漢方でダイエット☆成功した人に聞く5つの事例

漢方でダイエット☆成功した人に聞く5つの事例

漢方薬を用いたダイエットできれいに痩せられた、という声は少なくありません。ですが、漢方とは言え、薬を飲んでのダイエットですから、何だか不自然な印象があって手を出しにくいという人も、いますよね。でも、漢方薬は西洋医学の薬と異なり、悪いところに直接アプローチをするのではなく、体質改善を目的としています。つまり、漢方薬でダイエットをするということは、太りやすい体質を治すという目的で行うのです。この漢方によるダイエットの成功者の意見を聞いてみたいと思いませんか?

これから試したいという人に役立つ、漢方ダイエットの成功例はたくさんあります。今回は、そんな成功者の意見の中から、大事なことをまとめてお伝えします。



 


漢方でダイエット☆
成功した人に聞く5つの事例

 


漢方ダイエットはリバウンドしにくい!


漢方ダイエットに成功した人が、口を揃えたように言うことが、「リバウンドしなくなった」という言葉。漢方は、体質改善を目的とした医学のため、ダイエットということになると、「太りにくい身体」を作るための処方がなされるからです。今まで色々なダイエットをしてはリバウンドをして……と繰り返してきた人でも、漢方ダイエットで痩せてからは、いつまでもすっきりとした体形を保てていることが多いです。漢方ダイエットはその場しのぎのダイエット法と違い、一生続く効果を得られる大変有効な方法と言えるでしょう。

 


すぐに効果が出ないことを知ろう


ただ、漢方薬は効果が出るのが遅く、短気な人はいつまでも目覚ましい効果が出ないことにイライラしてしまう場合があります。でも、自分の身体に今まで馴染んできた体質とさよならして、新しい健康な身体に切り替えるわけですから、急激に変化する方が危険というものです。ダイエットも同じことで、今までの太りやすい体質を捨て、太りにくく痩せやすい体質を得るのですから、時間はかかって当然です。漢方以外のダイエットでも、健康的に痩せるためには時間をかけるのが安全とされています。ですから、漢方ダイエットを実行する時は、時間がかかるという覚悟をしておきましょう。

 


自分の肥満タイプを見極めよう


漢方でダイエットするためには、自分の肥満タイプがどのタイプかを理解しておく必要があります。漢方ダイエットで失敗したという人は、このタイプの見誤りがあったケースが多いです。漢方の世界、つまり東洋医学では、体質を様々な特徴に分けて、薬を処方します。もちろん太り方にも細かい差異はありますが、肥満に関しては、大きく分けて2つ。身体に熱がこもり、水分を失いがちになるため便秘しやすい「熱タイプ」、そして、消化機能が弱く、体に熱を行き渡らせる血液を作り出すことができず、ぶよぶよと水太りしてしまう「寒タイプ」です。

大概の肥満者はこの2つのどちらかに分類されます。ここで、自分のタイプを見誤り、体質に合っていない漢方薬を飲み続けても何の効果もありません。見極めは、しっかり行いましょう。

 


「熱タイプ」に効く漢方


「熱タイプ」の人が痩せられる漢方薬は、「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」というものです。これは、便秘を改善し、便秘のせいでお腹周りに溜まった脂肪を燃焼させ、すっきりとさせます。そして、余分な水分を排出させて、血液の循環を正しいものへと導く効果があります。また「大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)」というものも、便秘解消に効果があり、便秘によって起こる様々な害を解消してくれます。もし、自分の体質が「熱タイプ」だと思ったら、これらの漢方薬を飲むと良いでしょう。

これを用いた人の感想によると、飲んですぐ痩せたわけではないけれど、便秘への効果はすぐに出たとのことです。そして、漢方薬のおかげで便秘に苦しまない日々を続けるうち、ウエストがサイズダウンし、お腹に脂肪が付きにくくなったそうです。

 


「寒タイプ」に効く漢方


次は「寒タイプ」です。同じ肥満でも、先ほどの「熱タイプ」とは真逆の体質によって生じるもののため、用いる薬も全く違ってきます。この「寒タイプ」は身体がむくみやすく、水太りしやすい体質のため、「防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)」というものを用います。この薬には、消化吸収能力の向上、そして水分代謝を良くする効果があり、その結果、身体がだるい、もしくは冷え性、そしてむくみなどの改善が期待できます。冷えが無くなると、基礎代謝量がアップし、太りにくい身体へと変化していきます。

「寒タイプ」の人で、漢方ダイエットに成功した人は、この防己黄耆湯を飲むうち、まず、トイレの回数が多くなり、足首のむくみが取れたことから効果に気付いたそうです。そして体重がじわじわと減っていき、気付けば目標体重に到達していたのです。やはり、体質に合っていると、効果がはっきりわかるものなのですね。

 

いかがでしたでしょうか。漢方ダイエットは難しいようで、実は体質別に用いられる薬が決まっているので、蓋を開けてみれば、そう難解なものではないということがお分り頂けたのではないでしょうか。これらの漢方薬によるダイエットは、時間がかかる他、薬代というお金もかかります。ですから、始めるためには、少し予算を見ておいた方が良いでしょう。お金が尽きて、効果が出る前にやめてしまっては、せっかくそれまでに割いたお金と時間が水の泡になってしまいます。

また、漢方ダイエットは薬の服用だけではなく、体質に合った食材選びなども重要となってきます。巷でよく見るダイエット薬を飲むだけのダイエットよりも手間がかかりますが、それによって手に入れられる体質は、一生ものです。何をしても痩せられなかった人は、一度漢方ダイエットも視野に入れてみて下さいね。

 


まとめ


漢方でダイエット☆成功した人に聞く5つの事例とは

・漢方ダイエットはリバウンドしにくい
・すぐに効果が出ないことを知ろう
・自分の肥満タイプを見極めよう
・「熱タイプ」に効く漢方は、防風通聖散、大黄甘草湯
・「寒タイプ」に効く漢方は、防己黄耆湯