美白化粧品の効果を発揮させる、7つの正しい使い方

美白化粧品の効果を発揮させる、7つの正しい使い方

女性の美を語る際、「美白」がキーワードになる事は、常識中の常識です。女性にとって「色白」になることは、永遠のテーマといっても過言ではないでしょう。

しかし、生まれつきの「白い肌」を持っている人であっても、日常生活の中で、その「白い肌」を維持する事は、実は、とても困難な事なのです。

日焼けをしない努力は勿論、また、肌コンディションを整えるための普段からの肌ケアや、食事や生活リズムに至るまでの様々な配慮が必要なのです。

肌ケアの方法の一つとして、美白化粧品は代表的な物でしょう。では、美白化粧品には、どんな物があり、それらの効果を最大限発揮させる方法をご存知ですか。そんな『美白化粧品の効果を発揮させる、7つの正しい使い方』をご紹介しましょう。



 


美白化粧品の効果を発揮させる、
7つの正しい使い方

 


継続的な使用が大切なのです


一般的に、日差しの強い真夏や紫外線の強くなり始める春には多くの人が紫外線対策を始め、美白化粧品を使い始めると思いますが、残念な事に、実は、それだけでは完璧な美白効果を期待する事は出来ないのです。

なぜなら、紫外線という物は毎日降り注ぎ、その紫外線を浴びた分だけメラニンが作られているからなのです。

シミとは、メラニンが長い時間をかけて蓄積されたもので、一度出来てしまったシミを薄くするのには、かなりの時間・手間・費用が必要となるのです。

そう考えると、白い肌を保つ為には、1年中美白化粧品を使用し、決してシミを作らない様に「予防」することが重要なのです。つまり、美白化粧品の効果を最大に発揮させるコツは、1年中使い続けるという事になります。

美白へのポイントは、一年を通して、肌の奥底まで水分を浸透させる事が出来る、あなたのお肌にあったスキンケアグッズを選び、365日繰り返しケアしてあげる事が大切です。

 


日焼け後に使用してはいけません


真夏のレジャーが楽しくて、つい日焼けをしてしまったなんて時、まず、あなたは何をするでしょう?おそらく、多くの人は、美白化粧品に助けを求めなければ!などと思ってしまいがちですよね。日焼けが「シミ」の原因である事は常識ですから仕方が有りません。

しかし、それは、逆効果。むしろ、絶対してはいけない事だとご存知ですか?実は、日焼け後の肌は軽いヤケド状態になっているのです。日焼け後には、肌が熱くほてっている事を実感する事でしょう。多くの美白化粧品に含まれる美白成分は、そのような状態の肌には刺激が強すぎます。

当然、ひどい日焼けのせいでヒリヒリと痛みを感じる事もあるでしょうが、美白化粧品がその原因である事も少なくは無いのです。 つまり、日焼けした肌に美白化粧品を使うのは状態を悪化させてしまう事なのです。

もし、美白化粧品を使用するのであれば、日焼け後2日間~1週間程度、様子を見て、肌の炎症やほてりが静まった後に使用を開始すべきでしょう。美白化粧品が刺激になりやすいため、日焼けした肌に使うと肌荒れの原因となるからです。

また、肌のほてりがおさまるまでのケアは、無添加の肌に優しい化粧水を選ぶようにしましょう。日焼け後の敏感な肌には、特に配慮や注意が必要なのです。

 


それぞれの使用方法を守りましょう


美白化粧品には使用する頻度や量に関して、正しい使用方法が明記されています。効果を期待するあまり、週に1回と書かれているのに、美白効果を高めるためと毎日使用したりする誤った使い方をするのは、肌トラブルの原因になってしまいます。

また、分量についても同様の事が言えます。たっぷり使えば効果が上がるとか、高価な物だから、勿体ないから少量にするなど、つい、してしまいがちな間違いです。

様々な美白化粧品には、それぞれの正しい使用方法がありますので、説明書やパッケージに書かれている通りの使い方を守る事が大前提となります。

 


しっかり保湿で最大限に効果をひきだしましょう


自分に合った良い美白化粧品が見つかって、継続的に正しく使用した場合、きっと、美白効果は現れるでしょう。そして、実は、更に美白化粧品の効果を引き出す方法があると言われます。

そのポイントは、徹底的に「保湿」をするという事です。徹底的な保湿をすることで、美白化粧品の効果が最大限に引き出せることができると言われています。

シミは、紫外線を浴びた肌が、乾燥してバリア機能が弱まり出来るものです。つまり、肌の乾燥がシミの原因となる訳です。逆に、肌が潤っていれば、肌のバリア機能が十分に働き、シミを出来にくくするのです。

肌をしっかり保湿することにより、美白化粧品の効果が充分に発揮されますので、目の下から頬骨にかけては、特に、紫外線を受けやすい部分ですので、この部分の保湿は重要です。

保湿するだけでも肌のターンオーバーを順調にし、シミを薄くする効果が高くなる訳です。また、お肌が乾燥すると、シミやシワが気になりだし、外部からの刺激にも弱く、トラブルを抱えやすいお肌になってしまうので、紫外線対策や保湿をしっかりして、トラブルのないお肌になりましょう。

 


「お肌のゴールデンタイム」を上手く利用しましょう


また、肌のターンオーバーを活発にするために、食事や睡眠といった生活環境が大事だということは一般的によく知られていますが、肌の活動時間帯を知る事で、美白効果を更に発揮させる事ができるのです。

人間の肌のメカニズムは、夜眠っている間に、内側から活性化してダメージ回復をしていると言われています。夜12時前後の4時間くらいを「お肌のゴールデンタイム」と呼ぶのはご存知ですか?

