痩せたいのに痩せない人必見!体に合うダイエットの選び方

痩せたいのに痩せない人必見!体に合うダイエットの選び方

1日1000キロカロリー以下に抑えているのになかなか痩せない、炭水化物を抜いて、野菜ばかり食べているのに体重に全く変化なし、常にお腹がすいている状態でいつも食べ物のことばかり考えてしまう…など、食べていないのに痩せない、という状態に悩んでいる方は沢山いらっしゃいます。

ダイエットと言えば、食事量を減らしカロリー制限、甘いものは禁物、太りそうな食材は一切食べない等といった方法が一般に多く挙げられます。

しかし、実は、これらのダイエット方法は、逆に痩せにくい体を作ってしまう原因なのです。

特に現代人は、食べないことによって太る方も、現実に多く存在するのです。

その理由は、無理な食事制限による栄養失調を体が察知し、カロリーをなるべく消費しないようにと脳が命令を送ってしまうからなのです。

また、人それぞれの体質にあったダイエットでなければ、痩せるどころか、逆に太りやすい体質になってしまうこともあるのです。

今回は、痩せたいのに痩せない人の為の、体に合うダイエットの選び方をご紹介していきます。



 


痩せたいのに痩せない人必見!
体に合うダイエットの選び方

 


イライラ体質の方はオイルを積極的に摂ろう


油分を全く摂っていないのに、痩せないと嘆いている方、多いようです。しかし、油も良質の物を選べば、ダイエットの強い味方になってくれるので、しっかり摂取するようにしましょう。

良質の油とは、オリーブオイル、しそ油、ごま油等が挙げられます。良質な油は、女性ホルモンや脳内ホルモンのバランスを整えてくれるので、ダイエットにありがちな暴飲暴食を防ぎ、ストレスなくダイエットを行うことができるのです。

油は加熱すると酸化してしまうので、生で食べることをオススメします。一日小さじ2~3杯程度の油を、サラダやスープ、おかずに加えて食べましょう。

 


甘い物好きはお肉を食べてダイエットしよう


お肉が太ると考えていらっしゃる方も多いそうで、お肉を全く食べていないのに、痩せないと仰る方がいます。しかし、赤身の肉には代謝を上げて脂肪を燃焼する働きのある成分L-カルニチンが豊富に含まれており、痩せ体質を作ってくれる強い味方なのです。

また、お肉には筋肉の元となるタンパク質が含まれています。筋肉量が増えれば代謝も上がり、痩せ体質へと導いてくれます。さらに、甘い物を食べたい欲求を抑える働きのあるチロシンも含まれていますので、ダイエット中にやたらと甘い物が食べたくなる人は、お肉を摂りながらバランスの取れた食事をすることをオススメします。

お肉をニラやニンニクなどの香味野菜と一緒に食べることによダイエット効果が高まりオススメです。

 


便秘症の方はお米をしっかり食べてダイエットしよう


若い女性達の間ではお米は太りやすいからパンしか食べないという人が多いようですが、実はお米の方が太りにくい食材なのです。

昔から日本人が食べてきたお米は、私たちの体質にとても合っていて消化吸収も良く、普通に食べていれば太る心配は全くありません。逆に、パンやパスタ等の小麦製品は体内で分解しづらく、分解できなかった成分は腸壁に溜まってしまうといわれています。そうなると、腸内の活動が低下し代謝のダウン、結果、痩せないという状態に陥ります。

お米の中でも、玄米や雑穀米は白米に比べ、ミネラルや食物繊維が豊富なのでオススメです。白米に玄米や雑穀米を混ぜてバランスの取れた食事を心掛けましょう。

 


ストレスを抱えやすい人に我慢するダイエットは禁物


甘いものや揚げ物、炭水化物は全てカット、といった無理なダイエットを続けているのに一向に痩せないという方に警告です。我慢をしてダイエットすることは非常に難しく、必ずリバウンドすると言ってもいいでしょう。

