ランニングの消費カロリーUPに役立つダイエット術7選♪

ランニングの消費カロリーUPに役立つダイエット術7選♪

ランニングの消費カロリーを知って、ランニングやウォーキングと言ったいわゆる自分の底力を信頼し健康的かつ綺麗に痩せたいと考えるのはごく自然であり健全な考え方です。痩せるのはつまり余分なカロリーを上手く消費する事ですよね。

世の女性の大半は『ダイエット』に深く関心を持っているものです。理想的な美というものを常に追い求めていると言っても過言ではないですよね。ダイエットと言えば食事・運動・エステなど方法は様々です。自分に合うダイエット法や目標の期間や体重・スタイルに合わせた方法を見つけ出す事は意外に難しいものです。美味しい物は美味しく食べたいし、たまにはぐうたらしたい…。では、ここだけは押さえておきたい!効果的にランニングの消費カロリーUPさせる守るべきポイントをお教えします。



 


ランニングの消費カロリーUPに
役立つダイエット術7選♪

 


ランニング初心者に無理は禁物!


ランニングなら特別な道具もいらなければ高額なコストもかかりません。極端に言えば身一つあれば良いのです。ですから少し体力に自信があったりわずかではあるけれど毎日ある程度決まった時間が確保できるという人はダイエットにランニングを選ぶケースも少なくありません。

しかし、ここでひとつ注意して欲しいのが今まで何の運動もしてこなかった人がいきなりランニングを始めてしまう危険性です。気合が入っていると無理をしてしまいがち。当然体力的にも続かず何より足・足首・膝などを痛めてる可能性は大です。

万が一負担がかかり身体を痛めたりしては運動ができません。ダイエットなどしている場合ではなくなるのです。そこでポイントとしてはまず軽いウォーキングから始め身体が慣れてきたらウォーキングのスピードを上げるといった具合です。息があがる位を目安にしてみるとこれだけでも結構なカロリーを消費が期待できるのですが、更に頑張れそうな方はランニングにチャレンジするのがお勧めです。

ウォーキング同様最初はゆっくりからです。鼻で楽に呼吸ができるのが自分に合ったペースの目安です。ランニングで消費カロリーを上げるには無理は禁物、ダイエットを成功させるには継続こそが力!なのです。

 


消費カロリー、走る距離との深い関係!


ランニングが何故ダイエットに効果的なのか?それはランニングの脂肪燃焼効果と効果的にカロリー消費できるという理由でダイエットに最適な運動なのです。ではランニングでの脂肪燃焼とカロリー消費を更に高めるためには何が大切か?それには距離が一番大切だと言われます。

一般的に消費カロリーを計算する際に使われるメッツ(METS)と呼ばれる運動強度の単位、これはカロリー消費量(kcal)=体重(㎏)×距離(km)という式で計算されるのです。この3つの数字の関係性がダイエットの成果に繋がる訳ですね。そして体重が重ければ重い程体にかかる負荷が多いので消費カロリーが大きいという事もわかります。また、ここでも注意しなければいけないのはどんなにランニングの距離が消費カロリーに大きく影響するからといって頑張り過ぎはいけません。

長続きさせるには最初のうちは余力がある程度の距離は短めからスタートすることが重要なのです。

 


緩急が大切です!


では気になるランニングの頻度は?長続きとか継続とかいうワードが出てくれば多少無理があっても出来る限り毎日?と思われる方も多いでしょう。当然効果も早く出て欲しいもの。だからと言って身体に鞭打って毎日ランニングする事が効果的ではないむしろ逆効果とまで言われているのです。ランニングは想像以上運動量であり筋肉も結構使いその使った筋肉を休ませ回復させてあげる時間は大変重要なのです。

当然休み過ぎもいけませんからランニングにも適度な回数というものがある訳です。一般的な目安としては週3~5日。例えば2日走って1日休むというペースです。

 


健康維持やストレス解消・美容にも…


ランニングをダイエットの為に始めたけどそれ以外にも効果あったよ!と言う声を良く耳にします。例えば健康的な体になる!まあこれは納得ですね。基礎体力作りや持久力を付ける為、学生時代運動部は必ずと言って良い位ランニングさせられますからね。血行も良くなり冷え性の改善にもつながります。ランニングで腸の動きも活発になり美肌の大敵である便秘解消にもつながるのです。

代謝アップ効果で発汗を促し汗をかきやすい体質をつくります。身体に溜まった老廃物を排出する作用で体の内側から綺麗になる美容効果も期待出来ます。ランニングで消費カロリーを高める他、走る事で足を鍛えるのですから美脚効果もあるのは当然ですね。快眠効果やストレスの発散効果も期待できるので積極的にチャレンジして欲しい事の一つです。

快適な睡眠には身体に程良い疲れが必要です。適度な疲れがないと寝つきも悪く質の良い睡眠も得られませんのでランニングは有効なのです。体を動かせば日頃溜まっているストレスを解消する事ができます。ランニングやウォーキングなどは脳のリフレッシュと精神安定させる効果もあるのです。

 


ランニングコースは慎重に選びます!


