簡単ダイエット方法で痩せた人に聞く7つのワザ

簡単ダイエット方法で痩せた人に聞く7つのワザ

ダイエットに興味はあるけれどどうせなかなか結果なんて出ないんでしょ?とかお金や時間や根気が必要なのはちょっと・・・という方おおいですよね?では簡単ダイエット方法があるとしたら一度試してみるか、なんて気にはなりませんか?現代では日本国中いや世界中の人々の様々な体験談を簡単に聞く事が出来ます。ダイエットに関してもそれは言えます。なかなか身近な方だと聞くに聞けない・・・言うに言えないこともです。

つまり豊富な体験談の中から自分に合ったものをチョイスできるという利点もあるのです。それはダイエットのための試行錯誤に充てる無駄な努力や時間を削減するのにもつながる訳ですよね。では早速、簡単ダイエット方法で痩せた人に聞く7つのワザをお教えしますので是非参考にしてみて下さい。



 


簡単ダイエット方法で
痩せた人に聞く7つのワザ

 


『呼吸法』を変えてみる


簡単ダイエット方法と言えばやはり道具が要らないというのも大事な要素ですよね。更に時間も10分間でOK!となればこんな簡単なダイエット法は他にはないかも知れません。そんな簡単ダイエット法は『呼吸法』です。人間は呼吸をしています。その呼吸にも腹式呼吸(横隔膜を動かして呼吸する)と胸式呼吸(肋骨を上下させて呼吸する)の二つがあり、そのどちらかで自然にしているはずです。

一説には男性は腹式で女性は胸式を多く使うともいわれますがその理由については解明されていないとの事です。では本題に入りますが、まずしていただきたいことは普段ご自分がしている呼吸法と逆の呼吸法・・・つまり腹式の方は胸式で胸式の方は腹式になりますがそれを意識して行ってみて欲しいのです。

この方法が有効である理由としては呼吸に限らず運動や行動全般において人は普段使わない筋肉を動かすと結構な疲労感があるはずです。つまりそれはいつも以上にエネルギーを消費したり筋肉を使ったことになるのです。それはつまり『痩せる』ことにつながるわけですね。これならば特別な道具も必要なくお金もかからず気が遠くなる様な長い時間を充てることもないのです。

またもっと単純明快な呼吸法をダイエットに取り入れようとするならばポイントは『深い呼吸を意識』することです。ダイエットを語る上で必ずと言って良い位登場してくる「呼吸法ダイエット」や「ヨガ」に共通するワードは『深い呼吸』。これも特に何の準備もいらず普段から深い呼吸を意識して生活するというだけですから簡単過ぎるダイエット方法でしょ?

最初は少し意識が必要かも知れませんが、いつの間にか身についてきて深い呼吸をする時間が増えてくると腹筋への効果は絶大です。深呼吸をしっかり繰り返してみると意外なほど腹筋背筋を使っていることに気付かれるはずです。特に息を吐くときは思いっきり吐きだすのがポイントでこれをしっかりやってみると初めのうちは筋肉痛を経験する方も少なくないのです。

 


『ドローイン法』


『呼吸法』や『深呼吸』に似ているもので更にもっと短期間で結果を得たいという方にお勧めなのが最近話題の『ドローイン法』です。それほど難しいものでもなく方法としては思いっきり息を吸い込み、おしりの穴を閉めて酸素が身体から逃げ出さないように一旦静止。お腹を凹ませながら「ハァー!」と思いっきり息を全部吐き出す。そのままお腹を最大限凹ませて30秒キープ。

この時息をするのはOKですがおしりの筋肉は閉めたままというのがポイント。30秒が苦しければ10秒などご自分に合った時間から徐々に時間を伸ばしていきます。これを1日10セット目安で実践するという簡単ダイエット方法です。肩を上げたり前のめりになると効果半減、必ずリラックスした正しい姿勢で行います。

簡単ダイエット法としてのドローン法のメリットは場所を選ばない点です。外出時や勤務時間内でもわずかなスペースと少しの時間さえあればできます。歩きながらも呼吸を意識することで脂肪が燃えやすい有酸素運動としてのダイエット効果は現れます。ドローイン法は歩く際に応用できます。お腹を凹ませる動作をしながら歩いたり歩くときは息を吸う方ではなく吐く方に意識をむけるのがコツです。

それは息を吐くことに意識を向け酸素を沢山吐き出してしまえば人の身体は無くなった酸素を取り込もうとする。自然に自ずと深い呼吸ができるようになるのです。この際、腹式呼吸を意識すると更に効果的です。腹式呼吸には酸素を多く取り込む効果と同時に腹筋を鍛えたり腰痛や便秘の改善にもつながるといいます。

