ダイエットは是非縄跳びで!効率良く脂肪燃焼する7つの方法

ダイエットは是非縄跳びで!効率良く脂肪燃焼する7つの方法

皆さん縄跳びダイエットをしたことがありますか?ボクサーも減量の為に縄跳びを行っています。縄跳びは減量に最適な運動です。縄跳びは ウォーキングやジョギングと同じ有酸素運動で跳ぶだけなので取り入れやすい運動でもありますがどうせ跳ぶなら効率よく跳びたいと誰しもがおもうはずです。

縄跳びは継続することで心肺機能の向上やリズム感や俊敏性の向上、ストレス発散や気分転換にも効果があります。縄跳びはジャンプをすることで全身の脂肪を揺らします。これが全身運動となるためダイエットが成功しやすく効果の高い方法になります。そこで効率よく脂肪燃焼をするためにいくつか縄跳びの方法をご紹介します。



 

ダイエットは是非縄跳びで!
効率良く脂肪燃焼する7つの方法

 

縄跳びはサウナスーツで効率アップ


ボクサーが減量の為に行うダイエットのエクササイズはサウナスーツを着て行うことがほとんどです。それはもちろん汗で体の水分を出し体重を軽くする目的もありますが、汗をかくことで体の代謝をあげ痩せやすい体を作ってくれるというメリットもあります。

女性は汗をかきにくく、普段なかなかダラダラと汗を流すようなことはすくないですよね、しかしあせをかくことはデトックス効果があり体のなかにたまった老廃物を外に出してくれる働きもあります。老廃物は、水と脂肪と混ざり合うと、女性の大敵であるセルライトを、つくりだしてしまいますそれを防ぐためにもサウナスーツを着て汗を流す縄跳びは、ダイエットにとても効果的です。

 

ダイエットに適した縄跳びの選び方


ダイエットに適した縄跳びの縄というのは100円ショップで買えるようなペロペロのものではだめです。スポーツ用品店をみると縄跳びが専門であつかわれているコーナーが必ずあります。そこでスポーツ用のしっかりした縄を選ぶことが大切です。

できれば少し重みのある縄のほうが安定感がありとびやすいでしょう。長さは身長にあわせてかわりますがグリップを握り片足でロープを踏んだときロープの高さがちょっと肩と胸の間くらいになりのが理想です。長すぎるととびにくいですし短すぎると怪我の恐れがあるので危険です。自分の体にあった縄跳びでチャレンジしましょう。

 

どのくらい縄跳びを行えばいいの?


縄跳びをする時間は20分以上続けるのが理想です。なぜなら有酸素運動は20分経過後に脂肪が燃焼し始めるからです。ただしはじめの頃は1分間に60回を目安に体に負担がかかり過ぎないようにすることがポイントになります。

3分間続けてこれを1セットとして5分程度の休憩をいれて3セットくらい行うことが理想です。慣れてきたら1日に行う回数やセット数をあげていくと無理なくダイエットを続けられるとで成功しやすくなります。

 

ダイエットの効果をアップさせるポイント


縄跳びダイエットをする際に最初にウォーミングアップとして軽くジョギングなどをして体にを温かくしておくとより脂肪の燃焼効果が期待できます。また軽いストレッチ、腹筋、スクワット、脚上げなども筋肉群のスイッチがオンになり脂肪燃焼効果がアップします。縄跳びはウォーキングやジョギングと違い景色がずっと変わらないので音楽などを聴きながら気分よく飛び続けるのも継続させるコツです。

 

縄跳びダイエットのやり方


注意点は背中を丸めたり、後ろ体重になったりしないようにすること。ジョキングシューズなど軽くてクッション性のあるシューズを履くこと。こまめにインターバルをとること。あまり高く跳ばないことです。やり方はとても簡単です。脇を引き締め、縄を手首を使って回しましょう。手を動かして回すとフォームが崩れてしまいます。低くジャンプすることを意識してリズミカルに飛びましょう。

 

跳ぶことに慣れてきたらステップアップ


毎日縄跳びをすると当然足腰が鍛えられて心肺機能も向上しだんだん楽に感じてくるようになってくると思います。そこで跳び方を変えてみましょう。2、3歩ごとに足を変えて跳ぶ片足跳びをすると運動量がグンと上がり効果アップにつながります。後ろ跳びや二重跳びも小学生の頃になったなー。なんて思い出しながら楽しむのもいいと思います。

 

縄跳びが終わったらストレッチを忘れずに!


縄跳び終了後には特に疲労している脚のマッサージやストレッチを行うことてま筋肉の強張りが解消し美脚効果もアップします。体に疲労を溜めないようにするのもポイントです。疲れを残してしまうと足に脂肪がたまりやすくなりせっかく縄跳びダイエットをしたのに足に脂肪がつき太くなってしまいます。

 

縄跳びダイエットを効率よく行うために7つの方法をご紹介しました。きっと多くの人が小さい頃に縄跳びをやったことがあるのではないでしょうか?せっかく縄跳びダイエットを行うのならただ跳ぶだけでなく効率よくより効果の出る方法で縄跳びを行えるといいですよね。

縄跳びは場所をとらずに1畳ほどのスペースがあればどこでもできるので是非試してみてください。無理はせずに自分のペースで体に異常を感じたら病院に相談にいってください。縄跳びダイエットは継続することがとても大切です。毎日少しずつ空いた時間に行ってみてください。

 

まとめ

ダイエットは是非縄跳びで!効率良く脂肪燃焼する7つの方法

・縄跳びはサウナスーツで効率アップ
・ダイエットに適した縄跳びの選び方
・どのくらい縄跳びを行えばいいの?
・ダイエット効果をアップさせるポイント
・縄跳びダイエットのやり方
・跳ぶことに慣れてきたらステップアップ
・縄跳びが終わったらストレッチを忘れずに!