ランニングにはコース選びも重要です。コースを選択する際には以下の点に気をつけましょう。私の住んでいる地域には専用のランニングコースがありますが一般的には歩行者や自転車などが通行する道をコースとして利用しますよね。そこで注意したいのは通行量の多さです。歩行者や自転車などが多く行きかう道や通学路として使用されている道などを選択することは出来る限り避けるべきです。

ペースを守るなど走りやすさも重要ですし、様々なスピードの人達が一緒に行動することで思わぬ事故が起こる可能性もゼロではありません。ランニングで効果的に消費カロリーを増やす為には正しいコースを選択する事も肝心なのです。

 


空腹時のランニングは効果絶大!


当然の事ながらランニングをすると決めたならある程度毎日の生活の流れの中でどの時間に組み込んだらいいのか…と考えます。そのタイミングは自分の生活のなかで余暇として充てられる時間であったりあるいは効果的な時間という事で考慮する筈です。

この時間が良いというから何をおいてもこの時間にランニングをする!なんていう人はそうはいないでしょうが一応最適な時間が存在するのでご紹介します。ランニングが消費カロリーやダイエットに効果的に働く時間のお勧めは「早朝の朝食前」。起床時ほとんどの人は空腹状態です。 空腹時には人間の身体は低血糖状態にあります。そのタイミングでランニングをすれば体脂肪が効果的に燃焼されます。早起きは健康にも良く身体をスッキリさせ清々しい一日を過ごす事ができるのです。

朝は忙しく時間が取れないという方も少なくないはず。それなら一日の中でも空腹時を狙ってランニングをすると効果的にカロリー消費できるはず。逆に避けた方が良いタイミングは食後2時間以内…食べ過ぎた分を消化しなきゃなんて敢えて選ぶ人もいるようですがそれは絶対NGですので覚えておいてください。

 


効果上昇アイテムは筋トレ・目標心拍・重り・コーヒー


いよいよ本題です。ランニング前の一工夫がランニングの消費カロリーをアップさせますので知っておいてください。ランニング前の筋トレはとても効果的です。有酸素運動前の筋トレは脂肪燃焼効率が上がりランニングの効果をあげる働きをします。

無意識に運動前にストレッチなど筋トレを軽くする人も多い様ですがそれは結果的にはとても意味がある行動になります。目標心拍数=(220-年齢)×0.6~0.7という公式をご存知でしょうか?これを実践する事も効果的です。調子が良いとついランニングのペースを上げてしまいがちですがペースは一定に保つ事が大切なのです。ダイエットを目的としたランニングは遅過ぎても速過ぎてもいけません。スピードが遅過ぎと運動量も少なく、早過ぎるとすぐに息が上がってしまって継続が困難になります。

重りで負荷をかける事もランニングでの消費カロリーをUPさせるのには効果があります。手首や足首に巻ける重りやリュックサックに重いものを入れて背負うなど体重を増やす工夫をします。モーニングコーヒーで代謝アップ?早朝のランニングが効果絶大である事は既にご紹介しましたがそこにコーヒーのダイエット効果をプラスすれば更に良い結果が期待出来ます。

有酸素運動前のコーヒーはダイエット効果が高くなると言われているのです。ランニングをする30分前にブラックコーヒーを飲む事をお勧めします。そして多くの人がやりがち、でも絶対してはいけない事は目標を高くたてる事。過度な目標設定は挫折の元です。自分のできる範囲を守り継続する事を心掛ける事がランニングの消費カロリーUPとダイエット成功の鍵です。

 

いかがですか?つまり自分がランニングをした時の消費エネルギーを知る事はとても大切で、それには自分の体重と走った距離が大きく関わっているとことを覚えておいてください。

更には効果を上げる方法もあるので何点かお話しましたがそれ以外にも持久力を高める食事と言う物があるのを知っておくと良いでしょう。ランニングには持久力が大事です。その持久力を高める食事や栄養素の代表は糖質です。糖質が不足すればスタミナ切れになりやすくなります。しかしながらその糖質は脂質と違って蓄えられる量が限られているのでそこが問題になってきます。

人間の身体のメカニズムとしてあるべきものが必要以上に減るといつもより多く蓄えようとする習性がありそのバランスを最適にしておくことはとても難しいのですが重要と言えます。ランニングで使った糖質は食事でしっかり補給し疲れを溜まりにくくしておく事。そして走り終わったあとは優先的に糖質を補うことです。

また鉄やたんぱく質なども大切な栄養素ですから食事には配慮し充分摂取する様心掛ける事が大切です。

 


まとめ


効果的にエネルギーを消費するには?

・ランニング初心者に無理は禁物!
・消費カロリー、走る距離との深い関係!
・緩急が大切です!
・健康維持やストレス解消・美容にも…
・ランニングコースは慎重に選びます!
・空腹時のランニングは効果絶大!
・効果上昇アイテムは筋トレ・目標心拍・重り・コーヒー