時期に骨盤を正しい位置に導くことで体型を妊娠前の状態に戻すことが可能になるのです。骨盤矯正は一番簡単な方法としては整体や整骨院で行うこと。しかし赤ちゃんの面倒を見て貰う状況にないことや育児で忙しいママにとってはなかなか困難で出来る事なら自宅でコツコツ出来る方法があれば助かりますよね。

そんな方法のひとつに産後の骨盤のゆがみをチェックしつつ骨盤矯正につながる体操があります。この運動をすると回しにくい方向があるのに気付くと思いますがそれがあなたの骨盤のゆがみが大きくなっている状態です。ポイントは急がずゆっくり腰を回すのがコツです。その運動方法は足を肩幅に開き顔や体をまっすぐに向ける姿勢をとります。次に手は腰に当てて左方向に2~3回大きく回し同様に右方向にも2~3回大きく回します。

太ももの上あたりにある骨盤の出っ張りを探してみて下さい。それが見つかったらまっすぐ立ちその骨盤を右方向にしっかり押し込みます。同様に今度は骨盤を左方向に押し込みます。この一連の流れの運動をセットで行うと産後の骨盤矯正には驚くほどの効果を発揮するのです。

 


ひねる運動


産後の骨盤に効く運動は即劇的な効果があるわけではありません。しかし毎日繰り返し行うことで少しずつ体が引き締まるものです。ガードルやウエストニッパーなど骨盤矯正グッズを併用しながら毎日楽しんで続けてみて下さい。産後、骨盤の歪みがある状態であれば腰をひねったときに違和感があるものです。それを毎日続けることで産後の骨盤のずれを実感及び改善することができます。

その方法はこうです。まず両足を開き気味に伸ばして座る基本の姿勢をとります。左手をお尻のうしろに置き右手は股の間に置きます。次に息を吐きながら体を左側にひねってみてください。そのひねった状態で右手を左手の上、つまり両手がお尻のうしろに重なった状態にします。息を吸いながら元の位置に体を戻していきます。この動作を逆方向にも行うことで骨盤矯正になるのです。

もうひとつひねる運動です。足を腰幅に開いて伸ばして座り両手で左右の足の指を握ります。息を吐きながら右に体をひねり息を吸いながら元の位置に戻すという動作を逆方向、左にも行って下さい。産後の身体には最初は少しきつい運動かも知れませんが継続的に行う事で産後の骨盤が正しい位置に戻ると気持ち良い運動になるはずです。

 


産後にお勧めは3分間のラジオ体操


子供の頃から馴染みのあるラジオ体操は医療・スポーツ関係者の間でも大絶賛の体操で近年話題の運動です。トップアスリートもトレーニングに取り入れているほどの運動量で動かしている筋肉は400種類あると言われているのです。真剣に取り組んでみると意外に汗だくになりまた身体全体の歪みや骨盤の矯正にも効果があるのです。

更に効果的な時間帯というのがあってラジオ体操に限らず運動全般に言えることですが『夕方』に運動をするのが最も効果的なのです。その理由は人の体温が1番高い時間が夕方4時過ぎから6時くらい。つまりその一番代謝の上がる時間を狙って運動をすれば脂肪も燃えやすいというわけですね。

産後のママさんにとってはちょっと忙しい時間帯ではありますがラジオ体操ならばやっても3分間から3分半で終わる運動であるということはわかっていますので時間的にも気分的にもそれ程負担にはならないと思いますから是非お夕飯作りの合間に気分転換のつもりで是非試してみてください。

 


骨盤矯正まくら


たった5分でおへそ周りが3センチも痩せたという報告もある『骨盤まくら』。しかも矯正まくらとは言っても特別な専用のまくらが必要なわけではなくなんとどこのご家庭にもある『バスタオル』2枚あれば直ぐに作れるというものです。確かに以前メディアでも取り上げられて目にしたことがある方も多いのではないですか?

