大人になっても身長が伸びる方法は7つの生活習慣からだ!

大人になっても身長が伸びる方法は7つの生活習慣からだ!

日本人の平均身長は成人の場合、男性:170cm、女性:158cmです。そこに届いていないあなた、大人になっても身長が伸びる方法は永遠のテーマですよね。きっとそんなあなたは身長を伸ばそうと四苦八苦してきたのではないでしょうか。牛乳を飲んだのに、、バスケをやってきたのに、バレーをやってきたのに・・。

背の高さは遺伝による身長への影響はおよそ25%~30%程と言われています。25%が有力だとした場合、身長の遺伝的要因は4分の1ですよね。

それなら4分の3は努力で伸ばせる可能性があるということになります。身長が伸びる方法として睡眠・栄養・運動・愛情など周りの生活環境が大きく影響してくるという報告もあります。大丈夫、大人になったあなたでも身長が伸びる方法はあるのです!今回は、大人になっても身長が伸びる方法を生活習慣の観点からみてお伝えしていきます。



 


大人になっても身長が伸びる方法は
7つの生活習慣からだ!

 


8時間睡眠を心がけよう


寝る子は育つ、というのは正解です。大人になっても身長が伸びる方法として大切なのは睡眠なのです。身長は睡眠中に伸びるのです。最も深いレベルのノンレム睡眠に達するのは眠りはじめの3時間だけ。これは徐波睡眠と呼ばれています。骨は眠っているときに伸びます。深い眠りのときによりたくさん分泌される成長ホルモンが、骨の成長を促すのです。徐波睡眠がしっかり現れる睡眠を心がけましょう。できれば毎日8時間、たっぷりと睡眠を取る様にして下さい。

 


猫背を直そう


もしかして、姿勢が悪くありませんか?身長が伸びる方法として手っ取り早いのがこれ。背中が曲がっていると、身長も低く見えてしまいます。ネットやスマホのやり過ぎで大人も子供も猫背が多くなったという報告もありますから、姿勢に気をつける様にして下さい。

姿勢をピンと伸ばすだけで、1~3センチは身長が高くみえます。毎日のストレッチやヨガなどで背骨を伸ばす運動も効果があります。人間は老化すると背骨が曲がっていきますから、老化予防もかねて毎日ストレッチを習慣にしましょう。

 


寝る2時間前は食べるのをやめよう


8時間睡眠の場合、どうしても夕飯を食べて数時間後に寝る事になるかもしれません。できれば寝る前の2時間前には食べるのをやめ、胃を空っぽの状態にしておく事が大切です。

胃に食べ物があると、身体が休息できない為熟睡できません。また成長ホルモンは空腹時に多く分泌されますから、就寝中はなるべくお腹が空っぽの状態がベストなのです。又,食事をすると血糖値が上がります。そうすると成長ホルモンの分泌が抑えられてしまうのです。

どうしても食べたい場合はおにぎりなどの炭水化物は避けて卵やチーズ、豆、牛乳など、糖分よりもタンパク質など血糖値が上がりにくい食品を摂るようにしましょう。

 


O脚を治そう


赤ちゃんに多いO脚ですが、大人でも意外に多いのです。身長が伸びる方法として整体などに通う方も多いのではないでしょうか。脚をまっすぐにすると見た目もすらっと見えますし、身長もアップします。

簡単なストレッチを欠かさないようにすれば、徐々に治って行きますからぜひ頑張ってみて下さい。足を組んだり、カバンや荷物を交互の手で持って同じ側でばかり持たないようにする、立つ時は常に両足に体重を乗せて立つなど普段の生活も少し見直してみて下さい。

・身長が伸びる方法’ボールストレッチ

1.膝にボールをはさんで立つ。
2.そのまま踵を高くあげて10秒キープ(できるだけ膝をくっつけて)
3.力をぬいて、ストンと踵を下ろす
これを1回10セット、1日3回ほど行うのが理想です。

 


朝日を浴びよう


身長を伸ばしたかったら、規則正しい健康的な生活が重要です。毎日決まった時間に朝日を浴びる様にして下さい。体内時計をリセットしてくれる光は3000ルクス以上。屋外、窓越しの光などの光にリセット効果があります。室内の電灯は2000ルクス以下ですからリセットされません。

毎日成長ホルモンが分泌されやすくするには朝日を浴びて体内時計を整える事が大切です。身長が伸びる方法は朝日!毎朝決まった時間に起きて、部屋のカーテンを開けるようにして下さい。

 


縄跳びをしよう


身長が伸びる方法には、体に縦方向に圧力がかかる運動がおすすめです。「骨端軟骨」に刺激を与えると身長が伸びやすくなるのです。それには縄とびが一番オススメ。しかし長時間の縄跳びは逆効果です。また高く跳び過ぎるのも膝や足首に負担がかかるので良くありません。目安は長くて1日30分。15分でも効果があります。体の力を抜き、両足をそろえて、垂直に跳んで下さい。

ジャンプの高さは、2~3cmが最適です。2重跳びなどは、脚全体、特にひざと足首に負担をかけるので、あまりしないようにしましょう。コンクリートやアスファルトでの縄跳びは脚を痛めるかもしれません。なるべく土やグランドなどの上で行いましょう。

 


サプリメントも利用しよう


身長が伸びる方法で有名なHGHというホルモンをご存知ですか?これは日本名で『ヒト成長ホルモン』と呼ばれています。人間の成長、その中でも特に身長を伸ばす効果があり、このホルモンのサプリメントは医療現場では 先天的低身長症の治療薬として用いられています。

身長が低いと悩んでいるなら病院で相談してみるのも方法の1つです。また、このヒト成長ホルモンを増やす方法は食事は空腹になってから摂ることだと言われています。常に満腹を感じていると起きている間にはHGHが分泌されないとの研究報告があるそうです。

 

いかがですか。身長が伸びる方法としてこの7つの生活習慣を続けていれば、あなたの身長は伸びるはずです。でも毎日身長が低いと考えすぎるのもNGです。身長が伸びる方法ばかりを気にしていてはストレスが溜まってしまうというもの。成長ホルモンを阻害する一番の原因はストレスですから、子供にかえってストレスフリーなライフスタイルが一番肝心かもしれません。

しかし身長が伸びる方法をお探しのあなた、ちょっと待ってください。身長の好みは時代とともに変わります。進撃の巨人で1番人気のリヴァイ兵長の身長は160cm。それで人類最強といわれ、巨人をバッサバッサと倒して行きます。その姿にギャップ萌えする女子が急増中。今は低身長の彼氏がトレンドだそうですよ。

 


まとめ


大人になっても身長が伸びる方法は7つの生活習慣からだ!

・8時間睡眠を心がけよう
・猫背を直そう
・寝る2時間前は食べるのをやめよう
・O脚を治そう
・朝日を浴びよう
・縄跳びをしよう
・サプリメントも利用しよう