体や心にストレスを感じると、脳は飢餓状態であると勘違いし、いざという時のために脂肪を蓄えようと働いてしまいます。また、ストレスは自律神経のバランスを崩すこととなり、痩せにくい体を作ってしまいます。

まずは、人間として当たり前の食事をして、生活習慣を見直しストレスフリーの環境を作ることがダイエットの基本です。それから、ご自分にあったダイエット方法を選ぶと良いでしょう。

 


痩せにくい人は食べる順番を変えてみよう


血糖値の上がりやすい人、太りやすい人は、食事制限をする際に食べる順番を変えることで、血糖値が上がりにくく、痩せやすい体質になれるのです。

きちんとカロリー制限しているのに、ちっとも痩せないという方は、食べる順番を見直す必要があります。

ポイントとしては、タンパク質(魚、肉、卵)を含むおかずを先に食べます。そして、次に野菜を食べる時はオリーブオイルなど脂質も一緒に摂ります。きのこ海藻類をたっぷりと食べた後、最後にご飯などの炭水化物を摂ります。ご飯などの主食も具沢山の味噌汁や大豆食品と一緒に組み合わせて食べれば問題ありません。

このように、食べる順番と食べる組みわせを意識することで血糖値が上がりにくくダイエットに繋がります。

 


運動ダイエットはストレスにさらされやすい30代にオススメ


ストレスを貯めやすい30代には、ストレスケアも同時にできるダイエット運動を続けることをオススメします。運動していても、体重がちっとも変わらないという方は、運動方法を見直してみましょう。

ストレスケアできるダイエット運動とは、リフレッシュできて運動が苦にならないこと、運動をした後に心身が気持ちよくなること、そのような運動です。

ようするに、自分の好きなことを運動にすることが最も良いと言えるでしょう。

ストレスは目に見えない分、意識がなかなか行かず、努力を怠りがちですが、ストレスをきちんと解消できれば体内機能も向上し痩せやすい体質になるのです。

 


過食体質の人はバランスの良い健康食から始めよう


過食の経験がある人は、痩せることに執着しすぎてしまい、余計に食べ物のことばかり考えてしまい、食べたいものを我慢することでストレスを増やしてしまいがちです。

食事の栄養内容よりもカロリーなどに気をとられていると、必要な栄養素が入ってこないため余計に過食に走ってしまうことになります。

一時的に少し太る事もあるかもしれませんが、まずは、おかしくなった食欲をリセットすることから始めましょう。バランスよく、主食であるご飯をきちんと食べ、タンパク質もしっかり摂り、バランスの良い健康的な食事内容に切り替えましょう。

食べたい時は極端に我慢せず、ヘルシーなものを食べるように心掛けるだけで、十分に痩せることは出来るのです。

 

如何でしたか。痩せたいのに痩せない方の多くが、食事制限すれば、食べない分、痩せられると思われています。

しかし、無理な食事制限は胃腸の働きを滞らせ、体は飢餓状態だと錯覚してしまい、結果、カロリーを消費できず脂肪を燃やすことが出来ない、痩せにくい体に陥ってしまうということがお分かり頂けたと思います。

また、個人個人の体質にあったダイエットを選択することが最も重要になります。その為には自分の食生活をもう一度見直し、きちんとバランスの取れた食事を摂ることが、大切です。適度な運動も取り入れて、健康的なダイエットを目指しましょう。

 


まとめ


痩せたいのに痩せない人必見!体に合うダイエットの選び方

・イライラ体質の方はオイルを積極的に摂ろう
・甘い物好きはお肉を食べてダイエットしよう
・便秘症の方はお米をしっかり食べてダイエットしよう
・ストレスを抱えやすい人に我慢するダイエットは禁物
・痩せにくい人は食べる順番を変えてみよう
・運動ダイエットはストレスにさらされやすい30代にオススメ
・過食体質の人はバランスの良い健康食から始めよう