作り方はいたって簡単。バスタオル2枚を半分にたたみクルクルと巻いて幅30センチ程度の枕を作りビニールのヒモなどを使ってグルグル巻いて固定します。これをおへその真下にまくらの中心がくるように腰の下に入れ足を伸ばし親指が触れ合うようにハの字に内側へ向け手をグイッと伸ばして手の平を上に向け指が触れ合うようにします。

この時顔は真っ直ぐ天井を向きそのままの状態キープで5分間寝ているだけ。腰を痛めないよう必ず横向きになってから静かに起き上がるのがポイントです。因みにこの方法は日本の名医50人に選ばれた鍼灸師の福辻 鋭記 (ふくつじ としき)先生考案のダイエット法ということで信用性はあると思っていいですよね。

骨盤を正しい位置に導き内臓が上へ引き上げられることで継続するとポッコリお腹引き締めにはかなり効果が期待できるとのことです。また股関節も正しい位置に矯正されます。5分間この枕を使って寝るだけですので運動と表現して良いのかどうかは疑問ですが産後のお疲れやお忙しいママさんにとってこれはとても嬉しいことですよね。

 


自宅で行う骨盤矯正エクササイズ


お産でダメージを受けたママさんの身体が回復し始める産後1ヶ月~6ヶ月ころ、一方子育てで忙しくはなりますがそんな隙間時間でも簡単に骨盤矯正を行うことができる方法があります。悪露が落ち着く1ヶ月頃からなら疲れを感じない程度で取り入れていくことをお勧めします。効果が感じられるのは6ヶ月までが目安となりますがそれ以降も継続することは全く問題ありませんので体調の回復具合にあわせてエクササイズの強度をあげて行ってみて下さい。

そんな産後の骨盤矯正運動の例です。『骨盤まわし』は両足を肩幅くらい開き手は腰に当て右回りに10回まわします。この際上半身と足は動かさないのがポイントです。同様に左側も行います。左右10回ずつを1セットとし1日に5~10セット目標です。

『骨盤ウォーク』は足を前に出して座り背筋を伸ばし手は胸の前でクロスして固定。おしりではなく骨盤で歩くという意識を持ちながら左右の骨盤で10歩ずつ前に進みます。手で反動をつけたりせず骨盤のみで歩く意識が大切です。次は左右10歩ずつ骨盤で後ろ歩き。前歩き後ろ歩き各5回で1セット、2~3セットが目標です。

『前後屈エクササイズ』は両足を肩幅くらいに開いてまっすぐに立ち腰から曲げるように前屈をします。体の硬い人は無理せず少し勢いをつけて倒してもOKです。ゆっくり3~5秒ほどかけて最初の姿勢に戻ります。次は腰に手をあて苦しくならない程度に腰から後ろに倒していきます。この前後を1セットとし1日5~10セットが目標です。

『骨盤つき出しエクササイズ』は仰向けの状態で手は両脇の横に置き膝を立てます。そのまま骨盤を突き出すように上げその姿勢を1分間キープします。ゆっくりと背中と骨盤を床につけ床と骨盤が離れないように脚を伸ばします。1日3回が目標です。

そもそも産後の矯正とは妊娠や出産にともなう骨盤の開きを正すものですから是非積極的に行ってみることを全ての産後のママさん達にはお勧めします。

 

いかがですか。以上が産後の骨盤矯正におすすめの運動についてお伝えしました。出産後、体重は一気に落ちたのにお腹まわりのお肉がとれないと悩む女性は多いものです。その理由は骨盤が元の位置に戻っていないことが大きな原因でそんな産後の体型戻しに骨盤矯正はとても重要なことですから是非覚えておいてください。骨盤を正しい位置に戻すことで内蔵も正常な位置で機能し疲れにくく痩せやすい体質に改善することができるといいます。

勿論これらの運動をしたからと言って効果や結果には個人差がありますので必ずご期待にそえるかどうかは難しい所ですが骨盤矯正のための運動をやるとやらないでは将来のあなたに大きな違いが出ることは間違いありませんので是非お試しください。何もせず時間ばかり過ぎてしまい気付いた時にはどうすることも出来なくて後悔することのない様に・・・。

 


まとめ


産後の骨盤矯正におすすめな運動法はコレだ!

・ゆっくり腰を回し骨盤を左右に押しこむ運動
・ひねる運動
・産後にお勧めは3分間のラジオ体操
・骨盤矯正まくら
・自宅で行う骨盤矯正エクササイズ