ウォーキング中の呼吸方法として一歩ずつ「吸う→吸う→吐く→吐く」というリズムの2ビート呼吸法とその応用である「吐く→吐く→吐く→吐く→吸う→吸う→吸う→吸う」のリズムの4ビート呼吸法もを取り入れるとダイエットにも効果的です。

 


『高タンパク・低カロリー』の食事を常に意識する


食事に関する簡単ダイエット方法もあります。食事の際にいくつかあるメニューの中からご自身で選択できるのであれば『高タンパク・低カロリー』であることを真っ先に選択条件とします。更には低糖質という条件も揃った選択ができれば完璧です。それを常に意識することがとても重要になってきます。

断食や○○抜きや△△だけダイエットを実践しようとするとるとかなり始める前には気合も入れなければなりませんが日常のお食事で選択肢があるのなら何気なくその日の気分で食べたい物を食べるのではなく、必ずこの『高タンパク・低カロリー』を意識して選ぶという程度なら簡単ダイエット方法である上に気付けばかなり結果が出ていたりするものですから是非お試しください。

もしタンパク質は十分に摂取できているなと感じる食生活ならば肉を食べたいと思っても魚を選んでみる。魚を食べたいと思ったら野菜重視のメニューを選んでみる。とにかく野菜はしっかり摂取する・・・その程度の意識の仕方が辛いダイエットのストレスを抱える必要がない望ましい形です。

 


食事は良く噛んで食べるべし


早食いが太る元とよく言われます。早食い=噛まないと考えられますよね。栄養学から見ても食物は良く噛まないと唾液中の消化酵素アミラーゼとしっかり結びつくことなくそのまま体内に入ります。食品そのものの状態にほぼ近い食物は体内でしっかり吸収することが難しく更にはエネルギーとならずにそのまま蓄積されてしまうといいます。

逆に良く噛めば食物は細かく砕かれ吸収しやすくなるのと同時にアミラーゼも身体が食物を吸収しやすい状態をつくってくれるので望ましいのです。また良く噛むことで脳の満腹中枢が刺激されて少量でもお腹がいっぱいになった感覚を得ることができるため食べる量も減ります。ただしっかり噛む習慣を食事の際に意識するというのは簡単ダイエット方法としては最適では無いですか?

 


便秘解消がダイエットには一番効果的


太りやすい身体の部分と言えばやはりお腹ですよね。ではスッキリお腹に欠かせないもの・・・それは「健康な腸」です。逆にポッチャリお腹を卒業したいのなら絶対に解消しなければいけないのは「便秘」。便秘はお腹にガスを溜めて下腹ポッコリをもたらし中にはお腹が張って痛いという症状まででてくることがあります。そのため、食事も不規則になり更には便秘悪化させることも少なくないのです。

便秘には多め水分と野菜中心のバランスの良い食生活への切り替えが大切です。食物としてはヨーグルト・納豆などの発酵食品、食物繊維豊富なフルーツなどを積極的に摂ることです。便秘改善にいい食べ物としては発酵食品(牛乳、ヨーグルト、納豆、豆乳)・野菜(ごぼう、サツマイモ、トマト)・果物(バナナ、リンゴ)・その他(こんにゃく、ニンニク、コーヒー)などがあげられます。

 


食前に2杯水を飲むだけダイエット方法


簡単ダイエット方法としてとても効果が期待できるという点ではこの食前の2杯の水、これはちょっと魅力的ですよね。この方法の研究は米バージニア工科大学のブレンダ・デヴィ教授と独シャリテ大学病院のレベッカ・ムッケルバウアー女史らが率いる研究チームが発表した水のダイエット効果に関する過去に行われた11研究結果の分析で報告されました。

その結果は食前にコップ2杯の水を飲んでいた人は飲んでいなかった人と比べて平均1.8kg多く減量していたことのことです。デヴィ教授によると水を飲むことで空腹感が抑制され食欲抑制効果もあるとのこと。更には食前に2杯水を飲むだけで得られる美容健康効果もあるとのことですので興味深いですよね。

まずはデトックス効果。水分を摂取して排尿促進が期待され汗もかきやすくデトックス効果が上がる。血液の循環も良くなり血液が体内の脂肪や毒素を排泄促進するのです。つまり体内に毒が溜まりにくく痩せやすい体質になれると言う訳です。また代謝も上がります。水を飲むことにより体内の血行が良くなり細胞の隅々まで行き届くスピードが改善されることで代謝が上がります。そのためエネルギー消費率が改善されカロリー消費量が増えるのです。

しかしながらただ水をやたら飲めばいいものでもないことだけは覚えておいてください。人には水の適正摂取量というものがあり、それは天候や活動量・体重などに応じて異なります。一般的に一日の適性摂取量は体重×30つまり例えば50kgの人なら(30×50=1500)で一日に1500mlの水を飲むのが理想です。

