お腹痩せしたいあなたへおすすめ☆3つの食事法

お腹痩せしたいあなたへおすすめ☆3つの食事法

「お腹痩せ」は、ダイエットを目指す人にとっての永遠の憧れ的存在でもあります。脚痩せや顔痩せ、ヒップ痩せも人気があるし気になるけれど、「ああ、ダイエットに成功したな」と一番感じるのはお腹が痩せるときですよね。

さて、他の部分のダイエットと同じように、お腹痩せするには腹筋運動などのエクササイズが必要不可欠だと考えられています。そしてこれはあながち間違いではありません。腹筋部分の筋肉を増やすと脂肪燃焼率が上がり、ダイエットにつながるからです。

でも、腹筋運動と一緒に食事にも気を遣うようにするとダイエット効果はさらにアップします。もちろん食事療法だけではお腹痩せには不十分かつ不健康的ですが、運動と組み合わせることでさらに素晴らしい結果を得られるのです。そのためのコツをお伝えします♪



 


お腹痩せしたいあなたへ
おすすめ☆3つの食事法

 


お腹痩せにおすすめの食事法:摂取カロリーを測る


①まずは基礎代謝の計算を
どんなに苦しい運動をしたとしても、消費カロリーよりも摂取カロリーの方が多いようではいつまでたってもお腹痩せすることはできません。お腹どころか顔、二の腕、脚、ヒップなどありとあらゆるところに無駄なお肉がついてしまいますよね。

そのため、お腹痩せなどダイエットをしたいのなら消費カロリーと摂取カロリーのバランスをしっかりと保たなければなりません。そこでとり入れたいのがカロリー計算です。

しかし、カロリー計算を行う前にしなければいけないことがあります。それは、自分の基礎代謝量の計算です。現在自分が1日にどれくらいのカロリーを消費しているのかを正しく知っておかないと、そもそも摂取カロリーの計算ができませんよね。

基礎代謝量を正しく計測するにはスキャン式の体重計が便利です。あらかじめ身長や年齢といったデータを入力しておけば、両手にバーを持って体重を測るだけで基礎代謝量を計算してくれます。このスキャン式の体重計はぶれないダイエットを行うために大変便利ですので、1台は持っておくと良いでしょう。

②カロリー計算
自分の基礎代謝量がわかったら、次はカロリー計算を行います。基礎代謝量にぴったり合う、または少々低めのカロリーとなるように食事をデザインしていくのです。

それぞれの食品のグラムごとのカロリーを計算していくのが大変であれば、おおまかな数字でも構いません。最近では食べたもののカロリーを計算してくれる便利なアプリも多数登場しています。

あまりにきちんとやると疲れてしまいダイエットの挫折にもつながるので、あくまで気軽に、文明の利器に頼りつつ続けていってください。

 


お腹痩せにおすすめの食事法:タンパク質をしっかり摂る


お肉や魚などを割け、野菜だけの食生活を送ることでお腹痩せしようとするダイエッターは多いですよね。しかし、本気でお腹痩せなどスリムボディを目指したいのなら、この食事方法はおすすめできません。

なぜかというと、野菜や果物だけの生活では体を冷やしてしまい、結果として脂肪を燃焼するどころかためこみやすい体質を作り上げてしまうからです。一方、タンパク質には筋肉を増強して脂肪の燃焼を助ける働きがあります。そのため、ダイエット中だからといって肉や魚を忌避するのはNGなのです。

もちろん、高カロリーで脂肪分たっぷりのステーキやハンバーグを毎日食べれば良いというのではありません(豪州・ニュージーランド産の脂身が少ないステーキをたまに食べるならOK)。そこは低カロリーな鶏のささみや胸肉、栄養素を豊富に含む豚肉、魚などで上手に補えば大丈夫です。

また、それでも不安ならば大豆や豆類、あるいはプロテインサプリなどでタンパク質を補うという手も。とにかくタンパク質を完全に絶つことだけは絶対に避けてください。

 


お腹痩せにおすすめの食事法:酵素スムージーを飲む


お腹痩せしたい人にとって一番の天敵、それは「便秘」。いくら腹筋運動を頑張ってウエスト減量に成功しても、便秘がちだとお腹ポッコリのまま。ダイエットの全ての努力を無にしてしまう危ない存在なのです。

この便秘を解消するには、普段から食物繊維をしっかり摂ってお通じを良くするのが一番。ダイエット中であれば酵素スムージーがおすすめです。すでにいろいろな既製品が出ていますし、ミキサーを使って自作するのも楽しいですよ♪

 

お腹痩せしたいならチェックしたい3種類の食事療法、いかがでしたか。

まずは基礎代謝量(消費カロリー)と摂取カロリーのバランスを取ることが大事です。スキャン式の体重計などを使って今の自分の基礎代謝量を正しく把握したら、それに見合った食事をデザインしていきましょう。難しければカロリー計算アプリがおすすめです。

また、ダイエット中だからといって肉や魚を極端に避けるのはNG。鶏のささみや胸肉、豚肉、魚介類、豆そしてプロテインなどを上手に利用し、筋肉増強に役立てましょう。

さらに、ある意味でお腹痩せの一番の大敵である便秘にも注意。酵素スムージーを飲んだりその他繊維質の食材を日々の食事にとり入れたりして食物繊維をしっかり摂り、便秘によるポッコリを解消しましょう♪

 


■まとめ■


お腹痩せしたい人なら必見の、3つの食事療法とは?

・消費カロリーと摂取カロリーのバランスを取って
・良質で低カロリーなタンパク質食材
・ポッコリの原因となる便秘予防・解決には酵素スムージーがおすすめ