10キロまでのダイエットをスムーズに行うための体つくりとは

10キロまでのダイエットをスムーズに行うための体つくりとは

10キロ以上のダイエットに挑戦した経験を持つ人は少なくはないですよね。そんなダイエットの目標も体重であったり体型であったりと様々です。例えば体重を落とす事がテーマであれば、ちょっと無理をすると短期間で1キロや2キロの体重を落とす事は可能です。また10キロ以上の大幅ダイエットとなると自分の力だけでは不可能に近く、しかるべき方法を取るしかないはずです。

では10キロまでのダイエットを行うとしたらどんな方法があるのか。自分の力を信じてコツコツ頑張ってみるか、あるいは短期決戦でかなりの無理や自分の限界まで頑張ってみる。しかしそれで結局痩せはしたけど身体を壊した・・・なんて事になったら元も子もありません。健康的に痩せて綺麗になりたいのなら基本の身体づくりが必要。これだけは知っておいて欲しい!10キロまでのダイエットをスムーズに行う為の7つの秘訣。是非お試しください。



 


10キロまでのダイエットをスムーズに行うための
体つくりとは

 


カロリー調査をしましょう


まず最初は「一日にどれだけ食べても良いのか」という事、皆さんはきちんとそれを知った上で日々生活していますか? 理想的な数値としては「一日の摂取カロリー=1500kcal」です。 それを守って生活している人はどの位いるのか…。若ければ代謝も良く太りにくいと言われますが人は年々太るのは簡単だけど痩せるのが大変と感じるものです。

食欲旺盛な時期には朝一番から菓子パンとおにぎり。昼は高カロリーのファーストフードランチ。夜もボリューム満点な外食。夜食にカップラーメンやスナック菓子。なんと合計 3500kcalを平気で食べてしまいます。それでも太らなかったのにある日そのツケがまわって来て大変な事に。でもそんな日々を後悔しても遅いのです。

過ぎた事は仕方がない。今出来る事は自分の食生活を見直す事です。そんな時にお勧めなのが一日の自分の食事を性格に把握するのです。一日1500kcal程度を目標としそれに近付ける為に一日の食事のメニューを意識する事から始めるのです。

ちょっと面倒かもしれませんが食事の際には絶対にカロリーをチェック。そうしている内に自然と高カロリーのものは避け低カロリーの物を選びたくなっていくのが人情です。また朝昼の摂取カロリーがわかっていれば夕飯にはあとどのくらい食べられるかもわかり案外結構がっつり食べられるなんてわかると夜が楽しみになるものですよ。

個人差はありますがカロリー計算をすることで計画的なダイエットが出来るようになり自然に無理や無茶のない理想的な食生活をする様になるのです。 一日1500kcalという制限の中でいかに満足感を得るか…ゲーム感覚で考えてみると案外楽しめるという人も多いもの。

自炊出来る人は外食よりも圧倒的に徹底したカロリー制限が可能なのでお勧めです。同じレシピでも材料を低カロリーのものに置き換えるテクニックも使えますよ。 また必ず毎日こまめに体重を測ることも重要です。自分の変化をを把握する事が10キロダイエットの成功に繋がるのです。

 


炭水化物を摂らない


ご飯は一膳で250ckalもある高カロリーの食品です。そんなご飯を少し我慢してみると効果は上がります。 運動が出来て普通にカロリーを消費させている人は別として様々な理由から「運動をしないでやせる」事を考えている場合、当然カロリー摂取を減らす事が第一になります。 「白米は一日一回だけ」という方法は大変効果があります。その場合でも肉は食べても問題ありません。

肉も脂身ではなく赤身の部分が理想的です。ただしよく噛んで食べる事が大切です。朝食には必ず一杯の野菜ジュースを飲む事をお勧めします。しかし長期にわたる炭水化物抜きは脳に影響があるという説もあります。10キロダイエットという目標が達成出来たらきちんと炭水化物も摂る様にして下さい。

 


白湯を飲みましょう


なんどもダイエットを試してみたがなかなか痩せないという人は基礎代謝が低い場合も考えられます。10キロダイエットの身体作りとして一番最初にして欲しい事は寝起きに白湯を飲むことです。白湯を飲むことで内蔵の温度が上がります。1度上がるだけで代謝はおおよそ10~12%上昇します。さらに代謝だけでなく免疫力も上昇するので健康面にも効果的です。水分を摂取すると言う意味ではお通じも良くなりデトックス効果も期待できます。

毎朝白湯を飲むだけですから誰でも簡単に行えますので是非毎日続けてみて下さい。

 


