口元を色っぽくさせるための7つの唇美容法

口元を色っぽくさせるための7つの唇美容法

あなたは男性が女性の姿を目に入れて、一番先に見る箇所はどこだか知っていますか。それは「唇」です。かわいいピンクの唇は永遠の憧れ。男性だけでなく、女性からも憧れますよね。グロスがあれば大丈夫!なんて言っているあなた。どんなに良いグロスでも、つける唇がガサガサでは魅力も無くなってしまいます。

そんなガサガサ唇にさようならしませんか。ぷるぷる唇になるために。男性のハートを射止める唇に。これから7つの秘策をお教えします。



 


口元を色っぽくさせるための
7つの唇美容法

 


まず唇をよく知りましょう


お手入れをするにあたって、まず唇の基礎知識を。唇は他の皮膚に比べて角質層が薄く、とても乾燥しやすい部分です。また、もともと天然保湿成分が少なく、水分を保持していくのが難しい部分なのです。

そのため、水分を逃がさないよう皮脂膜が作られ、カサカサな唇になってしまうのです。そんなナイーブな唇ですが、「リップクリームを塗っておけば何んとなかる!」だけでは魅力的な唇は生まれません。

 


リップクリームの効果的な塗り方


唇の保湿といえば、基本はリップクリーム。ひと塗りがむだにならないように、、効果的な塗り方を知りましょう。リップクリームは、唇に潤いを与えて荒れを【防ぐ】のが目的。荒れてから使っても遅いのです。

「薬用」「医薬部外品」と表記されたものは、唇ケアに有効な成分が入っているというものですが、唇の荒れを予防するという意味では基本的に同じです。「唇が渇いて割れてしまった…」と、これらのリップクリームを塗るのではなく、唇が荒れていない普段から、リップクリームで保湿ケアしておくことが大切です。お風呂あがりやスキンケアの最後に、リップクリームをたっぷり、縦ジワの中までしっかり入れ込むように塗るようにしましょう。

 


リップクリームのマッサージ


唇の色が悪くなる原因のひとつは、血行不良。温めたりマッサージをしたりして唇の血行促進を促しましょう。リップクリーム(出来ればクリームタイプのものがベスト)をたっぷりめに塗り、薬指で力を入れずにらせんを描くようにくるくるとマッサージをするだけ。

マッサージをする時に指先に力を入れ過ぎると、シワやシミの原因になってしまいますので、必ず優しく軽いタッチで行うことを心がけてください。

 


蒸しタオルで血行を良く


血行を促進するもう一つの方法は、蒸しタオル。電子レンジで30秒温めた蒸しタオルを作り、唇にしばらく当てます。血行が良くなり、ぷるぷるリップになります。これなら今すぐできそうですね。

はちみつパックでぷるつや唇に

もうリップクリームだけではどうしようもない!という人のために。リップクリームを超える唇のお助けパックです。「はちみつ」と言っただけで、なんとなくしっとりした感じがしますね。でもやりすぎにはご注意ください。逆に唇がふやけてしまいます。

1、蜂蜜とワセリン1:1(ティースプーン2分の1程度づつ)を混ぜる。

2、唇にぬって、ラップをはる。5分~10分

3、ティッシュでかるく押させえる

4、ワセリンを塗る。

 


リップクリームでもできるパック


自分に合ったリップクリームがある方。蒸しタオルはめんどくさいなぁ。またははちみつパックが合わなかった方のために、リップクリームでパックする方法をお教えしましょう。少し贅沢ですが、週に一度のお手入れだけでも効果が発揮できますので、お試しください。

1、リップクリームを多めに塗る。

2、7・8センチ四方ぐらいの唇を覆えるサイズに切ったサランラップで唇を覆う。

3、マスクをする。

いつも使用しているリップクリームを少リッチに使用することで、簡単にパックができてしまいます。これもお勧めの時間帯はお風呂の後の柔らかくなった唇へ。

 


紫外線対策をしましょう


唇は皮が薄くメラニンも少ないため、紫外線のダメージを強く受けてしまいます。しかも、メラニンが少ないからこそ焼けても黒くならず、焼けていることに気付きにくいので、ダメージを受け続けてしまう危険性が高いのです。

日頃からのケアはもちろんのこと、リップクリームも日焼け止め成分の入ったものを使いましょう。

 

いかがでしたか.唇というパーツは、当然のことながら、あって当然のパーツなんですが、気づいてみれば、こんなに繊細でかつ大切なパーツだったんだな、って気付かされます。肌の保湿はいろいろ騒がれますが、唇の保湿ってそう騒がれませんね。でも「唇」は肌より皮膚が薄い分、乾燥や紫外線の影響を受けやすいことがわかりました。

さあ皆さんも、今日からぷるぷる唇にチャレンジ。女子力全開にして男性の視線を釘づけにしてしまいましょう。でもくれぐれもやりすぎにはご注意を。せっかくぷるぷる唇を目前にして、もっとひどい状態に!では、泣くに泣けませんから。

 


まとめ


口元を色っぽくさせるための7つの唇美容法

・まず唇をよく知りましょう
・リップクリームの効果的な塗り方
・リップクリームのマッサージ
・蒸しタオルで血行を良く
・はちみつパックでぷるつや唇に
・リップクリームでもできるパック
・紫外線対策をしましょう