低カロリーだと思いがちな危険なおやつを7つ紹介

低カロリーだと思いがちな危険なおやつを7つ紹介

ダイエット中は控えるべきだと解っていても、つい食べたくなってしまうのが、おやつです。おやつを我慢することも大切ですが、我慢ばかりするのも、身体に良いとは言えません。ストレスを貯めない為にも、高カロリーではなく、なるべく低カロリーなおやつを上手に取り入れることが大切です。

では、低カロリーなおやつって、一体どんなものがあるのでしょう。カロリーをなんとなく見た目で判断すると、そこには思わぬ落とし穴があります。低カロリーだと思っていたおやつが、実は高カロリーだった!なんて経験、された方も多いと思います。

特にダイエットをされていない、成人の方が一日に摂るべきカロリーは一般的に1800~2200kcalと言われています。一日三食でこのカロリー内に収めないといけないわけですから、かなり気を使わないといけません。おやつの時間を毎日とっている方なんかは尚更注意が必要です。

おやつの量が、主食と比べて少ない場合であっても、高カロリーなおやつの摂取は、コレステロール値を高くする要因になり、様々な生活習慣病を招く危険性も出てきます。

今回は、低カロリーだと思いがちな危険なおやつをご紹介していきます。



 


低カロリーだと思いがちな
危険なおやつを7つ紹介

 


牛乳と一緒に食べるシリアルは意外にも高カロリー


ダイエット中にシリアルを食べてカロリー制限を、と思われている方も多いかと思います。しかし、このシリアル、牛乳と一緒に摂ることで、意外にも高カロリーになってしまうのをご存じですか。

健康的なイメージの牛乳も、カロリー自体は200mlあたり、92kcal(コップ約一杯分)ですので、これに、シリアルのカロリーがプラスされることにより、カロリーが必然的に増していまいます。

シリアルを牛乳と一緒に食べる時は、低脂肪乳を選ぶなどの工夫が必要です。

 


ナッツは高カロリーの王様


「自然のサプリメント」と呼ばれるほど様々な栄養素が豊富で、不飽和脂肪酸にはコレステロール値を低下させる働きもあると言われている、ナッツ。ダイエットに最適で、リバウンドしにくいと思われています。

しかし、アーモンド(598kcal/100g)、ピスタチオ(615kcal/100g)、カシューナッツ(576kcal/100g)、マカダミアナッツ(720kcal/100g)と実は高カロリーの王様なのです。

一回のおつまみで一袋分食べてしまう方は、それだけで一食分のカロリーを摂取してしまっているということを意識することが重要です。

 


炭水化物を多く含むほしいもは高カロリー


サツマイモで作ったお菓子、ほしいもは、昔ながらのおやつです。野菜だからと、低カロリー、ダイエットの強い味方だと思われている方は多いと思います。しかし、100gあたり、310kcalと意外にも高カロリーで、シュークリーム1個の方が、低カロリーなのです。

また、サツマイモは炭水化物を多く含んでいる為、ダイエット中の方には注意が必要です。

ただし、かたさや歯ごたえがあり満腹感を得やすいので、少し甘い物が欲しくなったときには、少量を何回かに分けて食べるのであれば、お菓子を食べるよりも、健康的でしょう。

 


するめはショートケーキよりも高カロリー


ダイエット時のおやつに最適と言われてきたするめ。空腹を紛らわす為に、口にする方も多いと思います。しかし、実は意外と高カロリーで、ショートケーキ(100gあたり344Kcal)とほぼ変わらないのが驚きです。
ただ、胃の中で水分を含み膨れ上がることで、満腹感を得やすいので、少量を飲み物と一緒にゆっくり噛んで食べるなどの工夫をすれば良いでしょう。

一見、ヘルシーに見えるからといって、間違っても、一気に沢山の量のするめを食べてしまわないよう、注意が必要です。

 


意外と高カロリーな蒟蒻畑はライトがお勧め


ダイエット中の女子に大人気の蒟蒻畑は、こんにゃくで作ったゼリーです。

名前からして、ダイエットに良いイメージがありますが、実は、意外と高カロリーなのです。蒟蒻畑1個あたりのカロリーは、なんと25Kcalです。100gあたりに換算すると100Kcalですから、高カロリーではないにしても、低カロリーでもありません。一袋なんて食べたら、満腹感はあるかもしれませんが、摂取カロリーはバカにできません。

最近は、蒟蒻畑にもカロリーをカットした蒟蒻畑ライトがあり、こちらはカロリーが1個あたり8Kcalと低カロリーです。ダイエット方は、ライトを買うことをお勧め致します。

 


野菜チップスのカロリーはポテトチップスと変わらない


野菜という二文字が入っているだけでなんとなくヘルシーなイメージがありますが、決して野菜の代わりとして食べて良いわけではないので、注意が必要です。野菜チップスのカロリーは、100g辺り550Kcalで、ポテトチップスのカロリーと、ほとんど変わらないのです。

野菜チップスが、いくら野菜から出来ているといっても、やはり油で加工した「おやつ」には変わりないということです。

ポテトチップスよりは、食物繊維は多く含まれていますが、逆に言えば、それだけということになります。

健康に気を遣って野菜チップスを食べるなら、油を使わないで電子レンジを利用して、ご自宅で作られることをお勧め致します。

 


ドライフルーツのカロリーはフルーツの8倍


ドライフルーツ、一見ヘルシーなおやつと思われ勝ちですが、実は、高カロリーで危険なおやつの一つです。

ドライフルーツは水分が抜けて密度が上がっているので、生のフルーツの、なんと8倍ものカロリーがあるのです。

ぶどうならカップ1杯60Kcalのものが、レーズンでは460Kcalになります。

また、ドライフルーツの多くは砂糖が使われているので、さらにカロリーは上昇します。体に良いとはいえ、おやつに食べるなら生のフルーツにしましょう。

 

如何でしたか。これらの食べ物は美味しくて、食べやすいという所も危険です。手が止まらずに、ぱくぱく食べてしまうので「気付いたら全部食べていた」なんてことも多いのです。

ダイエット中は、これまでの頑張った分を無かったことにしてしまうので注意が必要です。実際に、カロリーを意識するだけで細身になれる方法もある位ですので、カロリーを制するものが体重を制すといっても過言ではありません。

それでも、上に挙げたおやつが、どうしても食べたいという時は、何回かに分けて食べる等の工夫をすると良いでしょう。

 


まとめ


低カロリーだと思いがちな危険なおやつを7つ紹介

・牛乳と一緒に食べるシリアルは意外にも高カロリー
・ナッツは高カロリーの王様
・炭水化物を多く含むほしいもは高カロリー
・するめはショートケーキよりも高カロリー
・意外と高カロリーな蒟蒻畑はライトがお勧め
・野菜チップスのカロリーはポテトチップスと変わらない
・ドライフルーツのカロリーはフルーツの8倍