朝食を酵素ドリンクに置き換え


朝食代わりに酵素ドリンクを飲み日常生活の中で間食や無駄なカロリー摂取を適度に抑えられると言います。朝食を酵素ドリンクのみにすることで摂取カロリーを抑える事が出来、厳しい食事制限が必要なわけではないのでストレスも溜めず継続しやすいのが利点です。あえて軽めの空腹状態を維持し食事量も適度に落とすという形で辛さを伴わない10キロダイエットに役立ちます。

最近話題の酵素ドリンクは種類も豊富で手軽です。まるでジュースの様に飲みやすいピーチ味のものなど毎朝飲んでも飽きずに続けられる様工夫されています。本格的なダイエットの前の身体作りや軽く体を絞っておくための使用もあり、また酵素のみで短期ダイエットにチャレンジするケースもあります。

 


目標を立てる事が大切!


目標がなくただ痩せたいという漠然とした形でのダイエットはなかなか結果につながりません。ダイエットの目的は最初に明確にしておく事が大切です。例えば「痩せてあの服が着たい」「綺麗になって彼が欲しい」など具体的な目標を立てておくとそこに向かってダイエットを行う訳ですから頑張れるし精神的にも楽になります。しかしそこで大切なのは無理をせず少しずつ目標を立てることです。目標があまりにも高く達成が難しい場合にはゴールが見えなくて挫折しがちです。

最初は一ヶ月にマイナス3キロ、4ヶ月後には10キロダイエット…と無理のない程度の目標を立てることです。

 


ダイエットに成功したらご褒美を…


ダイエットには挫折がつきものです。そんな時の対策にダイエットが成功した時自分へのご褒美を考えるのも効果があります。ご褒美があると人間頑張れるものです。いきなりダイエットを始めやみくもに頑張るのではなくテンションを上げられるスイッチがダイエット成功の秘訣なのです。モチベーションを保ち続ける為には無理も禁物。体調の悪い日には無理をしないのも自分に言い聞かせておくことです。

あまり毎日の食事制限や運動習慣に捉われすぎず心身ともに負担が少なくダイエットが楽しめる環境を作る事が大切です。10キロダイエットが達成出来た暁には自分への最高のご褒美を奮発する事が成功の秘訣です。

 


肝心なのは胃の改造


ダイエットで最も大切なのは胃を小さくすることです。普段からご飯の量を徐々に減らしていきとにかくよく噛んでゆっくり食べる事に慣れておきます。食事制限をすると最初の数日間はお腹が空いてものすごく辛いものです。しかしだんだん胃が慣れてくると少しの量でも満足しそれが「普通」になります。

たまには甘い飲み物や炭酸飲料が欲しくなるでしょうがダイエット中は意を決してお茶かお水にすると決めて下さい。アルコールを飲む人も残念ながら何でもどうぞ!とは言えません。飲むなら焼酎がお勧めで炭水化物の少ない焼酎やウイスキー・ワインならまあOKと言った所です。食事も腹七分以上食べない事も大事です。食べて良いのは寝る3時間前までというのも守るべきルール。

それでもどうしても我慢できなくなった時には少量で食べた気になる梅干し・キムチ・甘いチョコで気を紛らしてあとは寝てしまうことです。10キロのダイエットを成功させるには多少の努力や我慢も必要。でもそれに徐々に身体を慣れさせていくという工夫があれば苦痛ではないはずです。

 

いかがですか。10キロ痩せたいという方にはそのダイエットの『方法』が肝心なのです。運動や食事などの『方法』を徹底的に見直し効率的にダイエットを行っていきましょう。

ハードルが高いと思うかもしれませんが効果的な方法を行えば10キロのダイエットを成功させる確率も高くなります。まず極端なダイエットは絶対NG。必ずその先にはリバウンドが待っているからです。今年こそダイエットを成功させようと思いきつい食事制限をしたり激しい運動をしたりしてもストレスがたまり結果リバウンドしてしまう方も少なくはありません。

そんなリバウンドが怖いのです。リバウンドを繰り返すと人の身体は痩せにくい身体になってしまうからです。とにもかくにも「一日1500kcal」を守れば絶対に痩せて10キロのダイエットも可能なのです。

 


まとめ


10キロまでのダイエットをスムーズに行うコツ

・カロリー調査をしましょう
・炭水化物を摂らない
・白湯を飲みましょう
・朝食を酵素ドリンクに置き換え
・目標を立てる事が大切!
・ダイエットに成功したらご褒美を…
・肝心なのは胃の改造