低カロリーご飯で美味しくダイエットしちゃう7つのコツ

低カロリーご飯で美味しくダイエットしちゃう7つのコツ

低カロリーのメニューが最近流行っていますよね。コンビニでもお弁当には必ずカロリーが表示されています。カロリーを気にする人は、結構多いのではないでしょうか。

低カロリーだからとそればかり食べるのも考えものです。ダイエットに無理は禁物。よく10日で7キロ痩せました!という宣伝がありますが、実際にそんな事をしても、次の10日でかならずリバウンドしてしまうでしょう。

低カロリーのご飯は確かに便利ですが、上手に利用しないとダイエットを失敗する原因になります。ダイエットに大切なのは長期的に続けられること。そればかり食べていると、栄養不足や病気の原因になってしまうかも。今回は、ダイエットに失敗しない、低カロリーご飯で美味しくダイエットしちゃう7つのコツをお伝えします。



 


低カロリーご飯で美味しくダイエットしちゃう
7つのコツ

 


低カロリーご飯は量に気をつけよう


よくやる失敗が、「低カロリーだから、いつもの倍食べても大丈夫だよね」という量を増やして食べる方法です。一人分100カロリーの親子丼。二人分食べても200カロリーですが、カロリーは低くても塩分が多い場合がよくあります。塩分を取り過ぎると、人間はよけいな塩分を体外に排出しようとします。その結果水分を多く取り込もうとするため、血液量が増えて血圧が高くなってしまうのです。

高血圧症や腎臓疾患、不整脈や心疾患といった病気になる原因の1つが塩分の取り過ぎです。低カロリーだからと安心せず、食べ過ぎには注意して下さい。

 


代替え食品を賢く使おう


大好きなカレー。食べたいけど、ダイエット中だから我慢しなくちゃ、なんて思っていると、いつかストレスが溜まって爆発します。ダイエットを成功させるコツは“いかに我慢を感じないでいられるか”にかかっているのです。

カレーが食べたいなら、無理しないで食べましょう。ご飯を低カロリーのこんにゃく米に代替えすれば、カロリーは一気に半分程度に抑えられます。

カレーの具を、ジャガイモの代わりに大根を使えばもっとヘルシーに食べられます。食べ物の中でカロリーの高い物は炭水化物。これを低カロリーの食品に台替えしてみましょう。それだけで、カロリーはかなり低くなるはずです。

 


食べたい食べ物は午後3時に食べよう


人間の新陳代謝が一番ピークを迎えるのは午後3時。もちろん、この時間帯にぐっと我慢をすれば、マイナス3キロは目前かもしれませんが、人間、無理は禁物です。どうしても我慢が出来ない!という食べ物があるのなら、むしろこの午後三時の時間帯に食べる様にして下さい。この時間は消化も早いので、脂肪として蓄積される可能性は低いはずです。

低カロリーの食べ物を食べるのは夜がベスト。夜はもう就寝モードに身体が切り替わりますから、代謝が低くなります。なるべくカロリーの低い食事がベストです。

 


食べる前に水分を摂ろう


低カロリーの商品は、消化を長引かせようと腹持ちする商品が沢山あります。それはそれで嬉しいのですが、消化しにくい食べ物は腸に堆積して便秘の原因になるのです。

脂肪を落としても、お腹に老廃物が溜まってしまってはダイエットの意味がありません。低カロリーのご飯を食べる時は、水分を上手に摂りましょう。食事の前に1杯の水を飲んでおくと空腹感がまぎれます。なるべく冷たいお茶ではなく、人肌程度のぬるめのお茶がおすすめです。

 


脂肪を吸収するお茶を飲もう


お茶の研究の専門家である長崎大学医歯薬学総合研究科 田中隆教授によると、緑茶にあるものを混ぜると脂肪の吸収を抑える事が発見されました。

そのあるものとは、何とミントの葉っぱです。緑茶には色々な効能がありますが、緑茶にミントの葉をすりつぶして加えると、脂肪や糖分の吸収を抑えるという効果がある事が分かったそうです。

ミントに含まれる酵素は緑茶と混ぜるとてテアフラビンという物質を作り出します。このテアフラビンが脂肪や糖分の吸収を抑えるという効果があるのです。低カロリーのご飯とはいえ、さらにカロリーを減らしたかったら、ミント入りの緑茶を飲みましょう。このお茶はあの有名なトクホのお茶と同じ効果があるそうです。

 


低カロリーご飯の食べ過ぎに気をつけよう


糖質制限ダイエットが流行りましたが、あのダイエットは糖尿病などの患者さんには良いかもしれませんが、普通の人があまりにも糖質制限をすると返って危険だと言われています。

低カロリーのご飯ばかり食べていると、だんだん体力が落ちていきます。脂肪を燃焼させるのに必要な筋肉まで低下してしまうのです。ダイエットはきちんとした栄養を取らないと失敗します。美味しいから、低カロリーだからという理由でその食べ物ばかり食べていると、いつの間にか栄養不良で倒れてしまうかもしれません。

低カロリーのご飯は1日に1食程度。後は散歩や運動を行って筋肉を付けましょう。無理な食事制限は人から気力を奪います。無理せずゆっくりとダイエットを成功させましょう。

 


ゆっくり食べよう


ダイエットに失敗する人は、「ご飯を食べるのが早い」という共通点があるそうです。ある意味、行動には遺伝の要素も含まれますから、あなたの両親もご飯を食べるのが早いかもしれません。しかしその食べ方は、ダイエット中は厳禁です。

ご飯はゆっくりたべましょう。特に低カロリーのご飯はゆっくりと味わって食べましょう。その分満腹感が長く続きます。うちの息子はとても大食いですが、夕飯はいつも2時間コース。ご飯を2粒ずつくらい食べています。ガリガリです。

ゆっくり食べると低カロリーの食べ物も体内にとどまる時間が長くなるため、余計に腹持ちがよくなるはずです。

 

いかがですか。この7つのコツ。とても簡単ですから、ダイエット成功間違いなしです。あとは低カロリーのご飯の味に飽きない様に自分がアレンジして工夫することも大切です。コンニャクパスタに飽きたら、思い切ってラーメンに作り替えてみるなど、オリジナルのリメイク料理の腕も上げる様にして下さい。

ダイエットは運動も大切です。代謝を上げれば脂肪を燃焼する力もアップします。低カロリーのご飯を食べているから、と安心しないで、適度な運動も心がけて下さいね。ウォーキング、ラジオ体操等、あまり無理の無い有酸素運動を習慣にして下さい。

ダイエットとは長いおつきあい。リバウンドしない人はかなりレアな存在です。ゆっくり無理のない範囲で、低カロリーご飯を上手に利用して下さいね。

 


まとめ


低カロリーご飯で美味しくダイエットしちゃう7つのコツ

低カロリーご飯でダイエットする時は

・食べ過ぎない様にしよう
・台替えの食べ物を利用しよう
・午後三時に好きな物を食べよう
・水分も摂ろう
・ミント入りの緑茶を飲もう
・低カロリーご飯ばかり食べるのは止めよう
・ゆっくり食べよう

この7つのコツを参考にしましょう。