痩せる食事を心がけている人が知らなかった3つのこと

痩せる食事を心がけている人が知らなかった3つのこと
確実に痩せるためには食生活を見直すのが一番効果的なのは言うまでもありません。健康のため痩せる食事を心がけているという方も多いですよね。完全に○○抜きダイエットとかプチ断食ダイエットなどに挑戦するのは少し抵抗があるからと何か一つの食材に絞って痩せる食事としている方もいますよね。また1日の食事の回数を減らしてカロリーカットするとか…。

しかしそれがなかなか結果に繋がらなかったり飽きてしまったり空腹に耐えかねて挫折してしまったりと結果的にダイエットに失敗してしまうケースも少なくないようです。そんな痩せる食事を心がけて努力している人が見落としていたた、あるいはちょっと勘違いしていた3つのことについてお伝えします。



 


痩せる食事を心がけている人が
知らなかった3つのこと

 


朝食抜きは絶対NG


結構多くの方が実践していることですが朝は忙しいこともあったり目やカラダが眠りから覚めきれないため朝食を抜くという方いらっしゃいますよね。もちろん理論的にダイエットのためのカロリー摂取を控える手段として一食抜くなら朝食とそれを『痩せる食事』として取り入れているようですが…。

意外と知られていない事実かもしれませんがこれは絶対NG。そもそも朝食は食べるべきです。これから一日の活動が始まるのですからそのエネルギー源は必要です。抜くなら夕食。なぜなら夕食のあとは寝るだけで体内の活動も休止するのですから夕飯に余分な栄養をとっても消化しきれず溜めこんでしまうだけからです。長期的にみてコンスタントに体重を減らせるのは朝食をしっかり摂って夕食は軽めにするか抜く方法です。

また食事を摂らずに運動をするのも逆効果です。ダイエットのために運動する人も多いですが空腹時に運動をすると脂肪ではなく筋肉からカロリーが消費されてしまうということはご存知ですか。実際には脂肪より筋肉の方が消費カロリー効率が高くダイエット中には筋肉は維持しつつ脂肪を燃焼させるほうが効果的というわけです。

 


サラダの相棒「ノンオイルドレシッング」に要注意


痩せる食事といって真っ先に思い浮かべるのはご飯やお肉は避けて野菜のみを摂取するベジタリアン生活ですよね。つまり多くの方が『ヘルシー食材』の代名詞と考えているのがサラダです。確かにお野菜なら低カロリー食品である上に食物繊維もタップリでダイエットには強い味方であるのは間違いないです。しかし、サラダを食べる際に皆さんはドレッシングを使用しますよね。

最近はスーパーなどでも様々な種類のドレッシングがあり選ぶのにもかなり迷ってしまいますよね。しかしここは痩せる食事を心掛けている訳ですから低カロリーなら迷わず『ノンオイルドレシッング』を選びますよね。しかしそこにも落とし穴があるってご存知でしたか。

食品の多くは何らかの形で油が使われています。そして油が旨味を感じさせてくれることがほとんどです。ですから逆に言うとノンオイルと銘打ったものは美味しさに欠けるという評判も少なくありません。しかしダイエットのためなら多少の我慢も致し方ないと考えてノンオイル製品をえらんでいた時代もありましたよね。

しかし最近のノンオイル製品はノンオイルなのに美味しいものも多いですよね。研究・開発が進んだからだろうなんて軽くスル―しないで一度立ち止まって考えてみると、確かにノンオイルをうたっているのですからもちろん含まれる油は少ないけれどその分「味」「美味しさ」を補うためには糖分・塩分・化学調味料を使用しなければならないのです。

それが何を意味するのかは言うまでもありません。ノンオイルドレッシングなんだから沢山使ったって大丈夫!なんてサラダボウルの中が池になってしまう位かけていた方は今頃ヒヤッとしてしまっているかもしれませんね。

まずそもそもサラダのみの食事では栄養の偏りもありますし短期的食事制限ダイエット法としての痩せる食事は別として長期間継続的に野菜だけでは健康面で心配もありますから基本的には食事はバランス良く摂った方が良いですのでむしろドレッシングは通常のもので他の食事で油を抑えるという形がベストです。

因みに『MSG』と略されるグルタミン酸ナトリウムはドレッシング・ハム・缶詰・コンビニのお弁当・中華料理などに多く使われるアミノ酸系の化学調味料でこれが多量に入った食品を食べると満腹ホルモンの『レプチン』が出にくくなるということで食欲が普段の40%も増加するという説もあるのです。

痩せる食事のはずが結果的に無駄に食欲を高めてしまい逆効果になるなんて皮肉な話ですよね。

 


「乳製品」も要注意


牛乳やヨーグルトなど乳製品は美容と健康にはとても良い食品として多くの方に認識されていると思います。むしろそれさえ摂っていればOK!と考えて『痩せる食事』のためと信じて疑わず積極的に摂取している方は多いですよね。確かに食べた翌日などはお通じもよく高い整腸作用は信頼出来るイメージはありますから一般的な印象もそう捉えられてもしかたのないことです。しかしそれって本当にそうなのか改めて調べた方は少ないと思います。

実はこれらの乳製品は胃腸の吸収を妨げるという事実があるというのはあまり多くの方に知られてはいないことだと思います。特にそもそも私達『日本人』にとってはあまり乳製品は相性が良い人ばかりでなく『乳糖不耐症』というタイプが多いということで確かに「牛乳を飲むとお腹がゴロゴロして好き嫌い以前にカラダに合わない」なんて体質的に乳製品をたくさん食べたり飲んだりするのに向いていない人が存在するのも事実ですよね。

また乳製品に関しては悪くなることを恐れて常温にしておくことは少なく食べる時に冷蔵庫から直接冷えた物を取り出してすぐ口にするのがほとんどですよね。それが胃腸の働きを妨げる要因の一つになるとも考えられるのです。実は胃腸は37度前後で活発に動くというメカニズムがあるので冷たい食品を摂取すると働きは鈍くなってしまうのです。

常識として多くの方が知っているとは思いますがダイエットにとって冷えた食品を口にするのは禁物です。また特に女性にとっても冷えは大敵。『痩せる食事』を心掛けているのであれば、あくまでも乳製品は『嗜好品』として考えメイン食材として考えるのは望ましいことではないというのは初耳という方も少なくないですよね。そのような理由もあって一時期ホットヨーグルトダイエットが流行ったのかも知れませんね。

 

いかがですか。以上が日頃『痩せる食事』を実践している人達でさえ知らないアレコレです。間違った常識や更に効果的にするコツ、意外な効果など様々な事実があるものですね。痩せるためには食事と運動、それは常識中の常識でありむしろ日頃そのバランスさえきちんととれていればダイエットなど必要ないと言い切ることができるのですが、なかなかそうもいかないのが現実なのですよね。

痩せる食事と一言にいっても無理をしてしまえば健康を害したりリバウンドに悩まされたりするものです。ですから痩せるための食事という考え方よりも「無駄なもの」をカットするとか常に規則正しい食生活をすることを心掛けるというほうに意識を向けていきましょう。

 


まとめ


痩せる食事を心がけている人が知らなかった3つのこと

・朝食抜きは絶対NG
・サラダの相棒「ノンオイルドレシッング」に要注意
・「乳製品」も要注意