乱用禁止!下剤をダイエットに上手に取り入れる7つの方法

乱用禁止!下剤をダイエットに上手に取り入れる7つの方法

ある意味成功率100%のダイエット方法?といえるかもしれないのが下剤を使ったダイエットです。食べた食事を強制的に体外に排出させてしまいますから、身体に栄養素や脂肪が溜まらなくなります。

しかしこの方法はとっても危険です。摂食障害や、胃腸を荒らす原因になるので、安易に行わない方が良いでしょう。この下剤を使ってダイエットに成功してしまうと、その安易な方法に依存して下剤が欠かせない無限ループに陥ってしまうのです。

下剤を使いたいなら、まずその正しい使用方法を知る必要があります。

今回は、乱用禁止!下剤をダイエットに上手に取り入れるための7つの方法についてご説明しましょう。



 


乱用禁止!
下剤をダイエットに上手に取り入れる7つの方法

 


下剤ダイエットをする前は、お腹を空っぽにしよう


下剤の正しい使い方とは、腸の状態を正しく整えるために使うのが正しい方法です。腸がスムーズに正常に働くようになれば、お通じを溜めない身体になります。その結果太りにくくなるのです。

まず、下剤を飲む前には朝から何も食べずに塩類下剤を飲んでお腹の中を空っぽにしましょう。

仕事のない休日に行う事がベストです。「3Aマグネシア」「スルーラックデルジェンヌ」「ミルマグ」「スラーリア」と言った薬局でも買える商品がおすすめです。よくネットで海外で評判の下剤などを使用する人がいますが、国内で売られていない商品を安易に使用するのは危険です。

 


水を1リットル以上飲もう


下剤を飲んだ日は、食べない代わりに大目に水を飲みましょう。冷やしすぎた水を一気に飲むと体温が低下してしまいます。人肌程度のぬるめの水が良いでしょう。すこしずつ飲んで下さい。

どうしても水だけだと飲めないという方は麦茶やお茶でも構いません。

水は体内の老廃物を流すのに欠かせません。お腹が空っぽになっても、水分をとっていると空腹もまぎれやすくなります。こまめに水分をとり、トイレに行く回数を増やしましょう。

水分は固くなった便を柔らかくして体外へ排出しやすくしますから、便秘がちな人は日頃から水分を意識してとる様にした方が良いでしょう。

 


乳酸菌を取ろう


おなかを空っぽにして、水分を取ったら、乳酸菌を摂取しましょう。サプリメントでもよいですが、ヨーグルトを使ったファスティングジュースがおすすめです。

*ファスティングジュースのレシピ

バナナ(半分)
ヨーグルト(100グラム)
豆乳(100ミリリットル)
ハチミツ(スプーン大さじ1)

これをミキサーに掛けるだけです。お好みで野菜やフルーツ、オリゴ糖をミックスしても構いません。もの足りなければ2杯飲んでも大丈夫です。このジュースを作るのが面倒な場合は、断食ダイエット用のドリンクを代用しても良いでしょう。

 


外出は控えよう


下剤ダイエット中はなるべく外出は控えた方が無難です。お腹がゴロゴロ鳴ったり、おならが沢山出る場合もあります。

トイレに行きたくなる回数も増えますから、なるべく家でゆっくり過ごす様にして下さい。

 


食物繊維を沢山食べよう


下剤ダイエット中は、消化の良い食事と、食物繊維を沢山食べると効果が出ます。ヒ

ジキ、めかぶ、ワカメ、モズクなどの海藻類や、芋類、根野菜、きのこ類、穀物、ゴボウ、カボチャ、ニンジンなど食物繊維の多い野菜類を意識して食べましょう。

お米は玄米か五穀米が良いでしょう。ゆっくりよく噛んで食べて下さい。

 


運動も大切にしよう


腸を活発に動かすには、やはり運動も必要です。簡単なストレッチ、屈伸運動など、身体を引っ張る効果のある運動を習慣にしましょう。

寝る前、朝起きた時など、毎日決まった時間に運動する習慣をつけて置くと、お通じも出やすくなります。規則正しい生活習慣は、健康にもダイエットにも効果があります。

 


無理はしないようにしよう


下剤ダイエットをする場合、自分の体調に合わせて行う事が大切です。下剤を使ってお腹が空っぽになって、体内に栄養が少ない状態では、貧血や立ちくらみが起こりやすくなります。

下剤ダイエットは週末など、仕事や用事がない時に行って下さい。最初は少量から始めて、自分の体調に合わせる事が大事です。

早く痩せたいからと、規定よりも大目に下剤を摂取する人がいますが、そのやり方は胃腸を荒らす原因になります。

結果的に健康状態を悪くしますから、無理せず、体調を見ながらゆっくり行いましょう。

 

いかがですか。下剤ダイエットは正しい方法で行えば、身体に負担をかけずにダイエットする事が出来ます。短期間で一気に痩せられるかもしれませんが、その後安心してドカ食いし、リバウンドしてしまう人が多いのがこのダイエットの特徴です。

水分と食物繊維の多い食事、そして適度な運動を心がければ、下剤を使わなくてもスムーズにお通じが出るはずです。

まずは薬に頼らないで、自分の生活習慣や食生活を見直してみましょう。

極端なダイエットは健康を損ねますから、まずは自然なやりかたで便秘を直し、太りにくい体質を目指しましょう。この7つの方法を使って是非頑張って下さいね。

 


まとめ


乱用禁止!下剤をダイエットに上手に取り入れる7つの方法

・下剤ダイエットをする前は、お腹を空っぽにしよう
・水を1リットル以上飲もう
・乳酸菌を取ろう
・外出は控えよう
・食物繊維を沢山食べよう
・運動も大切にしよう
・無理はしないようにしよう