ダイエット中もおやつを食べたい!美味しくやせる7つの秘密

ダイエット中もおやつを食べたい!美味しくやせる7つの秘密

やはり、ダイエットして食事制限をしていると、おやつのカロリーご飯のカロリーが気になりますよね。ダイエット中には、おやつは我慢しなければいけないものと思っていませんか?さすがに、お腹がすいたからとスナック菓子や甘くて脂肪が多い洋菓子などを食べるのは、カロリーオーバーを招き、ダイエットの妨げになりますので、あまりおすすめできません。

でも、カロリーが低いおやつならどうでしょうか。お腹が膨れて満足感もあり、しかもローカロリーのおやつを適切なタイミングで食べれば、ダイエット中の良い楽しみになります。今回は、日々ダイエットを頑張っている皆さんに知って頂きたい、ダイエット中でも安心して食べられる、おやつ選びのコツを7つお教えします。



 


ダイエット中もおやつを食べたい!
美味しくやせる7つの秘密

 

 


食べる時間は、一日の早い時間にしよう


おやつが食べたいと思うのは、大体食事と食事の間のことでしょう。カロリー制限のある食事を心がけているなら、きっとすぐに消化されてお腹がすくのも仕方のないことです。

そんな時に、今回ご紹介するダイエット向きおやつを是非食べて頂きたいのですが、食べるのなら、朝食と昼食の間か、昼食と夕食の間にして下さい。夕食後は、就寝時間が近いので避けましょう。なぜなら、多少カロリーを多めに摂取しても、一日の早い時間なら、活動中のカロリー消費によって、無かったことにできるからです。

 


炭水化物がメインのおやつは避けよう


ダイエット中のおやつ選びで気を付けたいのは、小麦粉・芋系・お米系・デンプン質などの、炭水化物がメインのものは避けるということ。

例えばケーキやクッキー、パン系は論外ですし、おかきや煎餅などもやめた方が良いでしょう。小豆やあんこを使ったものも、甘さ控えめだとしてもほとんどデンプンなので、控えて下さい。なぜかというと、炭水化物を間食として摂取すると、血糖値が上がって脂肪の燃焼を妨げるためです。

 


ゼリーや寒天を食べよう


おやつと言えば、甘くて太りやすいイメージがありますが、ダイエット用に作られていなくても、おやつには太りにくいものもあるのです。それは、ゼリーや寒天などの、液体を冷やし固めたもの。特に、コーヒーゼリーなんかは無糖のものならカロリーは無いに等しいのでおすすめです。甘味が欲しければ、カロリーオフのガムシロップをかければダイエット向きのスイーツになります。

ゼリーは自作が簡単なので、好きな濃さのコーヒーを使って作り置きすると、いつでも好きな時に食べられて便利です。

 


無脂肪ヨーグルトでフローズンヨーグルトを作ろう


ちょっとコクがあるものが食べたくなったら、フローズンヨーグルトで冷たくて美味しいデザートタイムにするのはいかがでしょうか。現在では無脂肪ヨーグルトが出ていて、100g当たり40kcal程度とローカロリー。それにダイエットシュガーを加えてフローズンヨーグルトを作れば、冷凍保存できるひんやりダイエットスイーツが作れます。

作り方は簡単で、ヨーグルトとダイエットシュガーを混ぜてタッパーなどに入れて冷凍し、少し凍った頃に泡立て器で混ぜて空気を含ませる作業を何度か繰り返すだけ。これもダイエット中のおやつに最適。食べる時は、フルーツなどを添えても美味しいですね。

 


フルーツの甘みで満足しよう


わざわざ砂糖を使わなくても、甘味のあるフルーツがスーパーにはたくさん売っています。そこで、冷凍したフルーツと無脂肪乳や無脂肪ヨーグルトでスムージーを作れば、お腹もちが良くて満足できるダイエットに最適なおやつとなります。おすすめは、バナナをメインにしたスムージー。完熟したバナナの甘さはかなり強く、他に酸味のあるフルーツを入れても負けません。

こんなスムージーなら、フルーツのビタミンや抗酸化物質が摂れて、ダイエット中でも美容効果が期待できます。

 


噛み応えのあるものを食べよう


噛むと満腹中枢が刺激されるので、ダイエット中の食事はよく噛んだ方が良いという話は、聞いたことがあるでしょう。それと同じく、おやつも噛み応えがあるものを少量食べることで、満腹感を出せるようにしてみましょう。

おすすめは珍味類。噛めば噛むほど味が出ますし、乾物なのでお腹で膨れて満腹感も出やすいです。しかも、脂肪が少ないものを選べば、乾物とは言えローカロリーです。また、動物性のものならダイエットに重要なタンパク質、植物系なら食物繊維が摂れます。ホタテの貝柱や裂きイカ、酢昆布などは旨味が強く、ダイエットのおやつに打ってつけです。

 


ココアでチョコ感を味わおう


ダイエット中だけど、どうしてもチョコレートが食べたい!という気分になることも、チョコ好きな人ならよくあることではないでしょうか。そんな時は、チョコレートよりも脂肪が少ないココアでチョコレートに近い風味を味わいましょう。ココアはカロリーが低くはありませんが、鉄分や食物繊維、ポリフェノールが摂れるので美容に良い食材です。

意外と美味しいのが、純ココアと無脂肪乳で作るダイエットココア。甘味はダイエットシュガーかオリゴ糖で付けることをおすすめします。これは、ダイエットココアだからとがぶがぶと飲んではいけません。濃いめに作って1杯で満足できるようにするのが、ダイエットに役立てる鉄則です。

 

いかがでしたでしょうか。ダイエット中に食べられる美味しくてローカロリーなおやつや、食べるタイミングや素材選びについてご説明しました。今回ご紹介したおやつは、ローカロリーとは言え、全くのノンカロリーというわけではありません。ですから、一日の総摂取カロリーを調整しながら、食べる量を決めて下さい。ダイエット向きだからと、好きなだけ食べては本末転倒です。

あくまで、ダイエット中にストレスにならないおやつという位置付けを忘れずに、一日に適量を適切なタイミングで食べるようにするということを、心がけるようにして下さい。このおやつを使って、ストレスの無いダイエット生活を送って、理想のスタイルを手に入れて下さいね。

 


まとめ


ダイエット中もおやつを食べたい!美味しくやせる7つの秘密とは

・食べる時間は、一日の早い時間にしよう
・炭水化物がメインのおやつは避けよう
・ゼリーや寒天を食べよう
・無脂肪ヨーグルトでフローズンヨーグルトを作ろう
・フルーツの甘みで満足しよう
・噛み応えのあるものを食べよう
・ココアでチョコ感を味わおう