ファスティングをする前にやっておきたい生活習慣

ファスティングをする前にやっておきたい生活習慣

ファスティングとは、断食のこと。三日間食事をとらずに、飲み物だけで過ごすことをファスティングといいます。ダイエットに興味がある人はきっと、ファスティングという言葉を知っていることでしょう。普段から食べすぎだなあと思っても、なかなか食事の量を減らせない人、暴飲暴食の人、お酒の飲みすぎの人、おやつの食べすぎの人などは、ファスティングをすると体が軽くなり、体によい効果をもたらすかもしれません。

けれども、三日間食事をとらないということは、とても気を付けないとかえって、身体を悪くしてしまう危険性もあります。正しい方法で行わないとかえって、身体に毒ということにもなりますし、倒れてしまう危険もあります。倒れてしまったら、元も子もありませんから、正しいファスティングの方法を知っておきましょう。

ファスティングをする前に準備しておくこともたくさんあります。まずは、そこからお伝えいたします。



 


ファスティングをする前に
やっておきたい生活習慣

 


甘いおやつや飲み物は控えよう


ファスティングを行う前は、少なくとも一週間は、甘い飲料水やおやつを控えましょう。普段からこのような砂糖がいっぱい入ったような甘いものを大量に摂取している人が突然、ファスティングをはじめたら、身体が血糖値の変化についていけず、ものすごくだるくなったり、疲労感にどっと襲われたりして、つらくてたまらなくなります。

また、普段から腰痛の悩みを抱えていらっしゃる方は、ますます腰痛がひどくなる場合もありますし、腎臓が炎症を起こしてしまう場合もあります。

健康のためと思ってファスティングをしたのに体調不良になってはたまりませんから、これらを予防するためにも、甘い飲料水やおやつは控えましょう。また、パンやうどんなどの小麦系の炭水化物も控えて、血糖値を安定させることが重要です。

どうしても甘いものがほしい場合には、フルーツを食べるようにしましょう。フルーツならば、おやつや飲料水などに比べて砂糖が少ない上、ビタミンやミネラルを豊富に補給できますから、ラクにファスティングをすることができます。

 


動物性たんぱく質を控えよう


ファスティング二日前からは、肉・魚・卵などの動物性たんぱく質を控えなければなりません。そのかわりにとるとよいものは、豆類、ワカメ、海草類、たっぷりの野菜、シイタケ、キノコ類、ショウガ、イモ、玄米、雑穀、漬物、酢の物などです。これらのものをバランスよく体に取り入れておくと、ミネラル・アミノ酸のバランスが整い、ファスティングにスムーズに入りやすくなります。

 


丹田呼吸


ファスティング前から、丹田呼吸を頻繁に行うことで、ファスティングにふさわしい体となっていきます。ファスティング中も積極的に、この呼吸を行いましょう。

・背筋を伸ばす。上半身はリラックスさせて、肩の力を抜く
・息をゆっくりと吐きながら、体を30度~45度ほど前方に傾ける。この時、自分の中にたまっている悩みや不満などを吐きだすような気持ちで行いましょう。
・息をゆっくりと吸いながら、体を元の姿勢に戻します。この時、空気中の良いエネルギーを体の中に取り入れるような気持ちで行いましょう。

この動作を繰り返し行うことで、血液循環がよくなります。ファスティング中は、食物エネルギーを取り入れることができないため、体が冷えてしまいますが、この丹田呼吸を行うと、ポカポカと体が暖まります。

ファスティングとは関係なくても、冷え性の方はぜひ行いましょう。また、丹田呼吸により、自律神経のバランスも整いますので、イライラするという方、ストレスがたまっているという方、更年期障害の方などにもおすすめです。

大げさなストレッチはなかなか時間がとれなくてできないという方でも、丹田呼吸ならば、いつでもどこでもすぐにできますよね。大事な仕事の前、一日のはじまりなど、いつでもどこでも思いついたら、丹田呼吸を行うと、血液循環が常によい状態となり、ファスティングにふさわしい体をつくることができます。

 

いかがでしたか。ファスティングをすると、普段から酷使している内臓を休ませてあげることができ、元気になることができます。実際に、ファスティングを行った人に聞くと、体が軽くなり、透きとおるような気持ちになって、空だって飛べそうなくらいだったということです。

体がこの頃重たいなあとか、内臓を使いすぎているよなあとか、きっと、暴飲暴食をしすぎて、体が悲鳴をあげているよなあ…なんて心当たりがある人は、ファスティングに挑戦してみてもいいでしょう。

ただし、知識もないままに間違った方法でファスティングを行うと、効果が上がらないばかりか、体調を崩してしまいますから、くれぐれもそれだけは気をつけましょう。しっかりとした準備、正しい知識を得ることが絶対条件です。プロの方に教えを乞いながら、ファスティングをするのも一つの方法です。自分独自の方法で勝手に行って、倒れてしまっては大変です。

きちんとした手順をふんでファスティングを行えば、新しい自分に出会えるかもしれません。内臓を酷使しているなあと反省している人、ぜひ、ファスティングに挑戦してみて下さい。

 


まとめ


ファスティングをする前にやっておきたい生活習慣とは

・甘いおやつや飲み物は控えよう
・動物性たんぱく質は控えよう
・丹田呼吸をしよう