痩せるお茶を飲んでダイエットに取り入れる7つの方法

痩せるお茶を飲んでダイエットに取り入れる7つの方法

痩せるお茶をご存じですか。タレントの逸見えみりさんもお茶ダイエットで2週間で10キロも痩せることができたので、その効果はすさまじいものです。

痩せるお茶の魅力は、無理な食事制限をせず健康的、楽にダイエットできることです。お茶に含まれる様々な有効成分が体に作用し、脂質や糖分を抑制することで、太りにくい、むくみにくい体質にしてくれる効果があるのです。

しかし、ダイエット茶はそもそも薬ではありませんので「飲めばすぐに痩せる」というものではありません。ダイエット茶の効果を感じるために何より大切なのは毎日続けてかかさず飲むことです。その為には、目的に合ったダイエット茶を選ぶことにが重要です。そして、自分の口に合って美味しいと感じるものをチョイスすることが第一条件です。

また、痩せるお茶と言っても沢山の種類があり、それぞれに含まれている成分も異なれば、効能も異なります。ダイエット効果の低いお茶をいくら飲んでいても、減量効果は期待できないので、慎重に選ぶ必要があります。

今回は、代表的な痩せるお茶の数々について、それぞれのダイエット効果や方法などを解説していきたいと思います。



 


痩せるお茶を飲んで
ダイエットに取り入れる7つの方法

 


朝起きてすぐにお茶を飲んで痩せよう


痩せるお茶の効果的な飲み方をご存じですか。

基本的には、痩せるお茶を朝から晩まで水分補給の為に飲み続ける事が大切ですが、朝起きてすぐにコップ一杯のお茶を飲むことで、便秘予防、新陳代謝の活性化を促し、美肌効果が実感できるようになります。

また、朝起きぬけに痩せるお茶を飲むことで、睡眠中に滞り勝ちな血液中の脂肪やコレステロールを排出してサラサラの血液を作ることができるので、ダイエット効果と合わせて生活習慣病の予防や改善にも大きな効果が期待できます。

 


ウーロン茶を食事と一緒に飲もう


ウーロン茶の成分には、ポリフェノールが多く含まれているのが特徴です。ポリフェノールには、消化管からの脂肪の吸収を抑制する効果や、脂肪の分解を促進してくれる働きがあるのです。ウーロン茶を飲用する事で、脂肪の吸収が抑制されるので、ダイエットの効果に期待をする事が出来ます。

脂肪が体に付くのを抑制してくれるウーロン茶は、タイミングを考えて飲む方が、やはりダイエット効果を感じやすくなるでしょう。

脂肪は食事と共に体内に入ってくる為、体内の脂肪の吸収を抑制する為には、食事と一緒にウーロン茶を飲用する事が、一番のダイエット効果を引き出す飲み方になります。

 


夜寝る前にルイボスティーを飲もう


ルイボスティーは南アフリカのみしか成長する事が出来ない、マメ科の針葉樹の健康茶として、世界中で愛飲されています。

ルイボスティーの中には、体の活性酸素を取り除いてくれるという効果があり、これがダイエットに効果的となっています。

ルイボスティーはノンカフェインとなっている為、家族みんなで安心して飲用出来ることも特徴です。特に就寝前に飲むことで、臓器を温めダイエット効果をより高いものにすることが出来ます。

一日にコップ2杯~3杯程度のルイボスティーを飲むのが最も効果的とされています。

 


杜仲茶を濃いめに煮出して飲もう


ダイエットに効くと言われている杜仲茶ですが、杜仲茶には即効性はありません。効果が実感として現れ始めるのに、最低でも数ヶ月単位掛かるため、長期期間飲むようにしましょう。

杜仲茶の一般的な作り方は、1リットルの水に対して3グラムの茶葉を目安として入れて、沸騰させてから火を弱めた後に10分程度の煮出しを行います。杜仲茶のダイエット効果を期待する場合には、通常よりも少し濃い目に煮出しを行って飲む必要があります。

ダイエットの為に飲む杜仲茶の量としては、1日5杯程度が飲む目安となります。しかしながら、何事にも適量というものがある為、自分の体の調子を見ながら飲む量を調整する様にすることをオススメします。

 


ギムネマ茶は食後30分以内に飲もう


ダイエットに効くとされるギムネマ茶ですが、ダイエットの為に飲むのであれば、糖分が腸に到達する前にギムネマ茶を飲用しておく必要があります。

そのため、ギムネマ茶は食後30分以内に飲用するのが良いと言えるでしょう。ギムネマ茶は遅くとも食後30分ぐらいまでに飲む様にしましょう。

また、食事の前にギムネマ茶を飲用してしまうと、ダイエット効果がなくなる上に、ギムネマ酸の働きによっては甘みを感じる事が、出来なくなってしまい、せっかくの食事がおいしくないものになってしまいますので、注意しましょう。

 


シモン茶を飲んで痩せよう


シモン茶のダイエット方法は至ってシンプルで、シモン茶を飲用するだけのダイエット方法になります。

今までに飲料水として飲んでいたものを、シモン茶に変更してしまうだけという手軽なものですので、辛い食事制限と言ったものを、あえて行う必要もありません。

シモン茶を多く飲用する事によって、食べ過ぎの防止となり、シモン茶の成分に入っている健康促進の成分によって、健康的にダイエットを行う事が出来ます。

また、シモン茶の成分の中で、最も多く含まれている成分は、食物繊維となりますが、この食物繊維によって、毎日のお通じが改善されるので、お腹のぽっこり感がなくなる効果もあります。ダイエットをしている人にとっては、この点は非常に嬉しいですよね。

 


プーアル茶を一日500ml以上飲んで痩せよう


痩せるお茶の代表と言っても過言ではない、プーアル茶。ダイエットの為に飲用するのであれば、最低でも1日に500ml以上のプーアル茶を摂取する必要があります。

適量のプーアル茶を飲んでいた場合でも、下痢や便秘と言った症状が出る場合がありますが、この様な症状は、好転反応ですのであまり心配はいりません。

プーアル茶を飲む事を日常の中に組み込んでいくうちに、便秘が改善され美肌効果も実感できるようになるでしょう。

また、適度な運動と規則正しい食生活にプーアル茶を摂取する事で、自然とより健康的な身体に変化していき、ダイエット効果をより一層高める事が出来る様になります。

 

如何でしたか。ダイエット茶の魅力は、無理な食事制限や激しい運動をせず健康的にダイエットできる点です。
すぐに劇的な効果はないものの、毎日飲むことで徐々に効果が目に見えてくるでしょう。

ご自分の体質や味覚に合ったものを選んで、普段何気なく飲んでいるコーヒーやジュースをダイエット茶に変えていくのがベストな方法です。いくらダイエットに効果的だからと無理に飲むとストレスになってしまうので、少しずつ自分の好みに合ったものから飲んでいくことをオススメします。

 


まとめ


痩せるお茶を飲んでダイエットに取り入れる7つの方法

・朝起きてすぐにお茶を飲んで痩せよう
・ウーロン茶を食事と一緒に飲もう
・夜寝る前にルイボスティーを飲もう
・杜仲茶を濃いめに煮出して飲もう
・ギムネマ茶は食後30分以内に飲もう
・シモン茶を飲んで痩せよう
・プーアル茶を一日500ml以上飲んで痩せよう