ランニングの消費カロリーを上げる、簡単テクをご紹介♪

ランニングの消費カロリーを上げる、簡単テクをご紹介♪

現代では、ダイエットの為、そして健康的な身体を維持する為にランニングをする方も沢山見られます。ランニングとは、有酸素運動の代表ともいえるスポーツの一つですが、身体の血流が良くなり、腸の蠕動運動を活性化したり、ストレスが緩和されリラックス状態になることで、様々な効能をもたらすことが明らかになっています。特に、ランニングを習慣化させることで、便秘が改善されますので、結果デトックス効果も期待できるのです。また、ランニングはむくみを解消するのにとても効果的とも言われております。

むくみは、運動不足で筋ポンプ作用が働かないことや、筋力の衰えにより筋ポンプ作用自体が弱まることで、血液やリンパの流れが滞るのが原因として挙げられます。そのためランニングによる足の伸縮運動により、血流やリンパの流れを促す効果や、筋肉の増強が期待でき、むくみ解消につながるのです。

このように身体に良いランニングですが、ダイエット目的でされる方も多くいらっしゃいます。ランニングによって健康的に身体を引き締めながらカロリー消費出来るのですから、利用しない手はないですよね。

しかし、せっかく走るのであれば、効率よく消費カロリーを上げたいと考えている方もいるかもしれません。そこで今日は、ランニングの消費カロリーを上げる、簡単テクをお伝えします。



 


ランニングの消費カロリーを上げる、
簡単テクをご紹介♪

 


ランニングする時の姿勢に気を付けよう


ランニング時の消費カロリーを効率よく上げるには、ランニングする時の姿勢がとても重要です。ランニングの時の姿勢なんて関係ないと思われている方も多いと思いますが、姿勢を正す、正さないでは、ランニング時の消費カロリーに雲泥の差が出るのです。

走る時に、重心が下がると疲れやすくなりますので、腰を高い位置でキープするように意識しましょう。そして、天井から頭を吊られているイメージで、アゴを引き、おへそを3cm引き上げます。目線は真っ直ぐ正面で、頭が下がらないように常に気を付けながら走ります。

姿勢が悪いと酸素が取り込めず、ガス欠の状態になりますので、脂肪燃焼が十分に行えないことになります。また、筋肉に力が上手に入っていかないので、消費カロリーも少なくなってしまいます。姿勢を正すだけで、消費カロリーを上げることが出来るので、普段から走る時に姿勢を気を付けるようにしましょう。

 


身体全体を使ってランニングしよう


ランニングする時、貴方は身体全体を使って走っていますか。下半身だけをやみくもに動かしても、効率よくカロリーを消費出来ません。ランニングで、消費カロリーを効率よく上げるには、身体全体を使ってランニングすることが大変重要になります。

まず、ヒジを後ろに引くように腕を大きく振ります。そして、身体の中心を軸にして、雑巾絞りのイメージで骨盤を前後に動かします。無理に歩幅は広げず、腰の位置を一定に保つように心掛けて走りましょう。

体全体をねじるようなイメージで走ると骨盤周りの筋肉が刺激され、お腹やウエストが引き締まっていくのを実感できるでしょう。また、長く無理なく楽に走る為には、重心の上下の動きの少ないピッチ走法がオススメです。

<ピッチ走法>

歩幅を比較的小さくし、その代わりに脚の回転を速くする走り方です。

 


ランニングの着地に気を付けてスピードを上げよう


ランニングをする際に、着地に気を付けている方はどの位いるでしょうか。上手に、またタイミング良く地面を押せば、スピードを楽に出すことが出来ます。結果、消費カロリーを効率よく上げることに繋がるのです。靴底のすり減り方に左右差がある方は、着地の際につま先の方向に気を付ける必要があります。

着地の仕方ですが、まず、膝下は前に出さずに真下に着地するように気を付けます。さらに、着地した足で地面を押す時に着地した足とは反対側の腰を前に出すイメージでひねります。そうする事で足が、重心の真下から後ろにいってしまう事を防ぐのです。次第にランニングのスピードも出てくるのが実感できるようになるでしょう。

重心の真下で着地する感覚がよく分からない人は足首を固定して片足で軽くジャンプしてみましょう。足裏全体で地面を押すイメージを持つようにして、2歩ずつジャンプをしながらゆっくりと進んで下さい。そして、少しずつ速度を上げてみましょう。

 


ジョギング前の簡単なエクササイズで消費カロリーを上げよう


ランニング前に簡単なエクササイズを行うことで、効果的に消費カロリーを上げることが出来ます。数分で出来る簡単なエクササイズなので、是非ランニングする前の習慣にしましょう。

<エクササイズ①>

頭から踵が真っ直ぐになるようにお腹、お尻に力を入れてキープします。肩甲骨を寄せ、胸を張るとより効果的です。更に膝を付ければより効果的です。

10秒を5セット行いましょう。コルセットを巻いたように体幹に力が入り、腰を高い位置にキープしやすくなります。

<エクササイズ②>

膝とつま先を真っ直ぐ正面に向けてキープします。ヒザが内側に入りやすい方はお尻の筋肉が弱まっている証拠です。お尻の筋肉を強化するのにもオススメのエクササイズです。

10秒を5セット行いましょう。

 


サウナスーツを着てランニングしよう


ランニングで効率良くカロリー消費するのに、サウナスーツが効果的だということをご存じですか。サウナスーツを着てランニングすると、サウナスーツを着ないでランニングする時よりも発汗しやすく脂肪を燃焼させやすくする効果があるのです。

また、サウナスーツを着て発汗することによって老廃物を排出し、水分補給と発汗を繰り返すことでデトックス効果を期待することができます。それにより、美肌効果も期待できますので、女性には特に嬉しいですよね。

更に、デトックス効果は身体の機能を整え、正常にする効果があるので結果として痩せやすい身体、太りにくい身体になりやすくします。ランニングに限らず、ジョギング、ジムでの運動の時にもサウナスーツを着ることにより、高い効果を発揮するのはもちろん、部屋着として着回しているだけでも効果が捗りますので、オススメです。

 

ランニングは脂肪燃焼の他に、筋肉をしっかり使うので美脚、美尻になることが出来ます。また、たくさん呼吸をするので心肺機能が高まり、息切れやバテやすい方にも効果的です。他にも、爽快感によるストレス解消、脳の活性化、生活習慣病の予防に役立ち良いこと尽くめなのです。より効果を出したい方は朝食前にランニングをすると、脂肪がエネルギーとして一番使われやすいのでオススメです。

また、走り始めの頃に息苦しさを感じることがありますが、これを軽減させる為、軽くウォーミングアップを行い、身体を温めると良いでしょう。呼吸は歩数のリズムに合わせると自然に繰り返せます。苦しくなると酸素をたくさん吸い込みたくなりますが、その前に大きく息を吐くと落ち着いてきます。筋肉を休ませるとこも大切なので、無理せずにマイペースで続けましょう。

 


まとめ


ランニングの消費カロリーを上げる、簡単テクをご紹介♪

・ランニングする時の姿勢に気を付けよう
・身体全体を使ってランニングしよう
・ランニングの着地に気を付けてスピードを上げよう
・ジョギング前の簡単なエクササイズで消費カロリーを上げよう
・サウナスーツを着てランニングしよう