このゴールデンタイムの肌状態が、肌の内部にまで、美白成分を効果的に届けてくれるというのです。ですから、このお肌のターンオーバーに合わせて「夜の集中美白」タイプを試してみてはいかがでしょう。

この時、大切なのは、肌にやさしく保湿もできる美白美容液を選ぶ事です。また、化粧水と美容液では肌への浸透力違うので、美容液がお勧めと言われます。

更に、朝は、保湿力の高い化粧水と日焼け止め(顔用)をつけ、夜の美容液の効果を高めるお手伝いをします。日中の紫外線ダメージ防止も大切なのです。

 


自分の肌に合った美白化粧品を選びましょう


一口に美白化粧品と言ってもタイプや成分も様々です。無数に並ぶ美白化粧品の中から最も自分にあったものを探し出せかが鍵になります。

とは言え、本当に沢山ある商品の中から一つを選ぶにはどうしたら良いのでしょう。例えば、口コミで人気が高いものや、大手化粧品メーカーの物で知名度の高いものを選ぶという方法が一般的という意見が多い事と思いますが、実は、この様な選び方はお勧めではありません。

と言うのも、美白化粧品の成分を見ると刺激の強いものもあり、人によっては、自分の肌に合わない物を使用する事により、炎症を起こしてしまったりする危険もあるのです。

その様な事のない様に、美白化粧品を選ぶ際には、実際に使ってみて、自分の肌に合うものを選ぶ事が大切です。

美白化粧品に多く使われている医薬品のハイドロキノンという成分は、美容効果があり、シミを薄くする効果はあるのですが、そのハイドロキノンは酸化しやすく、肌への作用がとても強い特徴を持っているのです。

もし、肌に合わないのに、我慢して効果が現れるまで使用し続けてしまうと、炎症が起こしてしまうことがあるので気をつけて下さい。約3週間使い、効果が見られない、あるいは、肌に異常が見られる様なら、一度検討してみる事も必要でしょう。

3~6ヶ月で美白効果が現れるものもあれば、12ヶ月の使用でやっと力を発揮するものもあります。長期間使うものですから、自分の肌に合った美白化粧品を見極める事が大切なのです。来て

 


「予防」か「漂白・還元」か、どちらの特徴が大切ですか


一般的に美白化粧品には、配合成分の働きや特徴の違いから、メラニンを作る過程を阻害するもの(予防)と、できてしまったメラニンを薄くするもの(漂白・還元)の2種類があります。自分の肌質や目的を考えながら、美白化粧品を選びましょう。

例えば、比較的肌トラブルがなく、とにかく、できるだけ早くシミを薄くしたいというのが目的であれば、ハイドロキノンやビタミンC誘導体を高濃度配合した美容液がお勧めです。

また、乾燥肌で敏感肌の傾向がある場合には、肌に優しく、美白効果と保湿効果の両方の効果を持つプラセンタがお勧めです。

その様な成分配合量や処方などの情報は事前にしっかり確認し、慎重に検討するべきです。それをしなければ、せっかく購入使用し始めた美描く化粧品に、美白成分が充分配合されておらず、効果的でなかったり、肌に合わずにトラブルが発生するなどという事が起こる可能性が高くなるのです。

美白化粧品は、ほかの化粧品と比べるととても乾燥しやすいものが多い様です。ライン使いか、ポイント使いかを選ぶ事も大切です。

ライン使いをしてしまうと肌トラブルが起きるというケースもある様で、乾燥肌や敏感肌の方はポイント使いにして、他の化粧品やスキンケアはいつも通りにすることで、負担を軽くし、肌トラブルを起こさずに美白ケアをする事ができます。

 


じっくり、お付き合いしましょう


なかなか、目に見えて効果が出ない物は、継続していても実感が持てず、本当にこの美白化粧品で良いのか自信がなくなってしまいがちですが、美白化粧品は最低でも半年間、使い続け効果を見る事をお勧めします。

それは、肌のターンオーバーのサイクルが28日で、肌が新しく生まれ変わるまでに約1か月という時間が必要になります。

美白化粧品の効果が見えるまでには、更に時間が必要となる訳です。一般的には、3か月〜半年、人によっては1年かかる事もあると言われていますので、なかなか美白効果が出ないからといって、短いサイクルで色々な美白化粧品を試す事は、あまり意味のない事でしょう。

 

いかがですか。以上が、『美白化粧品の効果を発揮させる、7つの正しい使い方』です。近頃では、店頭には、様々な「美白化粧品」が豊富に並んでいます。自分に合う物を選ぶだけでも、かなり悩んでしまう程ですよね。

更に、やっと出逢えた自分にピッタリ!の優れた「美白化粧品」も、正しい使用法を知らずに使用するのであれば、宝の持ち腐れ、何の効果も期待できないばかりか、ひどい時には逆効果にさえなってしまうかも知れません。

健康的な小麦色の肌も時には良い物ですが、輝く白い肌は、あなたの魅力を最大限に引き出してくれるでしょう。女性の憧れ、陶器の様な白い肌を手に入れましょう。

 


まとめ


美白化粧品の効果を発揮させる、7つの正しい使い方

・継続的な使用が大切なのです
・日焼け後に使用してはいけません
・それぞれの使用方法を守りましょう
・しっかり保湿で最大限に効果をひきだしましょう
・自分の肌に合った美白化粧品を選びましょう
・「お肌のゴールデンタイム」を上手く利用しましょう
・じっくり、お付き合いしましょう