縄跳びダイエットを効果的に行うための方法とその注意点

縄跳びダイエットを効果的に行うための方法とその注意点

縄跳びダイエットとは、1日10分程度縄跳びを跳ぶだけの簡単ダイエットです。縄跳びは簡単で誰もが経験している運動ですので、難しいこともなく、お金もかけずに簡単にダイエットできるということで、今や人気のダイエットです。また、縄跳びダイエットの為の様々な縄跳び商品も出ています。

人間は日常生活の中で、歩いたりしゃがんだりという身体の動作は頻繁に行いますが、飛び跳ねるという動作はあまり見られません。縄跳びは、この「普段あまりしない飛び跳ねる動作」を行うことで、全身の筋肉を隈なく使うことができ、脂肪燃焼効果を促進するのにはもってこいのスポーツなのです。特にふくらはぎや下半身の引き締め効果は抜群で、ヒップアップにも繋がります。また、真っ直ぐ跳ぶだけで軽いジョギングの1.3倍もの運動量になるともいわれています。

そして、なんといっても、ランニングやウォーキングのように距離や場所を考えなくても家の前や、少ないスペースで実施できるのが最大のメリットです。その日の天候に左右されることもなく、家事や育児に忙しい女性にも無理なく取り組めますので、継続していくのもさほど、難しくありません。ただ、縄跳びダイエットを行う上での最低限の注意点は守ることが重要です。今回は、縄跳びダイエットを効果的に行うための方法とその注意点をお伝えします。



 


縄跳びダイエットを効果的に
行うための方法とその注意点

 


縄跳びには、クッション性の高いシューズとスポーツブラが必須


縄跳びダイエットをするのであれば、縄跳びしやすい服装に着替えるのが良いでしょう。ジョギングの際のトレーニングウエアもオススメです。そして、クッション性に優れたシューズとスポーツブラは必須です。

縄跳びをする上で、一番のデメリットは、ジャンプによって足にかかる負担です。体重が重い人ほど足への負担が大きくなります。そのため、クッション性の高いシューズ選びはとても重要なのです。今は、ジョギングやウォーキング用の足に出来るだけ負担をかけないシューズが沢山出ていますので、スポーツ用品店などに行って購入される良いですね。

もし足に対して、負荷が大きいと感じたり、痛みを感じたりした際には、無理せず休みましょう。ゆったりしたペースのエア縄跳びでも十分効果は得られます。また、縄跳びは飛び跳ねる動作の連続ですので、女性はバストをスポーツブラ等でホールドしてあげないと、バスト下垂の原因になり兼ねません。きちんとスポーツブラを着用の上、縄跳びダイエットをするようにしましょう。

 


縄跳びダイエットは1分間に60回跳ぶのがオススメ


縄跳びは有酸素運動の一種です。有酸素運動については、会話ができないほどでは有酸素運動ではなくなり、無酸素運動になってしまいます。また、鼻歌が歌えるレベルだと逆に強度が低すぎて、これも有酸素運動ではなくなってしまうのです。そのため「なんとか人と会話できるくらい」が有酸素運動の適切な強度と言えるでしょう。

そして、有酸素運動は20分以上続けることによって脂肪を燃焼させることが出来るのです。ダイエットで縄跳びする目的は脂肪を燃焼させることにありますので、最低20分間の縄跳びをする必要があります。

年齢などによっても異なりますが、一般的には目安として1分間に60回ぐらいのペースで跳ぶのがオススメです。はじめは、3分間跳び、5分休んで再び跳ぶというサイクルを3セット繰り返すことから始めると良いでしょう。慣れてきたら休憩時間を減らしたり、20~30分続けて跳んだりするのが理想です。あくまでも個人差がありますので、実践しながら自身に合わせたペースで調整して行うようにしましょう。

 


縄跳びは、姿勢を正して跳ぶと効果的


縄跳びダイエットをする際の姿勢はとても重要です。背中を丸めたり、後ろ体重になりながら跳ぶと縄跳びダイエットの効果を得られない所か、腰を傷める要因にもなり兼ねません。姿勢を伸ばし、首を少し伸ばすようにしながら跳ぶと、身体の引き締め効果もより実感出来るようになるでしょう。

そして、縄跳びダイエットをする時は、あまり高く跳ばないことが重要です。高く跳ぶことによって、足へかかる負担も大きくなりますので、足を傷める原因にもなります。あくまでも足に負担を掛けることなく、出来るだけ長い時間跳ぶことが脂肪を燃焼させやすくすることに繋がるのです。

縄跳びダイエットを楽しく継続する為には、縄跳びのバリエーションを豊富にすると良いでしょう。例えば、両足とび→駆け足とび→ケンケンとび→交差とび(手をクロスする)→2重とび、というように、跳び方を変えるだけでランニングより運動のバリエーションがつき、鍛えられる筋肉の種類も増えて、全身を引き締める効果にも大変期待出来ます。また縄跳びする際に、好きな音楽のリズムに合わせたりすると更に楽しく続けられるでしょう。

 

如何でしたか。縄跳びダイエットは、身体の引き締め効果、減量以外にも、心肺機能の向上にも非常に役立ちます。縄跳び等の有酸素運動で心肺に適度な負荷を加えると、心筋への酸素の供給がよくなり、結果、心筋梗塞や狭心症の予防、治療に素晴らしい効果を発揮すると言われています。

また、ジャンプすることによって普段は起こらない上下運動による刺激が体全体へと伝わり、胃腸や肝臓などの内蔵に刺激を与えて鍛えることにもなり、生活習慣病をはじめ、様々な病気の予防にもなるのです。さらに、縄跳びで足に継続的な力を加えることにより、足の骨周りを鍛えることにも繋がり、骨粗鬆症の予防もなります。

普段、仕事で忙しい方も、寝る前のひと時や、朝少し早めに起きて空いた時間にすぐ実行できますし、毎日数分跳ぶだけで、健康促進効果を得られますので、運動不足の方には最適なスポーツといえます。ダイエットにも健康にも効く縄跳びを是非日々の生活に取り入れましょう。

 


まとめ


縄跳びダイエットを効果的に行うための方法とその注意点

・縄跳びには、クッション性の高いシューズとスポーツブラが必須
・縄跳びダイエットは1分間に60回跳ぶのがオススメ
・縄跳びは、姿勢を正して跳ぶと効果的