もし一度にあまりにも多くの水を摂取すると吐き気・筋肉の痙攣・めまい等の症状を引き起こす危険があると言われていますので適度な量を正しく摂取する事が肝心なのです。

それと同時にお話ししておきたいのが冷たい飲み物はゆっくり飲むのが大切です。人間はいつも同じ体温を保ついわゆる恒温動物です。ですから寒い場所にいけば体温を上げようと発熱し暑い場所では体温を下げようと調節します。であれば冷たい飲み物を飲むと体温が下がりそれを取り戻そうと人間の身体はエネルギーを消費します。

しかしここでポイントとなるのがでは冷たければ何でも良いのか?ということ。その飲料水自体が高カロリーでは意味はありません。また冷たいものを一気に飲むということは身体の調子を悪くすることにつながり結果として代謝が悪くする場合がある点です。カロリーの低い冷たい飲み物で舌や口中を冷やす感覚でゆっくり飲むことで効果が現れます。

 


食欲抑制効果のあるもの


例えば香水の匂いをかぐというのは簡単ダイエット方法のひとつですね。好きな香りであればあまり効果はないかも知れませんが一般的に香水などの強い匂いをかぐと一瞬にして脳がそれは食べられないものだと判断し食欲抑制の効果が働くと言います。たしかにあまり強い香りを身にまとった女性が側を通り過ぎると何か不快感がこみ上げて来る時ありますよね。

また眉間をこすることで簡単ダイエット方法になるという説もあります。眉間は脳の満腹中枢ととても深く関連しあっているのでこするという刺激が食欲抑制になるのだという理論です。確かに人間の体にはツボをはじめとして直接的にでなくても関連性のある器官が存在することは多いようですから試してみる価値はありそうです。

コーヒーを飲むこともコーヒーの成分であるタンニンが胃を収縮させ食欲抑制するということで簡単ダイエット方法に効果がありそうです。他にも歯磨き・グレープフルーツの香りなんて話も聞いたことがありました。そんな様々な食欲抑制効果があるものを利用して簡単のダイエット出来たら良いですね。

 


生活全般を見直す


これは根本的なお話になりますが、何故ダイエットが必要になる状況なのかを一度じっくり考えてみます。人は食物をたべることにより栄養・カロリーを摂取します。それらが上手に燃焼・消費できれば理想の体重や体型を維持できるはずです。しかし消化しきれなかった余分なものは身体の中に蓄積するしかありません。

遺伝子レベルで太りやすいタイプの方もいるのかもしれませんが・・・ほとんどは日常生活の中で培われてしまう物が多いように聞いています。確かに食べ物の成分表などじっくり見てしまえばその分を運動などで消費しようとすると大変なことに気付きます。ですから何が無駄なのかを自覚する事が肝心です。簡単ダイエット方法はズバリ無駄をなくすことです。

日本人は長い歴史の中で朝昼晩の三度のご飯が当たり前に暮らしてきました。ですから例えお腹が空いていなくても時間がくれば食事をします。また、忙しく落ち着くのが深夜になろうとも夕飯と称して食事をします。お腹が空いていないなら身体は食べ物を欲してはいないのです。真夜中寝る間際に食べても身体は消化できないのです。

そんな根本的な身体のメカニズムをしっかり把握して正しい日常生活・食生活を見直すことが一番のダイエット法かもしれません。無駄な物を排除するのが簡単ダイエット方法なのです。

 

いかがですか。以上が簡単ダイエット方法で痩せた人に聞く7つのワザです。これらのポイントは気負わずに気づいたときだけやる・・・普段の生活をすこしだけ変えてみるということです。ダイエットしようと決意すれば誰でも積極的に実践してみたくなるものです。しかしあまり自分に想い負荷をかけてしまうとその義務感に囚われてしまい精神的にもきつくなります。

ダイエットを失敗してしまう可能性が高というケースはそれが一番大きくて自分を追い込んでしまったり目標があまりにも高過ぎたりするために実現も難しくまたストレスになってしまうからなのです。少しでも体重が減ったり体脂肪が減るのを楽しみに取り組むダイエット。楽しみながら続けて行くうちに気付けば予想以上に減っていたなんてことがあるようですよ。是非のんびり簡単ダイエット方法で健康に綺麗になってみて下さい。

 


まとめ


簡単ダイエット方法で痩せた人に聞く7つのワザ

・『呼吸法』を変えてみる
・『高タンパク・低カロリー』の食事を常に意識する
・食事は良く噛んで食べるべし
・便秘解消がダイエットには一番効果的
・食前に2杯水を飲むだけダイエット方法
・食欲抑制効果のあるもの
・生活全般を見直す