かけそばを食べたカロリーを効率良く燃焼できる7つの運動

かけそばを食べたカロリーを効率良く燃焼できる7つの運動

ダイエットで体重を落としたい人はなるべく食事の時からカロリーが低いものを選ぶようにしていることでしょう。そう言う人は一度は外食でかけそばを選んで食べた人もいることと思います。

確かにかけそばは一人前のカロリーは350kcalと少ないです。カレーライスは650カロリーでミートソースのナポリタンは750calなのでその二つなどから考えると約半分のカロリーしか摂取していないことになります。ですが、それでも体重が減らない人は明らかに運動不足の証拠です。

ではかけそば一人前のカロリーを消費するにはどのような運動をどれくらい行ったらいいのでしょうか。今回は効率良くかけそばのカロリーを燃焼できる運動をご紹介します。



 

かけそばを食べたカロリーを
効率良く燃焼できる7つの運動

 

縄跳びで効率良く運動をする


縄跳びはどこでも出来て効率良くかけそばで食べたカロリーを燃焼できる一番良い方法です。縄跳びは全身の脂肪を燃焼してくれる運動です。しかも有酸素運動なので一度の縄跳びをすると半日は脂肪を燃焼しやすい状態が続くのです。縄跳びは10分間で約100kcal消費してくれるのです。

運動の中では一番といっていいほど縄跳びはカロリーを消費します。10分間を一セットでできない人は最初は3分間を一セットで休み休み30分行うだけでかけそば一人前のカロリーを消費できるのです。

 

帰宅はウオーキングで交通機関を一区間利用して行う


ウオーキングは歩き方で全身を鍛えることができる有酸素運動です。手をなるべく大きく振るようにし、何時もよりも歩幅を大きくして歩くことで数分でも有酸素運動をすることができるのです。

ウオーキングは一時間行うことで約250cal消費します。1時間ちょっとウオーキングをすることでかけそばのカロリーを効率良く燃焼出来ます。帰宅は自分の降りる一つ前の駅や停留所で降りてウオーキングをするだけでもカロリーの燃焼には効果があるのでオススメです。

 

自転車、またはエアロバイクで移動をする


自転車やエアロバイクはゆっくりでも長い時間かけて行うだけでも有酸素運動の効果があり、カロリーを消費します。勢い良く自転車を漕いでも短時間しか走れないのであれば、意味がありません。

ゆっくりでも30分以上を一定の速度で走るだけでもかけそば一人前のカロリーは消費できるのです。今ではジムなどで体に大きな負担のこないエアロバイクもあるのでぜひ試して見てはいかがでしょうか。

 

脂肪燃焼効果のある入浴剤で浴室内で手や足をバタつかせる


最近では入浴しながら体を燃焼させる効果の入浴剤が市販で良く売られています。それを使用して、普通に入浴してもかけそばのカロリーの消費までは効果がありません。最初にぬるま湯で燃焼系の入浴剤を使用し、浴槽内で手や足をバタつかせての運動を一分間の休憩を挟みながら10分間行ってください。

それだけでも男性などはたっぷり汗をかくと思いますが、女性は其の後一度上がって少し休憩した後にもう一度ゆっくり入浴することで脂肪燃焼効果が上がり、かけそばのカロリー消費には効果があります。

 

ながらダイエットでカロリー消費する


かけそば一人前のカロリー350calのうち、普通の人でも普段の生活での動作だけで多い人では100calは消費していますが、ほとんどカロリーを消費していない生活ではそれ以下の人もいます。普段の生活の中からかけそばのカロリーを消費するにはながらダイエットがオススメです。

椅子に座る時は深く腰をかけずに浅く腰をかけ、片足ずつ上げる運動を常にしたり、家事をしながらつま先たちをするなど普段の生活での体を少し鍛えることを意識した動きをするだけでも生活での基礎代謝は上がるのです。その結果無理な運動ではなく、ながら運動だけでもかけそばのカロリー消費は可能になるのです。

 

水中での平泳ぎを行うか、ウオーキングでカロリーを消費する


水中での運動は全身の筋肉を使用し、カロリーを消費するのでオススメの運動です。平泳ぎを大体30分行うと100kcalは消費するので平泳ぎを一時間半行うとかけそばのカロリーは消費できるのです。

ですが、水泳が苦手な人は水中ウオーキングがいいでしょう。水中ウオーキングは手や足を大げさに動かしながら行うことで泳いだ時と同じようなカロリーが消費出来ます。また、水中は普通に歩くよりも腰や膝に負担がかからないので肥満傾向で普段の運動をしない人には体に負担がかからずに行うことができる運動なのでお薦めです。

 

姿勢の悪い人は常に姿勢を良くし、お腹をへこませる


姿勢の悪い人は顔が前のめりになり、背中が丸くなるために背筋が落ち、腹筋に力を入れない動きをしている為に腹筋が衰え、胃が下に下に行きます。ですので姿勢の悪い人は胃下垂が多く、食べ物の消化吸収力が衰えるので太りやすい体になるのです。

そういう人は常にどんな時でも姿勢を正しくするようにし、お腹に常に力を入れてへこませるようにして生活するだけでも運動するのと同じくらいのカロリーを消費出来るのです。それに呼吸法でお腹の力の入れ具合を調整しながら歩行するだけでもかけそばのカロリーを消費出来るだけの運動が出来るのです。

 

食事としてのカロリーは少ないかけそばでも消費するとしたらこれだけの運動が必要なのです。これ以上に暴飲暴食している人はそれ以上の運動をしなければ摂取したカロリーを消費する事は大変な事なのです。

今回は割と簡単に生活の中の隙間時間で行えるカロリーを効率良く燃焼できる運動をご紹介しました。ですが、運動と同じように体重を大幅に増やさない為には普段の食事が大切です。

カロリーが低いからと言って毎日かけそばでは栄養が偏ってしまいます。栄養のバランスを考え暴飲暴食をしない様にし、適度な運動をする事を心掛ける事が健康な体を維持する為には大切な事なのです。

自分の生活や年齢に適したカロリーを摂取する事が大事になるのです。今回かけそばのカロリーを消費する運動を元に食事と運動のバランスを見直してみてはいかがでしょうか。ぜひ今回を参考に試してみてください。

 

まとめ

かけそばを食べたカロリーを効率良く燃焼できる7つの運動

・縄跳びで効率よく運動をする
・帰宅はウオーキングで交通機関を一区間利用して行う
・自転車、またはエアロバイクで移動する
・脂肪燃焼効果のある入浴剤で浴室内で手や足をバタつかせる
・ながらダイエットでカロリー消費する
・水中での平泳ぎを行うかウオーキングでカロリーを消費する
・姿勢の悪い人は常に姿勢を良くし、お腹をへこませる